« 34+2年ぶりの再会 | メイン | 「ひかり電話」の不具合(3) »

2008年08月18日

昨日の同窓会は楽しかった

 昨日(日付が変わったので、一昨日)の同窓会は幸せだったと書きましたが、何が幸せだったかというと、“女の子”(注1)とたくさんお話できたことです。
(注1) 今の人は大人になっても「男子」、「女子」という言葉を使うようですね(眞鍋かをりさん「女子!?ごころ」など)。私たち(私だけかも)は「男子」、「女子」は小中学校、せいぜい高校生までで、大人になって使うのには、ためらいがあります。
 
  34+2年ぶりの再会(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 

 乾杯の後、少しだけ男グループで話していました。せっかく何年ぶりかで集まったので、たくさんの人と話したいと思いましたが勇気がありません。近付いてお互いに名札を確認しないと誰だったか判らない、特に女性は変化が大きいように思います。勇気を奮って隣の女性テーブルへ行ってみると、S谷さん、S鳥さん、S根さんにF野さん、なぁ~んだみんな同じ小学校からの同級生でした。
 
 9年間も同じ学校に通っていると、何十年も間が空いていても、他人のような感じがしません。S鳥さんが「(結婚して)私たち、姓が入れ替わったのよ」と、楽しそうに教えてくれました(S鳥さんの姓がS根さんに変わったという意味です)。

 
 その後、反対側のテーブルへ行って、中学3年の時、同じクラスだったHさんとSさんの所へ。お二人とは前回(2年前に)も会ってお話しました。昨日もHさんとは、長い時間話していたような気がします。
 
 
 話始めてから少しばかり過ぎて、Hさんが隣の人に「○○さん」と呼びかけています。Nさんでした。2年生の時、同じクラスで、一緒に学級委員をしました(男女一人ずつ)。消極的な私に替わって、いつもNさんが前面に出て、同級生を注意したり、先生への報告・連絡をしてくれていました。ある時、いつも気丈なNさんが珍しく泣いてしまったことがありました(何が理由だったのか、クラスの皆を注意している時だったか?、まったく憶えていません)。
 
 普段は消極的な私ですが、さすがにこの時だけはマズいと思ったのか、Nさんに替わって学級委員の役目を果たしたことを憶えています。あの時以来、自分の中で何かが一つ変わったような気がしています。そんな様なことを、昨夜は恥も外聞なく面と向ってお話してしまいました。36年ぶりにお会いした勢いとはいえ、穴があったら入りたいとはこのことですが、すでに後の祭りです。
 
 
 Hさんとも、あれやこれや、いろんなお話をしました。私が「3学期に初めて同じ班になった時、Hさんから『森田君は遠くで見ている時は“ちゃんと”している人だと思っていたけれど、同じ班になってみたら、私が考えていたのとは少し違っていた』という意味のことを言われた」という大昔の話をしても、何も言わず笑って聞いてくださいました。
 
 Hさんの名誉のために付け加えると、(私が)“ちゃんと”していないというのは、私を非難するというよりも、私の“事なかれ主義”を指摘した言葉だと思います。班長として、例えば掃除当番をサボる班員を“ちゃんと”叱らないで(私が)替わりにやって済ませてしまうことを見ていて、心配から言ってくれたのだと思っています。
 
 また以前から聞きたかった「何故、学校の先生になったの?」という質問を私がすると、高校時代に進路を決断した時のことを教えてくれました。そんなことがあったのかと、初めて本当の理由を知りました。
 
 
 昨夜は会長であり、幹事という面倒な役を引き受けてくださっている渡辺君から、また2年後に再会しましょうという宣言がありました。せっかく再会できた同級生とともに、ほんの些細なことでも何か世の中に影響を与えられる(出来れば、世の“ため”になる)ことが出来ればいいな、と思います。あるいは、そんな結果はどうでもよく、残りの人生の時間と価値観を共有できるだけでもよいかとも思います。
 
 
 友人や恋人とは少し違う、ましてや仕事上の同僚やご近所の仲間とも違う、小中学校の同級生と一緒の時間(空間)は、まるで兄弟(姉妹、兄妹、姉弟)と居るような不思議な感覚です。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 34+2年ぶりの再会 2008年08月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年08月18日 12:09 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/1071

コメント

コメントしてください




保存しますか?