« 「スカシカシパン」を初めて知りました | メイン | 消えた年金(10)-厚生年金にも記録ミス560万件 »

2008年06月27日

諫早湾水門の開門命じる! - 佐賀地裁判決

 ケータイやPC向けネットメディア、テレビ等でお昼少し前から報じられているように、有明海沿岸の漁民や住民が潮受け堤防の撤去や排水門の常時開放を求めた訴訟で、佐賀地裁が排水門を5年間、常時開放するよう国に命じる判決を言い渡したとのことです(但し防災上必要な工事のための期間として、国に3年間の猶予を与えるとのことです)。
 
  諫早湾干拓、排水門の5年間開放命じる…佐賀地裁(Yahoo!ニュース - 読売新聞)
  ・諫早湾干拓訴訟、湾開門命ずる判決 佐賀地裁(asahi.com 朝日新聞社)

 
 
 裁判所は堤防の撤去の訴えは退けたが、国営諫早湾干拓事業が、一部海域での環境変化による漁業被害につながったことは認めたとのことです。そこに至るアプローチの方法こそ違いますが、服部真澄さんの「ポジ・スパイラル」に出てくる諫早湾の水門を開ける展開を思い出しました。もちろん「ポジ・スパイラル」の方は小説であり、片や現実、一方はフィクションという相違は有りますが。
 
 
 ちょうど病院の待合室でテレビを見ている時に、このニュースが流れました。私はケータイでその前に知っていましたが、テレビを見ていた他の人たちの反応はそれほどでもありませんでした。一応の関心を示すものの、それほど強い感慨を持って受け止めているようには見えませんでした。水門が閉じられてから10年以上経過しており、しかも遠く離れた埼玉ですから無理も無いことかもしれません。
 

大きな地図で見る
 
 しかし現場周辺に住んでいる人にとっては、(水門が閉じた)その時点で状況がストップしたわけではなく、水質が悪化したり、海産物が獲れなくなるなど、現実は一瞬たりとも止まることなく変化し続けているわけです。有明海に行ったことはありませんが、遠く離れた人間は想像力を働かせて事態の成り行きを観察し続けることが重要であると思います。

 おそらく国(そもそも“”とは具体的に誰を指してそう呼んでいるのか、内閣総理大臣なのか、国土交通大臣または次官、あるいは私たち国民一人一人なのか、知らないのですが)は上告して、判決には従わないのではないかと思います。しかし、私たち一人一人がこの問題に関心を持つことにより、国土交通大臣・省職員や有明海沿岸各県の県知事・県職員の意識を変化させることが、遠回りのように思えて解決に至る最も根本的な方法のような気がします。
  
 
--- 関連情報 ---
(1) 「我が家の環境大臣 エコファミリー」 2006年10月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 春夏秋(冬)? 2007年02月12 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 氷張る 2008年01月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 服部真澄著『ポジ・スパイラル』読了 2008年06月08日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 知ることから始まる - 有田芳生さんと服部真澄さんの対談から 2008年06月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) CO2の回収・貯蔵で先行する日本の技術 2008年06月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 私が「焼きたてのパン」を買わなくなった理由(わけ) 2008年06月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年06月27日 14:24 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/993

コメント

コメントしてください




保存しますか?