« 長ーい試合 | メイン | ボブ・ディランの映画、今夜放送 »

2008年04月30日

1勝挙げることの難しさ

 プロ野球パ・リーグ オリックス対東北楽天は、5対4で楽天が勝ちました。勝つには勝ちましたが、そこに到達するまでにちょっとした苦労がありました。
 
 4対2と楽天リードで迎えた9回裏、オリックス代打・浜中選手の2ランが飛び出し、土壇場で同点に追いつかれてしまいました。8回まで2点に抑えていた先発・永井投手に代えて、有銘、青山両投手を送り出したことが裏目に出てしまいました。後を受けた小山投手がこのピンチをよく抑え、その後9回、10回を無失点で抑えてくれました。
 
 
 思えば9回表ノーアウト1塁の場面、鉄平選手のバント失敗が痛かったです。その後ダブルプレーでこの回得点無し。追加点を挙げられなかったことが、その後の苦労につながりました。
 
 
 10回表、先頭渡辺直人選手がヒットで出塁しノーアウト1塁、バッターは2番・高須選手が、ここでもバント失敗。結局ツーアウトの後、渡辺選手が2塁盗塁を成功させフェルナンデス選手のタイムリー(2塁打)を引き出しました。9回表で成すべきことを、1回遅れて実行した形です。

 鉄平選手といい高須選手といい、このチームはバッティングはいいのですがバントが下手な選手が多い、どちらか1つでもバントを決めていればもっと楽に勝てるのに、もっと強いチームになるための課題でしょうか。
 
 試合後の野村監督のインタビューに興味があります。このブログは仕事場(教室)で書いていますので、帰宅後ゆっくりテレビのスポーツニュースで確認したいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 長ーい試合 2008年04月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年04月30日 21:32 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/906

コメント

コメントしてください




保存しますか?