« バドミントン、北京オリンピック日本代表決定 | メイン | 今日から仙台遠征!? »

2008年05月04日

神戸児童殺害少年A担当、元裁判官の提言

 4月22日発売の「婦人公論5/7号」に、神戸連続児童殺害事件の加害少年(当時)の裁判を担当した家裁の元・裁判官の方の提言が掲載されています。少年、または当時この事件の影響を受けたと思われる20代前半の若者による「理由なき」殺人等の犯罪について、理解するためにも一読することをお勧めします。
 
 書店にはもう無いかもしれませんが、婦人公論のサイトからバックナンバーを購入できるようです。

投稿者 もりた : 2008年05月04日 23:11 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/911

コメント

コメントしてください




保存しますか?