« 西武・大勝、日本ハム・逆転サヨナラ、混戦パ・リーグ | メイン | 海外にも消防団があった »

2008年05月16日

楽天・長谷部、プロ初登板は2回無失点

 東北楽天ゴールデンイーグルス期待の新人・長谷部康平投手、プロ野球ファン注目の初登板はリリーフでした。
 
  vs オリックス・バファローズ Kスタ宮城(18:00)(みんなの試合レポート - 楽天ブログ(Blog))
 
 
 対オリックス戦、先発・朝井秀樹投手の後を受けて、6回表から2番手として登板しました。前日の幻の登板(オリックス・坂口選手を凡打に打ち取る)を除くと、プロとして初の対戦となったオリックス4番・ローズ選手にいきなりの2塁打。その後フォアボールを連発し、2アウト満塁のピンチを招きましたが、何とかしのぎました。
 
 結局、2回を投げてヒット2本、3つのフォアボールを出したものの無失点で切り抜けました。あまり、良い出来ではなかったようです。オープン戦などを除けば、昨年11月のIBAFワールドカップ以来と実戦から遠ざかっているわけですから仕方が無いでしょう。
 
 これから試合に出るたびに徐々に実力を発揮するものと思います。

 画面(Yahoo!動画 - パ・リーグ 熱球ライブ!)を通してとはいえ、長谷部投手の投球を初めて見ました。投球スタイル(フォームではなく)そのものは、同じ楽天の渡邉恒樹投手や、古くは阪神の遠山投手に似ているような気もします。
 
 本調子ではないとはいえ、どこか“ピッチャーらしさ”といった風格のようなものを感じました。173センチと小柄ながら、5球団が争奪した選手ですから当然ですが、投手として出来上がっている選手という印象です。これからプロのピッチャーとして、独自のスタイルを作っていく過程を見られるめぐり合わせが、プロ野球ファンとして幸運です。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 待ってました!長谷部康平、明日プロ初先発 2008年05月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 楽天・長谷部投手のプロ初登板は雨でお預け 2008年05月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年05月16日 01:26 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/926

コメント

コメントしてください




保存しますか?