« TOKYO GAME SHOW 2008(4) | メイン | 『崩壊』の次は『誕生』 »

2008年10月13日

GMT 2008にしょこたん登場

 TOKYO GAME SHOW 2008期間中の11日土曜日、GMT 2008が催されました(主催:日経エンタテインメント!、協力:マイスペース株式会社、協賛:Xbox 360)。昼間の大混雑とは裏腹に、誰もいなくなったHall 8の一番奥に特設ステージが設けられていました。
 
 GはGAME、MはMusic、TはTOKYO GAME SHOW 2008、でGMTと、日経エンタテインメント!の何とかさん(お名前を失念)が説明してくれました。東京ゲームショウでこのステージが催されるのは今回が初めてとのこと、出演アーティストの共通点はただ一点GAME大好きとのこと、結構面白く楽しかったです。
 
 東京ゲームショウが(17時に)終った後、18時30分から始まって、1時間ぐらいのステージかと思っていたところ、終ったのが21時50分です。ローソンチケットからのメルマガに「東京ゲームショウ2008 & 中川翔子も出演」とあるのを見て"取るものもとりあえず”予約してしまったので、開催概要や出演者情報をよく見ていませんでした。オール立見での3時間半は、50過ぎの中年おじさんには辛かったですが、上でも述べたようにいろんな音楽がごっちゃに楽しめて、とても面白かったです。

 
 出演者は(出演順に)、
 
  ・aural vampire(オーラルヴァンパイア) ・・・ MySpace「GMTフロントアクトオーディション」で300人以上の応募者の中から優勝、この日演奏した曲が近々(月日失念MySpace.comで配信開始とのこと。
 
  ・GhM(Grass Hopper Manufacture) ・・・ GAME制作には欠かせない音楽の制作を担当しているミュージシャンのチーム。
 
  ・TENORI-ON ・・・ 先日のCEATEC JAPAN 2008で初めて見て驚いたTENORI-ONです。開発に携わったヤマハの担当者の方が自ら、演奏しながら説明してくださいました。会場の皆さんがビックリする様子を見るのが楽しかった。商品名の由来、TENORIはご想像通り「手乗り」ですが、ONは「」、音楽の音(おん)だそうです。
 
  ・YMCK ・・・ 女性ヴォーカルを含む音楽ユニットですが、画面に表示されたレガシーなゲーム・キャラクターとともに、どこか懐かしいサウンドを奏でる、ユニークなバンドでした(Webサイトのトップページを見てわかる通り、低解像度のギザギザ・キャラクター)。
 
  ・MEISAI(迷彩) ・・・ スゴいダンスチームです。詳しくないので、こんな表現しかできませんが、実物はもっと凄いです(光と色彩、画面に映し出される映像と、なんとかビートのサウンドとともに)。
 
  ・エイジアエンジニア ・・・ 次に登場したのがSMAPのような(ジャニーズ系?の)5人(?)4人組。北京オリンピックの歌などを歌っていたそうです。「エイジアエンジニア」という名前だということは、今日、GMT 2008のWebサイトを見て知りました。
   メンバーの一人が大のゲーム好きということで、立派にこのステージの出演者に名を連ねられましたが、このグループのステージが終ると、エイジアエンジニアのファンと思われる人たちが帰ってしまったのが残念でした。ほとんどの人は最後まで見ていましたが。
 
 
 ここ迄で既に午後9時ごろ、しょこたんはまだかなぁ。
 
 
  ・スチャダラパー ・・・ ラップのグループです。このグループの名前も、今日GMT 2008のサイトを見て知りました。この日のステージは、お客さん全員立見だったので、長時間の合間の体操のように、観客も参加して、なんとか(これも失念しました)と叫ぶように誘導して盛り上げてくれました。
 
 ・中川翔子しょこたん) ・・・ 21時半頃(?)、やっとしょこたんがステージに登場しました。6月の貪欲まつり最終日以来2度目ですが、前回は最後尾で豆粒だったのが、この日は"げんこつ”(にぎりこぶし)位の大きさで、よかったです。
   Shiny GATEに続き、10月22日にリリースされる新曲を2曲続けて歌われたのですが、緊張している表情がわかりました。こういう一所懸命で芸能人らしくないところが、「お父さん心」をくすぐるのかもしれません。6月のコンサートの時は女性、同年代および下(女子高生)のファンが圧倒的大多数と思っていましたが、この日見ると20代後半から30代らしき、しかも男一人で来られたファンが多いことに気付きました。ゲームショウであることの他に、ファン層が時とともに変化しているような気がします。
   その後、スカシカシパンマンとエイ子が登場し、さらに「続く世界」やアンコール曲を歌う頃には、マイペースを取り戻した様子で、見ているこちらもホッとしました。
 
 
 ゲームと音楽という狭いカテゴリーだけでつながったステージ、来年以降も続く予感がしました。日経エンタテインメント!に連載されているという「しょこたんのまんヲタ日記」、読んでみたくなりました。
 
    ライアーゲームを考えた作者の頭のなかって…?(日経トレンディネット)
 
 
 
 ITmedia +D GamesにGMT 2008の関連記事が掲載されていました(2008年10月14日 追記
 
  ・東京ゲームショウ2008:しょこたんは「グレンラガン」の主題歌も披露!! GMTライブリポート(ITmedia +D Games)

 
 
--- 関連情報 ---
(1) しょこたん 貪欲☆まつり 2008年06月09日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) しょこたん「貪欲☆まつり」のDVDで過ごす休日 2008年09月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) CEATEC JAPAN 2008(7) - pdc・サウンドサイネージとYAMAHA・"TENORI-ON" 2008年10月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) TOKYO GAME SHOW 2008(4) 2008年10月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年10月13日 15:01 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1135

コメント

コメントしてください




保存しますか?