« 薬師丸ひろ子さんとJ-POP | メイン | しょこたん「続く世界」で怒涛のTV番組出演ラッシュ! »

2008年09月11日

NHK9時のニュースに立腹

 先週月曜日の福田康夫・内閣総理大臣の突然の辞任会見から始まった、テレビによる自民党後継総裁選“報道”(報道と呼べるのかどうかも?)には、あまりの異常さにあきれて開いた口がふさがらないのは私だけではないでしょう。
 
 昨夜(9月10日)もNHK総合の夜9時のニュース(ニュースウオッチ9)を見ていました。私は普段から、誰かに対して怒るということが滅多に無い(今目の前にいる相手にも、あるいは心の中だけでも)のですが、昨夜の放送は、あまりに節操の無さ過ぎる“報道”姿勢に、あきれるのを通り越して腹が立ってきました。
 
 ニュースの冒頭から10分間くらい、後継総裁選挙のニュースでした。腹が立ったのは、次の2点です。1つは、街中で一般の人へのインタビューで、「(自民党総裁選に立候補した)5人の中で、あなたは誰が次期総裁としてよいと思いますか?」と聞いていたことです。「それは違うでしょう?」と心の中で叫んでしまいました。
 
 「あなたは自民党支持者ですか?」、「あなたの支持政党はどこですか?」と聞くのが最初でしょう。自民党支持者だったら、初めて上記の質問をしてもよいかもしれません。仮に自民党支持者だったとしても、自民党員でなければ総裁選挙に投票は出来ないわけですから。

 
 腹が立った2つ目は、立候補した5人の経歴を事細かに説明していたことです。特に、生い立ちから(例:麻生氏は吉田茂・元首相の孫で・・・、石原伸晃氏は、民間テレビ局に10年勤務し・・・)説明する必要があるのでしょうか?「次の内閣総理大臣になる人だから、生い立ちも含めて人物像を広く国民に伝えることもテレビの“報道”の仕事と考える」という反論が聞こえてきそうです。
 
 本当にそうでしょうか?今まで自民党総裁が変わる(=内閣総理大臣が変わる)度に、同じ様な“報道”が何十年間繰り返されてきたので、有権者でもあるテレビの視聴者(国民)の中には、これ(この“報道”姿勢)に何の疑問も持たなくなってしまっている人も多いのではないかと思います。私の両親なども、そのような人のように見えます。
 
 私は今回のような一政党内の出来事を、極端に詳しく“報道”することは、選挙違反だと思います(法律にはまったく疎いので、厳密には法律違反かどうかはわかりません)。衆・参議院議員選挙等の国政選挙になると、テレビは政見放送以外の時に、個々の候補者の顔や名前が映像に出ないように注意しています。各政党の政策などを紹介する時も、時間配分などに偏りや不公平が無いようにあんなに気を遣っているではないですか。
 
 自民党の次期総裁が決定する9月22日以降、内閣総理大臣を選ぶ臨時国会が開かれ、それほど時間を措かずに衆議院の解散・総選挙(衆議院議員選挙)が行われる見通しです。あと1ヶ月もすれば、今のように一政党のお家騒動を“報道”出来なくなる、気兼ねなく電波に乗せられる今のうちに、やりたい放題やっておこう、これがNHKをはじめテレビ各局(注1)の本音なのではないでしょうか。
(注1) ここまで昨夜のNHKニュースウオッチ9の放送内容を見たことをキッカケとして、NHKの“報道”姿勢に対して批判してきました。しかし、民放テレビ局(日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日)が朝8時頃まで放送しているニュース番組に対しても、多かれ少なかれNHKに対するものと同様の批判をせざるを得ません。
 
 
 福田首相の辞任会見に端を発した今回の騒動、俎上に載せられているのは自民党、広くいえば連立与党の公明党、さらに民主党をはじめとする野党各党、政治家のように見えます。しかし、本当に試されているのはテレビ・新聞などの“報道”機関、そして私たち国民自身ではないかと感じています。次期総裁選びに当たって自民党は、今までと何も変わっていないように思えて、実は少しずつ変化していると聞きます(「安倍氏から福田氏に交替した前回と比して、今回は派閥が溶解(メルトダウン)している」という意味の上杉隆氏の解説を、ラジオで聞きました)。
 
 あれほど頑迷な、中央省庁や地方公共団体(都道府県・市区町村)の職員といった「官」でさえ、目に見えないほどの歩みで変化している中で、最後に取り残されるのはマスコミで働く人々私たち国民のような気がしてなりません。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 安倍首相・辞任の意向 2007年09月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 安倍首相・辞任会見 2007年09月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 政治空白 2007年09月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 政治空白2 2007年09月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 久々に得た新たな視点-上杉隆著「ジャーナリズム崩壊」 2008年08月08日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年09月11日 01:15 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1092

コメント

コメントしてください




保存しますか?