« ツクモパソコン店で知られる九十九電機、民事再生法申請のニュース | メイン | 日テレ・田村氏の講演について補足 »

2008年10月31日

2011年デジタル化へ、テレビ局が今考えていることをお聞きしました

 ニュースリリース ポータルサイト News2u.netを運営する株式会社ニューズ・ツー・ユー神原弥奈子社長が企画・モデレーターを務めるアカデミーヒルズ オンラインビジネスセミナーに参加しました。
 
  ・完全デジタル化がもたらすメディア変革~これからのテレビメディアはこう変わる:日本テレビの取り組み ~(Roppongi BIZ|アカデミーヒルズ)
 

 ゲストスピーカーは、日本テレビ放送網株式会社第2日テレなどを担当されている同社 編成局デジタルコンテンツセンター長の田村和人氏でした。
 
 当日配布された資料の表紙には、「完全デジタル化がもたらすメディア変革」というタイトルの下に、「2011年7月24日 アナログテレビ放送 停波」と黒バックに白という目立つ文字が書かれています。これがこの日のテーマを端的に言い表すとともに、現在テレビ各局が直面している最大のテーマであることを認識させられました。

 
 田村氏のお話は、日本のテレビ放送の歴史、技術など基本的な事柄の説明から始まりました。インターネットやケータイ、ワンセグ、ゲーム機、CATV、PC、IPテレビなど昨今の新しいメディア・デバイスへの対応へと話は広がりました。さらにコンテンツ、動画共有サイト、著作権の問題、果ては広告、マーケティングにまで、短時間にも関わらず広範囲に及びました。

 
 その中で田村氏の口から再三発せられた言葉が、「2台目、3台目」というキーワードです。それは主に次の2つの意味から用いられました。
 
 ここに1つの調査結果があります。今年9月に実施された総務省による「デジタルテレビ放送に関する移行状況緊急調査」という調査結果だそうです(田村氏の資料から引用)。
 

 Q.地上アナログテレビ放送が終了する時期(年を記入する方式で回答)
     1) 2011年(平成23年)      75.3%
     2) 2011年(平成23年)以外   11.8%
     3) わからない           12.9%
 
 Q.地上デジタルテレビ放送受信機の保有状況
     1) 保有している世帯       46.9%
      (内訳)地上デジタルテレビ放送を見ることができる世帯   37.7%
          地上デジタルテレビ放送を見ることができない世帯  9.2%
     2) 保有していない世帯      50.6%
     3) わからない             2.5%

 
 アナログテレビ放送の停波そのもは時期まで含め75%以上の人に認知されています。にも関わらず、受信機を実際に保有している世帯は50%未満に留まっています。半分の世帯が残り約990日の間に、地デジ対応受信機を保有する計算になります。
 
 ここで田村氏が注意を喚起したのが、これは世帯ごとの保有状況であるという点です。現在保有していると回答している約47%の世帯にしても、家庭内にある複数台のうち、リビングにあるテレビだけがデジタルにスタンバイOKというお宅が少なくないのではないか、という指摘です。
 
 家族一人ずつ各部屋に所有している2台目、3台目のデジタル化は手付かず、後回しという世帯が多いのではないかということです。2011年7月24日の地デジ完全移行に向けて、田村氏の所属する日本テレビをはじめ、テレビ各局が現在最も恐れていることだそうです。5,000円程度の地デジ対応簡易チューナーが、2011年までに何としてでも出てきてくれなければというのが、テレビ各局の一致した思いのようです。
 
 
 「2台目、3台目」というキーワードで田村氏が指摘した2つ目は、広告媒体としてのテレビCMの効果指標である視聴率の問題です。現在の視聴率は、“世帯視聴率”といって、世帯内にある複数台のうち1台でも点いていればカウントするのだそうです。家族揃って茶の間にある1台のテレビを囲んでという昭和30年代の光景は影をひそめ、各々が自室でテレビを視る時間がほとんどというのが大多数であり、視聴の実態を正しく反映していないのではないかというのです。
 
 昨今はケータイ、iPod、iPhone、Wiiなどのゲーム機、IPテレビなど、従来のテレビとは異ったデバイスの普及によって、テレビ放送の視聴形態も多様化しています。テレビCMの効果に対しては、広告主から従来にも増して厳しい目が注がれる今こそ、視聴率の定義も変更を検討してよい時期が来ているのではないかという指摘です。
 
