« 今までボブ・ディランをよく知らなかった | メイン | 神戸児童殺害少年A担当、元裁判官の提言 »

2008年05月04日

バドミントン、北京オリンピック日本代表決定

 少し前(5月1日)のニュースですが、バドミントンの北京オリンピック日本代表に、男女10選手が選ばれました。男女ともダブルス2組、シングルス1名ずつです。
 
 男子ダブルス  舛田圭太・大束忠司組(トナミ運輸)
 男子ダブルス  坂本修一・池田信太郎組(日本ユニシス)
 男子シングルス 佐藤翔治(NTT東日本)
 
 女子ダブルス  小椋久美子・潮田玲子組(三洋電機)
 女子ダブルス  末綱聡子・前田美順組(NECセミコンダクターズ九州)
 女子シングルス 広瀬栄理子(三洋電機)

 
 
 NHKのニュースや番組(トップランナー)にも出演するなど、“オグシオ”の名前は一般の人にも浸透していますが、末綱・前田ペアも有望です。
 
 両ペアが昨年の全日本選手権で対戦した時に撮影したビデオがありますので、ご紹介します(第61回 全日本総合バドミントン選手権大会 女子ダブルス決勝 2007.11.18 @国立・代々木第二体育館)。
 
 約1分にも及んだ長いラリー(左側)。試合後、小椋・潮田組の優勝インタビュー(右側)。
 


 
 男子シングルス代表、佐藤翔治選手の試合のビデオもありました(第61回 全日本総合バドミントン選手権大会 男子シングルス決勝 2007.11.18 @国立・代々木第二体育館)。同じく昨年の全日本総合の時に撮影したもので、対戦相手は佐々木 翔選手(北都銀行)です。ちなみにこの時は、2対1で佐々木選手が初優勝しています。
 
  佐々木 翔、今別府 香里 両選手初優勝、舛田 圭太選手は3種目3連覇の快挙(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 


 
 男子ダブルスの池田・坂本組は昨年の世界選手権・銅メダルペアです。またトナミ運輸の舛田圭太選手は、オリンピック3大会連続出場だそうです。
 
  2008/05/01-21:43 オグシオらに五輪出場権=舛田は3大会連続-バドミントン(時事ドットコム)
 
 この両ペアの対戦(舛田・大束組(トナミ運輸) 対 仲尾・坂本組(日本ユニシス))も、ビデオに収めてありましたので、ご紹介します(バドミントン日本リーグ2007 東京大会最終日 2007.12.29 @国立・代々木第二体育館)。但し、坂本組は、池田選手が欠場していたため仲尾修一選手とのペアです。
 
 コート手前側、白のユニフォーム・背番号「0」が舛田圭太選手です(左側の映像)。舛田選手は常にガッツあふれるハッスル・プレーで人気があります(右側の映像では、向こう側のコートが舛田・大束組)。
 


 
 女子シングルス 広瀬栄理子選手の試合はまだ観戦したことがありませんでしたので、残念ながらビデオを紹介できません。本番では是非頑張っていただきたいと思います。北京オリンピック・バドミントン競技は、8月9日(土)から17日(日)までです。西鉄旅行のサイトに競技日程が掲載されています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 佐々木 翔、今別府 香里 両選手初優勝、舛田 圭太選手は3種目3連覇の快挙 2007年11月18日  IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 第61回全日本総合バドミントン選手権大会のビデオ 2007年11月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) バドミントン日本リーグ2007 東京大会のビデオ(3) 2007年12月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) “オグシオ”北京オリンピック出場確実!? 2008年03月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年05月04日 22:16 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/910

コメント

コメントしてください




保存しますか?