« 初夏の新方川緑道 | メイン | イラク空自違憲判決に対する政府の反応 »

2008年04月23日

永井投手完封、楽天3たび5割復帰

 混戦が続くプロ野球 パ・リーグ、今日は3球場とも下位チームが勝利しました。
 
  ● 北海道日本ハム 0-5 オリックス ○
  ○ 千葉ロッテ 2-1 埼玉西武 ●
  ○ 東北楽天 4-0 福岡ソフトバンク ●

 
 
 これで首位・西武から最下位・オリックスまで僅か4ゲーム差、まさに混パです。
 
 
 東北楽天福岡ソフトバンク戦、今日はテレビの全国放送がありました。初めはYahoo!動画 - パ・リーグ 熱球ライブ!を見ていましたが、途中からテレビ(NHK-BS1)にチェンジしました。やはりテレビ放送の映像はきれいですね。
 
 楽天・永井 怜、ソフトバンク・大隣 憲司、両投手の先発。一回表裏、両チームとも打者6人の攻撃を見せましたが、ソフトバンクは0点。楽天の3点リードで試合が進みました。序盤は大隣投手の方が良い出来だったように思いましたが、結果的には永井投手が今季2度目の完封勝利を挙げました。
 
  vs 福岡ソフトバンクホークス Kスタ宮城(18:00)(みんなの試合レポート - 楽天ブログ(Blog))
 
 これで楽天は今季3度目の5割復帰、これからどんな戦いを見せてくれるのでしょう。

 今日の試合、楽天・野村克也監督の采配でおっ!と思ったところが2つあります。
 
 1つは、6回裏、フェルナンデス選手のタイムリーで貴重な追加点(1点)を挙げた後。山崎武司選手のフォアボールで、1アウト1・2塁。山下選手のバント失敗で、2アウトとなり代打・磯部選手を審判に告げた後、野村監督がもう1度出て来て、審判に再び選手交替を告げました。
 
 1塁ランナー、山下選手に変えて塩川選手でした。2アウトながら長打により、あわよくば1塁ランナーもホームに、と考えられなくもありません。しかし、山下選手のバント失敗に対する野村監督の厳しい采配ではないかと思います。
 
 
 もう1つは、続く7回表、ソフトバンクの攻撃。川崎選手に対する永井投手の投球がワンバウンドになったり、カーブ3球外れてフォアボールを出した時です。一度出かかったところでベンチにもどる野村監督の映像が、テレビの画面に映し出されました。ピッチャー交替を告げようとしたところが、次のピッチャーの準備不足だったのではないか、と思います。あの場面で交替していれば、今晩の永井投手の完封はなく、結果オーライでした。
 
 
 昨夜の勝利から、楽天の雰囲気が少し変わってきたような気がします。ますます目の離せない楽天、およびパ・リーグです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 楽天6連勝、首位に! 2008年04月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 楽天辛勝 2008年04月22日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年04月23日 22:46 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/892

コメント

コメントしてください




保存しますか?