 
 YouTube、ニコニコ動画など動画共有サイトの対応、著作権、その他たくさんのことについて、テレビ局として、また一個人として考えていることをお話されました。また神原社長とのトーク、会場からのQ&Aでもたくさんのことについて議論がありましたが、割愛させていただきます。
 
 なお、講演の中で田村氏が紹介された自社のサイト、番組、コンテンツ等へのリンクを以下に列挙させていただきます。
 
  ・第2日本テレビ ・・・ 日テレの動画ポータルサイト
 
  ・深夜の音楽会 ・・・ 読響(読売交響楽団)のノーカット演奏動画集
 
  ・オー!マイ・ガール!!スピンオフ ・・・ 地上波で放送中の番組「オー!マイ・ガール!!」(毎週火曜日夜10時)の“スピンオフ”。“スピンオフ”とは、本来の番組とは別にインターネット向けに収録した番組のことで、欧米で流行っている(Webisodeという。Web + EpisodeでWebisode)そうです。「オー!マイ・ガール!!スピンオフ」の場合は、役者さんのテンションも含め、地上波向けの番組同様のクォリティで制作しているそうです。
 
  ・ダブル ~この恋には裏がある~(ドコモ動画Presents) ・・・ 日テレ初ケータイ連ドラ!だそうです。ドコモ動画との連携だそうです。
 
  ・伊東家の裏ワザ・ベストセレクション!(Yahoo!動画) ・・・ 日テレさんは自社運営サイトだけでなく、Yahoo!動画にもコンテンツを提供していて、「伊東家の裏ワザ・ベストセレクション!」がYahoo!動画の中で(ジャンル別視聴数?)4位にランクされたそうです。
 
  ・G流 - GIANTS STREAM ・・・  過去一週間のジャイアンツ戦の全試合(主催ゲームのみ)をオンデマンドで視聴できるサイトだそうです。ファンでも知らない人が多いのではないかと思います。私はアンチ読売(あえて巨人という特別扱いの呼称は致しません)ですが、対戦相手によっては利用してみたいと思います。なお、このサイトは第2日テレと同じ基盤で運用されているとのことです。
 
  ・トウコーン!日テレの動画投稿サイト ・・・ 会場からのQ&Aの最後に神原さんから、動画共有サイトのCGM的機能への取組みについて聞かれ、田村さんが「我々も投稿システムを持っている」と紹介されたのがこのサイトです。田村氏によれば「元々投稿というシステムが、新聞とかテレビといったマスコミには有る(備わっている)」ということです。
 
 
 いつもこのブログでは、新聞やテレビに対して批判的な論調のエントリーを投稿することが多く、正直今回のエントリーをどのように書いてよいか困りました(自ら墓穴を掘り、恥じ入るばかりです)。しかし、ITやビジネスのお話とテレビの報道とは別の話です。今回の講演で、技術の進展に伴うメディアの変遷の中でテレビの概念が変わってきたというお話をされました。その中で日テレの田村氏が「基幹メディアとしての責任、公共性」といったことについて触れた時に、田村氏の個人的な思い、テレビマンとしての仕事への誇りといったものを感じたのは私一人ではなかったと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) IPTV(IPテレビ)は、地デジ移行の裏返し(1) 2008年07月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) IPTV(IPテレビ)は、地デジ移行の裏返し(2) 2008年07月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) IPTV(IPテレビ)は、地デジ移行の裏返し(3) 2008年07月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) CEATEC JAPAN 2008(1) 2008年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) CEATEC JAPAN 2008(3) - テレビで見るYahoo!動画 2008年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 地デジ普及率、未だ5割に届かず 2008年10月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年10月31日 22:46 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1162

このリストは、次のエントリーを参照しています: 2011年デジタル化へ、テレビ局が今考えていることをお聞きしました:

» デジタル化がもたらすメディア変革〜2008年10月のオンラインビジネスセミナー from ネットPRのニューズ・ツー・ユー社長のブログ : minako's blog
今月のオンラインビジネスセミナーは、日本テレビ編成局デジタルコンテンツセンター長... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年11月01日 23:41

コメント

コメントしてください




保存しますか?