« 「NHKオンデマンド」正式発表、12月より配信予定 | メイン | 楽天サヨナラ勝ちで連敗脱出 »

2008年04月08日

MT4LP5に参加しました

 先週の土曜日(4月5日)、ベルサール原宿で開催されたCSS Nite主催セミナーMT4LP5に参加しました。CSS Niteは、Web制作のプロ向けのセミナーを継続的に催しているグループ()で、株式会社スイッチ鷹野雅弘さんが中心となって運営されています(かな?)。
 
  概要 - MT4LP5(CSS Nite LP, Disk 5)
  ・MT4LP5が終了しました。(CSS Nite公式ブログ)

 
 
 今回のセミナーは、Movable Type 4.1MT4)を使った企業Webサイト構築に焦点を絞って、その分野の第一人者が講師を務められました。講師の方々が共同で執筆された書籍、「Movable Type プロフェッショナル・スタイル」の構成に沿って、セミナーのセッションがプログラムされていました。
「Movable Type プロフェッショナル・スタイル」

 
 A・B、2つの会場に分かれて8つのセッションが設けられました。Aがデザイナー、クリエイター向け、Bはどちらかというと、開発・運用などシステム寄りという区分けだったように思います。私は、A1、A2、A3、B4に参加しました。
 
 A1(鷹野雅弘氏)は、MT3からMT4になって何が変ったのか、全体がつかめるお話でした。
 
 A2とA3は、企業WebサイトをMT4で作るうえでの実践的なアドバイス中心の内容でした。A2の蒲生トシヒロ氏からは、「MT4では“テンプレートの分割”を使いこなせるようになることが重要なポイントである」ことを教えていただきました。「ネコミミデザイン」というサンプルサイト()を用いて説明して下さいました。

 A3の黒野明子氏のセッションは、あまり難し過ぎないテーマで、それでいて実践にはよく出て来そうな事例を、具体的に、1つ1つていねいにお話していただきました。鷹野さんのお話とも関連しますが、基本であるMTタグを使いこなすことの重要性を理解できたと思います。それにも増して参考になったのは、ウェブ制作会社の新人君やクライアントの担当者といった仮想のキャッラクタを登場させた、とても分りやすい説明そのものの方でした。
cremaこと、黒野明子さんによる分りやすい説明

 
 1つだけ受講したB会場のセッション、B4(丹羽 章氏)では、MTの設置・運用に関する注意点などをお聞きすることが出来ました。レンタルサーバの選び方、ローカルサーバ利用の勧め、移行とバージョンアップ、セキュリティ対策などについて、説明を受けました。
 特に印象に残ったのは、ローカルサーバを作って開発・実験環境として使うことの有用性と、セキュリティ対策のお話です。前者では、XAMPPというツールを使ってWindows上にサーバ環境を作ったり(注1)VirtualBoxVirtualPCというツールを使ってPC上に仮想マシンを作り、その上でLinuxやUnixなどのOSを動かしてサーバ環境を作る方法です。
(注1) Mac用にはMAMPというツールがあるそうです。
 これらのツールを使って手元にサーバ環境を持つことにより、本番環境では試すことのできない実験を行うことが可能となり作業効率がアップするとのことです。それだけでなく、スキルアップにもなり自分の守備範囲を広げることにつながるということです。
 
 もう1つ、セキュリティ対策の解説では、“CGIスクリプトの名称変更”や“特定のIPアドレスからのアクセス制限”等の対策を施すことが、スパムコメントやスパムトラックバックの防止に有効に働くことを知りました。最近このブログでも、1日あたり200個前後のスパムコメントが投稿されて困っています。さっそく対策を実施したいと思います。

 
 A・B計8セッションが終了し最後に、A会場に参加者・講師とも全員が集まりました。スポンサー・タイムが設けられ、SixApartの関さんも挨拶に立たれました。その後、Q&Aが行なわれ、1つ1つの質問に講師の方が熱く答えてくれた姿が心に残っています。最後に、鷹野さんのひと言で写真撮影タイムとなり全日程が終了しました(この後、会場を移して懇親会が催されましたが、所要のため参加できなかったことが残念です)。
最後に記念撮影タイム?

 
 自店のサイトでさえ、不備を承知で放置したままの有様で、誠にお恥ずかしい限りです。この一日のセミナーで、MT4による企業ウェブサイト構築のための心構え、それに向けてのスキルアップの方法などが理解できたような気がします。MTが3から4に変って、ブログだけでなくウェブページの構築、管理に対しても強力なツールに生まれ変わったこと、「テンプレートの分割」、「条件分岐」、「カスタムフィールド」などの機能追加なども知りました。
 
 しかしながら、「テンプレートタグ(MTタグ)をよく理解して実践に生かすこと(by 黒野氏)」や、「しっかりしたサイト設計(by 蒲生氏)」といった基本的なことが、MT4による企業ウェブサイト構築にはより重要であるということが、身に沁みて理解できたセミナーでした。あとは、この日お聞きしたお話や、本に書いてあることを実際に自分でやってみるか否かだけになりました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) CSSの勉強 2007年04月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) シックス・アパート「Movable Type 4」リリースの意義 2007年06月05日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 「Web標準の日々」1日目 2007年07月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) CMSライクにECサイトを構築する手法 2008年01月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年04月08日 02:09 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/877

このリストは、次のエントリーを参照しています: MT4LP5に参加しました:

» MT4LP5が終了しました。 from CSS Nite公式ブログ
2008年4月5日、ベルサール原宿にてMT4LP5を開催しました。400名ほどの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年04月08日 09:39

コメント

コメントしてください




保存しますか?