« 局所的集中豪雨 | メイン | 夏休み »

2008年08月31日

たくろうの「残暑お見舞い」を聴きました

 たくろうのラジオ番組が終了しました。面識の有る無しを含めて、私が今まで最も影響を受けた人のお一人です。”たくろうさん”とか“拓郎さん”とか呼ぶべきでしょうが、昔から心の中では「よしだたくろう」、「たくろう」と呼んできたので、いまさら違う呼び方は恥ずかしくてできません。
 
 先程エントリーした時よりさらに気温が上昇した感があり、今私の部屋(2階)の温度計は34度を指しています。新学期を前に、本当に真夏日に逆戻りしたようですね。
 
  局所的集中豪雨(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 番組内でたくろうも話していましたが、去年や今年の夏は暑いですね。「この暑さは本当に応える」と言っていました。「東京の気温が過去100年間で3度上っている。この先、真夏日が(年間)100日以上になるんじゃないか。そうなると、一年中が夏になってしまう」と心配していました。
 
 一年の半分が夏という感じで、夏が好きで暑さ大歓迎の私でさえ、さすがにご遠慮願いたいところです。
 
  春夏秋(冬)?(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 今日の放送は数日前に録音したもののようです。番組内でたくろうが話した内容の断片が、ネットニュースなどに掲載されていました。
 
 今日の番組内でたくろうは、「頑張らない」生き方について話していました。何度も繰り返し、詳しく話してくれました。今年2月の番組の後、たくろう自身、吐き気、肩こりの症状があり医者に相談すると、「『頑張ろう』というのを少し止(や)めてみたらどうだろう」と言われたそうです。「みんながするからという理由で、何かを好きでも無いのに頑張ろうというのは×、“目から鱗”だった」そうです。
 
 「頑張れる人には、頑張れる時に、頑張って欲しい。でも、頑張れない人は、(頑張らなくていい時がある)それなりでいいじゃない。」実際には、この5倍も10倍の言葉を使って話してくれたのですが、全部再現するのが大変なので、このくらいでご勘弁を。
 
 
 この言葉を聞いて、昨日の有田塾で加藤タキさんがお話していたことと同じことを言っていると感じました(昨日開催された「第6回 有田塾」については、別にエントリーしたいと思います)。
 
 
 36年前、1972(昭和47)年、ラジオの傍で週一回たくろうの声に耳を傾けていた時もそうですが、その時々に思っていること、感じていることを言葉にして話してくれる人だなぁと、今日また思いました。
 
 
 番組の最後の方で、今後全国規模のいわゆる“ツアー”と呼ばれる形の公演は、もう無理だと話していました。「(最後の全国ツアーを)来年にしちゃおうか」番組の中で、決めてしまうのもたくろうらしいと思います。
 
 「俺は音楽は絶対に止(や)めないし、アルバムは作り続けたい。(気が向いたところで?)歌いたい。」たくろうのこんな言葉を聞くのは初めてですし、たくろう依存症を自認している私としては、嬉しい出来事でした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 春夏秋(冬)? 2007年02月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 始まりました「たくろうのオールナイトニッポン」 2008年02月24日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) たくろうの歌を録音したラジカセ 2008年02月24日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 局所的集中豪雨 2008年08月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年08月31日 16:54 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1082

コメント

コメントしてください




保存しますか?