« 消えた年金(6)-有田芳生さんの所にも来た「ねんきん特別便」 | メイン | 消えた年金(8)-本当に消えてしまった年金、1541件 »

2008年03月23日

消えた年金(7)-もしも年金特別便が来たら...

 有田芳生さんへ、そして私の所にも来た「ねんきん特別便」。
 
  消えた年金(5)-年金特別便が来ました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・消えた年金(6)-有田芳生さんの所にも来た「ねんきん特別便」(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 実は先日ご報告した「ねんきん特別便」は、私自身ではなく私の親に宛てたものです。当初、ハッキリとした“漏れ”が思い当たらず、そのまま放置してあったのですが、先日(親が)社会保険事務所に行ってきました。
 
 厚生年金の一部に漏れがあったようです。
 
 
 報道によると、社会保険庁は3月21日、持ち主の判らない年金記録5,000万件のうち、コンピュータによる“名寄せ”の結果、持ち主がほぼ特定できた1,172万件に対する「ねんきん特別便」の発送を終えた、とのことです。
 
 しかし、3月4日現在、
   発送済み          約356万人
   記録を訂正した人     約33万人 (約9%)
   「訂正なし」と回答した人 約83万人 (約23%)

という結果だそうです。残り約240万人(約68%)は、未回答ということでしょうか。
 
 「訂正なし」と回答した人も、社会保険庁から電話・個別訪問で確認したところ、約8割に記録漏れがあったということです。

 
 そもそも、3月末迄に「ねんきん特別便」が届いた人は、記録漏れの確率が非常に高い(責任を恐れてか、社保庁は断言しませんが、ほぼ確実に)人のはずです。すべての年金受給者と現役加入者(現在、保険料を納めている段階で未だ受給年齢に達していない人約1億人のうち、上記で述べた1,172万件に該当する人にだけ、3月中に届くのですから。
 
 にもかかわらず、8割もの人が「訂正なし」と回答するとは、なんとちぐはぐなことでしょう。もっとも、それは無理からぬことです。「ねんきん特別便」を受け取った人なら判りますが、
 
 「ねんきん特別便」には“漏れ”の内容は記載されていない
 
のですから。
 
 
 そこでアドバイスですが、
 
 ねんきん特別便」が届いた人で、チョッと考えても何が“漏れ”ているのか判らない人は、すぐに社会保険事務所に行く
 
ことをお勧めします。電話(ねんきん特別便専用ダイヤル)ではなく、直接行った方がよいような気がします。もちろん第一義的には、「ねんきん特別便」に同封されている書類や、社会保険庁の下記ページなどをよく読んで従う事が重要です。
 
  社会保険庁:「ねんきん特別便」をお送りします。~あなたの年金記録の確認をお願いいたします~
 
 
 事実、私の親の場合も、社会保険事務所に行くと長時間待たされこそしましたが、順番が来ると「待ってました」とばかりに漏れ”の内容を教えてくれたそうです。
 
 そうです、社会保険事務所では、皆さんが来るのを待っているのです!
 
 
 “漏れ”の可能性のある記録を書いたものを「ねんきん特別便」として送ってくれたら、8割もの人が「訂正なし」とは回答しなかったと考える方も多いと思います。社保庁によると“なりすまし”などを防ぐために、現在の方法をとっているそうです。しかし、工夫の余地はいくらでもあるだろうとも思います。
 
  
 日本人はすぐ忘れやすい性格と言われますが、今回の“消えた年金”問題が、うやむやになって“消える”ことは決して無いだろうと思います。数年後に社会保険庁は“消えて”(組織が変って(注1))しまいますが、この問題がきちんと解決するまで職員の皆さんには、一瞬たりとも気を抜くことの無いようお願いしたいものです。
(注1) 昨年、この5,000万件の宙に浮いた年金問題が発覚した直後に、まるで逃げるようにこの法律が成立してしまいました。なす術も無く苦々しい思いで見ているしかなかったのは、私一人だけではないと信じています。
 
 
 4月以降は、私自身にも「ねんきん特別便」が来る可能性があります(いつ頃かはわかりませんが、必ず来ることになっています)。皆さんのところにも、必ず届きます(届かなければ社保庁の怠慢です)。
 
 なお、4月以降に届く「ねんきん特別便」の意味合いは、これまでとは異なり、留意すべきポイントも異なるハズです。もしそのような機会がありましたら、お知らせしたいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 消えた年金 2007年12月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 消えた年金(2)-キーワードは公務員に対する信頼性 2007年12月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 消えた年金(3)-年金は“助け合い”のため 2008年01月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 消えた年金(4)-年金問題の背後は国の借金問題 2008年01月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 消えた年金(5)-年金特別便が来ました 2008年03月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 消えた年金(6)-有田芳生さんの所にも来た「ねんきん特別便」 2008年03月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年03月23日 23:20 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/862

コメント

コメントしてください




保存しますか?