« NHK朝ドラ、ご当地最後は埼玉県 | メイン | 1勝挙げることの難しさ »

2008年04月29日

長ーい試合

 今シーズン4度目となる球場でのプロ野球観戦、今日は楽天戦ではなく西武ドームの埼玉西武対福岡ソフトバンクの試合を観に行ってきました。両チーム13人のピッチャーが登板する乱打戦は、10対7で福岡ソフトバンクが制しました。13時に始まった試合、終ったのはなんと18時19分でした。このところの西武の試合は長いのでなんとなく予感はしていましたが、現実となってしまいました。
 
 5回表までに7対2とリードしたソフトバンクの楽勝かと思われましたが、6回裏に中島、ブラゼル両選手(中島選手・ブラゼル選手ともに初球)の連続ホームランで西武が7対7の同点に追いつきました。ソフトバンク・3人目の小椋投手はたった2球で5失点でした。
 
 その後、両チームとも継投で無失点でしのぎ迎えた12回表、ソフトバンク・松田選手が西武・7人目の三井投手からタイムリー3塁打で勝ち越し。さらに2点を追加しそのままソフトバンクが勝利しました。

 他球場の経過をケータイ(R25式モバイルのスポーツ速報)でチェックしながらの観戦、最初に終ったのは京セラドームのオリックス対東北楽天、2対1でオリックスの勝利でした。
 
  ・vs オリックス・バファローズ 京セラドーム(13:00)(みんなの試合レポート - 楽天ブログ(Blog))
 
 
 一昨日、「ビジター(の試合であること)が不安要素」とおっしゃっていた野村監督の予感が的中した格好です。またしても1点差負け。しかし、朝井投手が最後まで1人で投げたようですので、あまり心配はしていません。
 
 もう一つの試合、千葉マリンの千葉ロッテ対北海道日本ハムは、3対2で日本ハムの勝ち。結局今日はすべて下位チームが勝ったようです。相変わらずパ・リーグの混戦は、止まるところを知らないようです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) ロードに弱かった今年の楽天 2008年04月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 楽天イーグルスのエース・岩隈投手 2008年04月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 新生・埼玉西武ライオンズ、強さの秘密 2008年04月22日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 福岡ソフトバンク有利と予想したスポーツマスコミの誤算 2008年04月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年04月29日 23:51 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/905

コメント

コメントしてください




保存しますか?