« 引退する王監督に野村監督から花束-今季パ・リーグ最終戦 | メイン | こんにゃく畑についての村山らむねさんのエントリー »

2008年10月08日

南部、小林、益川3氏がノーベル物理学賞受賞

 既に大きなニュースとなって日本中を明るくしていますが、今年のノーベル賞の物理学賞部門を、日本の科学者3氏が独占することになったとのことです。
 
  南部陽一郎氏 ・・・ シカゴ大学名誉教授、アメリカ合衆国籍
  小林誠氏 ・・・ 高エネルギー加速器研究機構(高エネ研) 名誉教授
  益川敏英氏 ・・・ 京都産業大学理学部教授

 
 受賞理由は、南部氏が素粒子の「自発的対象性の破れの発見」、小林、益川両氏は「CP対象性の破れの起源発見」ということです。南部氏の発見を、「小林・益川理論」がさらに推し進めた形です。
 
 
 今回の3氏の受賞で、日本人のノーベル賞受賞者は15人になったそうです。そのうち7人が物理学賞、そのいずれもが素粒子物理学・宇宙物理学の研究に携わった方々です(江崎玲於奈博士の受賞理由は半導体におけるトンネル効果の実験的発見で、他の科学者の方々と若干違うようには思います)。あらためて日本の理論物理学、素粒子物理学の強さを感じます。

  
 素粒子とは、物質の最小単位です(と現在考えられています)。大昔は物質の最小単位は酸素や水素、ヘリウムといった元素と考えられていたのでしょう。その後の科学の進歩により元素は原子から構成されていると考えるのが常識となり、さらに原子は原子核と電子から成り立っていることが発見されました。
 
 原子核の中に陽子と中性子が存在するという理論が大方の賛同を得た頃から、素粒子物理学の発展が始まったのだと思います。私が高校で物理を習った頃(1970年代前半)知っていたのは、ここ(陽子や中性子)まででした。今回のニュースで初めて聞いた「クォーク」は、当時すでに提唱されていたようですが、知りませんでした。私事ですが、高校から大学進学の時、理学部(物理学科)か工学部(電子工学)かで迷いました。数学に加えて、肝心な物理が苦手とあっては断念せざるを得ませんでした(苦手ではあっても物理は大好きでした。今でも)。
 
 素粒子についてよくわかる説明が、下記のページ(小林氏の勤務する高エネ研のWebサイト)にありました。参考までに。
 
  ・キッズサイエンティスト(大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構)

投稿者 もりた : 2008年10月08日 16:37 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1129

コメント

コメントしてください




保存しますか?