« 何故、解散・総選挙を自民総裁選の前に行わないのか | メイン | バドミントン、リー・チョンウェイ選手とブルース・リー »

2008年09月21日

YONEX OPEN JAPAN 2008 - 決勝

 三日続けてYONEX OPEN JAPAN 2008を観戦するため、東京・千駄ヶ谷にある東京体育館に行ってきました。今日はすべての種目の決勝戦、5試合が行われました。日本勢は昨日の準決勝で姿を消してしまいましたが、27回を迎えるこの大会(YONEX OPEN)、今日もたくさんの人が観戦に見えていました。
 
 さすが決勝戦だけあって、5試合のうち4試合がフルゲーム(3ゲーム)のもつれた試合になりました。結果は下記のページで確認できます(英語表示)。
 
 ・Welcome to www.tournamentsoftware.com!
 
 
 世界ランク1位と5位の顔合わせで、個人的に最も注目していたのが、男子シングルスのリー・チョンウェイ選手(マレーシア、世界ランク1位)とソニ・ドゥイ・クンコロ選手(インドネシア、世界ランク5位)の試合です。昨年のこの大会、準決勝での林丹選手(中国) 対 リー・チョンウェイ選手の試合はテレビ観戦でしたので、文字通り世界トップレベルの試合を目の前で見るのは、今日が初めてでした。

 
 スコアを見ればクンコロ選手の完勝ですが、期待に違わぬゲーム内容でした。特に第1ゲームの“つばぜりあい”は、二度と現場では見られないものでした。第1ゲーム前半は、ぬきつぬかれつの大接戦でした。中盤以降はリー選手が一歩リードしこのままゲームをものにするかと思いましたが、猛烈な追い上げでクンコロ選手が第1ゲームをとりました。その流れのまま第2ゲームもクンコロ選手が制し、この大会、初優勝を飾りました。
 
 インドネシア 対 マレーシアというバドミントンを国技とする国通しの戦いは、選手間のみならずスタンドからの応援合戦にも熱が入っていました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「ヨネックス・オープン」見てきました 2007年09月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) YONEX OPEN JAPAN 2008 - 準々決勝 2008年09月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) YONEX OPEN JAPAN 2008 - 田児賢一選手4強入り 2008年09月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) YONEX OPEN JAPAN 2008 - 準決勝 2008年09月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年09月21日 23:45 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1107

コメント

コメントしてください




保存しますか?