« CEATEC JAPAN 2008(1) | メイン | CEATEC JAPAN 2008(3) - テレビで見るYahoo!動画 »

2008年10月01日

CEATEC JAPAN 2008(2)

 CEATEC JAPAN 2008 1日目(9月30日(火))のご報告の続き、私が興味を持ったものをご紹介しています(番号は前エントリーからの続き)。
 
 
6.高効率LEDライト
 
  ・東芝 高効率LEDダウンライト E-CORE 100Wクラス・60Wクラス ・・・ LEDを照明(電灯)として使用することにより、エネルギーの大幅削減につながるという話は従来からテレビのニュースなどでみていました。それを具現化した製品です。ちなみに同社の展示ブースの照明は、このE-COREを使用していました。
 
 
7.車へのロボット技術の応用
 
 通信・エレクトロニクス関連企業の出展がほとんどのこのCEATECにあって、日産自動車の参加は異色でした。ロボット技術に関する次の2つの展示を行っていました。
 
  ・Biomimetic Robot Car ・・・ 昆虫の動きを応用したロボットだそうです。下記のビデオをどうぞ。
 

 
 
  ・Robotic Agent ・・・ 自動車の運転をアシストするかわいいエージェントです。下記のビデオをどうぞ。
 

 
8.インテリジェントキー搭載ケータイ
 
 日産自動車、SHARP、NTTドコモによる共同開発だそうです。携帯電話に車のキー機能を搭載して、キーの携行忘れの際でも車を開けられることをアピールしていました。その他にもメリットがあるようです。
 
 
9.地上デジタル放送 受信相談コーナー
 
 マスプロ電工の展示ブースで、地デジ受信相談を行っていました。NHK/JEITAの共同展示ブースでも相談できそうな雰囲気でした。
 
 
10.NiCT(独立行政法人 情報通信研究機構)
 
 情報通信研究機構の研究成果が展示されていました。10年ほど前、データ放送に関する研究開発に携わった経験があるため、情報通信研究機構(当時の名称は情報通信機構)の展示には、毎回つい目が行ってしまいます。
 今回は61件ものICTに関する最新研究成果が展示されていました。特に印象に残ったのは次の3つです(もっと一所懸命に見れば、たくさんあるはずですが、今回はこれで悪しからず)。
 
  ・展示番号 9. 超臨場感音響システム ・・・ 立方体の表面にたくさんの小さなスピーカを取り付けて、オーケストラの演奏が流れていました。どこから聞いても、その場に居る様な感覚でした。
 
  ・展示番号 33. 超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS) ・・・ 未だインターネットが届いていない、例えば太平洋上の島々。地球規模のデジタルデバイドの解消に役立たせることを考えているようです。衛星から、ビーム上にその地域めがけて電波を当てる、という感じです。
 
  ・展示番号 47・ 高齢者向けe-メールシステム e-ポスト ・・・ はがきで電子メールが送れる、というちょっと変わったシステムです。利用者はメール操作(パソコン、ケータイなどの電子機器の操作)はまったく行いません。はがきに相手の住所・名前を書いて、専用のポスト(自宅に設置。340×244×290mmと小柄)に投函するだけです(受け取り側にも同じポストの設置が必要)。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) CEATEC JAPAN 2008(1) 2008年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年10月01日 01:49 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1117

コメント

コメントしてください




保存しますか?