« 日本の伝統美・伝統芸能などは元々“ヲタク”的 | メイン | 歴史講演会「旧・越ヶ谷宿と街づくり」 »

2008年06月22日

先発・岩隈、リリーフ・田中 黄金リレー

 プロ野球交流戦も大詰め、新球場建設に伴い広島市民球場では、今日と明日が最後の対戦となる広島東洋対東北楽天は、3対1で楽天が勝利しました。
 
  vs 広島東洋カープ広島(14:00)(みんなの試合レポート - 楽天ブログ(Blog))
 
 
 この試合、楽天の先発はエース・岩隈久志投手(6回1失点)、そしてリリーフに田中将大投手(3回を無失点)、岩隈-田中という黄金リレーが実現しました。先発投手のリリーフ登板は、先日の永井怜投手に続く起用です。
 
 岩隈投手はダントツの11勝目、田中投手はプロ入り初セーブを挙げました。こんなリレーは年に1度あるかないか、いや、もしかしたら今後二度と実現しないかもしれない貴重な試合です。途中からでしたが、こんな試合を見れた(テレビ観戦)ことはラッキーでした。
 
 北京オリンピック代表候補に、楽天から二人だけ選出されている両投手、二人とも代表24人に残って出場すれば、もしかしたらオリンピック本番でも二人の継投が見られるかもしれません。未だ2軍調整が続く読売・上原投手に替わって、リリーフ・田中は案外いけるかもしれません。今日の野村采配が、星野仙一・日本代表監督にヒントを与えてしまったかもしれません。
 
 もっとも、それが可能なチーム事情であれば、オリンピック本番でと言う前に、楽天としても苦労はしていないとは思いますが・・・。

 
 今日のヒーローインタビューは両投手+横川史学外野手かと思いきや、横川選手は呼ばれず、ちょっと残念でした(NHKさん、しっかりしてね)。2回に決勝2ランを放った横川選手は、2年目の外野手で今シーズンはよく出場し、起用に応えた活躍をしています。先日のプロ野球中継で、横川選手のプレーを見たNHKプロ野球解説者の鈴木啓示氏(現役時代、通算317勝の大投手)も、上手いバッティングを褒めていました。レギュラーの座を確実に固めている最中です(今の彼は、プロ野球の新しい選手がどのようにしてレギュラー選手になっていくかという、見本のような選手です)。
 
 写真は上から順に、9回表ベンチから味方の攻撃を見守る岩隈・田中両投手、ヒーローインタビューを受ける両投手(正面と横から)、リリーフ準備していた先輩投手陣から冷やかされて苦笑する田中投手です(いずれも、NHK総合テレビの放送映像より)。
9回表ベンチから味方の攻撃を見守る岩隈・田中両投手
 9回表ベンチから並んで戦況を見守る岩隈・田中両投手。こんな場面は、オールスター、オリンピックなど以外では、今後二度と見られないかも知れません(田中投手がリリーフに転向しない限り)。
ヒーローインタビューを受ける両投手ヒーローインタビューを受ける両投手(横顔)
リリーフ準備していた先輩投手陣から冷やかされて苦笑する田中投手
 リリーフ準備していた先輩投手陣から冷やかされて苦笑する田中投手。俺達にも投げさせろ、とでも言われたのでしょうか?
 
 左から小山伸一郎投手(背番号57)、渡邉恒樹投手(背番号34)、永井怜投手(背番号30)、田中将大投手(背番号18)。(渡邉投手、怪我治ったのかな?

 
--- 関連情報 ---
(1) 今日から仙台遠征!? 2008年05月05日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) エース・岩隈完封で10勝目、抜群の安定感 2008年06月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年06月22日 19:26 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/982

コメント

コメントしてください




保存しますか?