« WBS2.0 Vol.30 チームラボ猪子寿之社長 | メイン | 文教大学越谷図書館 »

2008年05月23日

西武強し!盛り上がるセ・パ交流戦

 プロ野球セ・パ交流戦も2カード目(全12カード、各チーム24試合)に入りました。今日も6試合すべてインターネット配信(Yahoo!動画 - パ・リーグ 熱球ライブ!)です
 
 パ・リーグは上位4チームが勝ち、順位に変動はありません。一方、セ・リーグでは東京ヤクルトと広島東洋が勝ち、東京読売(巨人)に替わって東京ヤクルトが3位に浮上しました。
 
 初めは東北楽天対横浜戦をインターネットで、次に埼玉西武対東京読売戦をテレビ(BS朝日)で、最後は千葉ロッテ対東京ヤクルト戦を再びインターネットで、とたてつづけに観戦しました。いずれも凄まじいゲームばかりです。
 
 
 相変わらず、西武の強さが際立っています。ただ単に強いというよりも、日々理想のチームに向って成長しているように思います。そのことが端的に現れているのが、打線のオーダーです。開幕以来ほとんど変わっていないのです!
 
 北海道日本ハムは稲葉選手を4番に、福岡ソフトバンクは松中選手を4番から3番に、楽天の4番はフェルナンデス選手から山崎選手に、といった具合に、各チーム打線の変更を多少は行なうものです。ところが、今シーズンの西武打線はこれまでのところほとんど不動であることは、大きな驚きです。
 
 今日も、G.G.佐藤選手と中島裕之選手が2本ずつホームランを打って、先発・岸投手を大きく援護しました。中島選手の右方向へのホームランは、4月29日西武ドームで観戦した時にも目の前で見ました。走塁・守備・バッティングと、若い選手のハツラツとしたプレーは野球の楽しさの原点を思い出させてくれるかのようです。

 北海道日本ハム対中日戦は、1対0で日本ハムが稲葉選手のホームランの1点で勝ったようです。相手ピッチャー(中日先発・川上投手)が1人で投げぬく中、5人の投手による完封リレーというのは日本ハムらしいと思います。
 
 
 福岡ソフトバンクは阪神を下し、交流戦3連勝、目下セ・リーグ首位の阪神は1勝2敗と明暗を分けています。
 
 
 東北楽天対横浜戦は、5回表を終ったところで3対1と楽天リード(実はこの段階では「エース・岩隈が投げて4番・山崎が打つ、楽天快勝」というタイトルでエントリーを書くことを考えていましたが、その後の試合経過を見て変更しました)。その後、山崎選手のホームランなどで追加点という様子をケータイでチェックしながら、テレビ観戦(西武対読売)に切り替えていたのですが、8回表に1点差(6対5)に詰め寄られる始末。その裏ヒットで出塁した渡辺直人選手の好走塁(連続して二盗・三盗を決める)もあり1点追加してなんとか逃げ切りました。今日はあまり良い出来ではなかった岩隈投手ですが、断トツの7勝目です。
 
  vs 横浜ベイスターズ Kスタ宮城(18:00)(みんなの試合レポート - 楽天ブログ(Blog))
 
 
 成瀬、石川両先発ピッチャーの好投で投手戦となった千葉ロッテ対東京ヤクルト戦は、延長12回の表、2点を挙げたヤクルトが、その裏を無失点で切り抜け勝利しました。今シーズン多くの選手を放出した両チームです。
 
 ヤクルトからは、4番・ラミレス、昨年のセ・リーグ最多勝投手・グライシンガー(ともに読売へ)、石井一久(西武へ)、藤井秀吾(日本ハムへ)が抜けました。各選手とも移籍先で必要不可欠の選手として早速活躍しています。大量放出の甲斐あってか、田中浩康内野手、館山・増渕・加藤(いずれも投手)など新たに若い選手が頭角を現してきました。また、交流戦ならでとして今日の試合、指名打者として4番に座ったのは畠山選手。今日初めて名前を聞きました。
 
 一方、ロッテも阪神のJFKにかけてYFKと呼ばれた薮田(ロイヤルズへ)、藤田(読売へ)、小林雅英(インディアンズへ)のリリーフ3投手が抜けてしまいました。同じ放出でも、戦略的な意図があるのと、結果的にそうなってしまったという違いが、ヤクルトとロッテの間にはあると思います。攻撃陣では良い若手の台頭の兆しがありますが、投手陣にも唐川投手に続く若手選手が出てくることを期待します。
 
 
 突然の監督辞任で指揮を執ることになったオリックス・大石大二郎監督代行。西本幸雄監督時代は近鉄の試合を注目していました。西本監督の後に頭角を現してきた大石選手ですが、小柄ながら足が速く打撃も良い、元気のある選手として好感を持っていました。こんな形で再び拝見することになるとは予想していませんでしたが、その采配に注目していきたいと思います。
 
 初采配は残念ながら、黒星(対広島戦 3対6)スタートという結果でした。
 
 
 始まったばかりの交流戦を見ていて感じることですが、混戦パ・リーグの熱気がセ・リーグに伝播していくようです。これからの戦いがますます楽しみになってきました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 一致団結するパ・リーグ 2008年03月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 新生・埼玉西武ライオンズ、強さの秘密 2008年04月22日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) プロ野球交流戦全試合インターネット配信、これはスゴい! 2008年05月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) オリックス・コリンズ監督、突然の辞任! 2008年05月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年05月23日 23:58 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/940

このリストは、次のエントリーを参照しています: 西武強し!盛り上がるセ・パ交流戦:

» Yb5-7E from かんのものおき
先発は岩隈! 2回 山崎武が二塁打! リックは遊ゴロ・・・ マヨが二塁打で山崎武が生還! 鉄平が二塁打でマヨが生還! 藤井が安打で走者一三塁! 聖澤は犠飛... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年05月24日 01:06

コメント

コメントしてください




保存しますか?