« プロバイダのお引越し手続きはされましたか? | メイン | 3月17日(月)AMNブロガー勉強会 »

2008年03月05日

外出先も自宅もイー・モバイル1つあればOK

 先日のエントリーの続きになりますが、今回は
 
外出先だけでなく、自宅でもイー・モバイル。インターネットは、これ1本(1回線)でOK」
 
ということについて、お話したいと思います。これはちょうど、一人暮らしの若者が、
 
「携帯電話1つあれば、固定電話はいらない」
 
と言うのと似ている感じがします(もっとも、これは若者に限った話ではありませんが)。
 
 
 モバイル通信サービスを利用している人の多くは、昼間はモバイル経由でインターネットにアクセスしていても、帰宅後は自宅の固定回線(ADSL、光、CATVなど)からアクセスしているのではないかと思います。
 
 そういう方に申し上げたいことは、
 
「自宅に帰ってきても、(外出先と同じくノートパソコンのモバイル環境で)そのままインターネットにアクセスしてはいかがですか」
 
ということです。このように申し上げると
 
 1.モバイルよりも、自宅の回線の方が速度が大きいから

 2.ノートパソコンは仕事用で、自宅では自宅のパソコンでないと用が足りない(例えば「お気に入り」など
 
などの声が聞こえて来そうです。このようにお答えになる方に、イー・モバイルを教えたくなります。私は決してイー・モバイルからの回し者ではありませんが、実際に使ってみて予想以上の実力に驚きました。

 
● 回線速度の問題
 
 上記1.(“自宅回線の方が速い”)に関しては、これ以上言葉を継ぐことが出来ません。ただし「本当にそうなのか一度確認してみては?」という言葉をお贈りしたいと思います。速度測定サイト(例:SPEED TESTなど)で実際に測定してみると、自宅回線の速度は案外低く、イー・モバイルの方が速いかも知れません。
 
 その目安は、およそ4~5Mbpsではないかと思います。もし自宅回線のスピードがこれ以下なら、イー・モバイルを契約して、固定回線の契約は解除してもよいくらいです(注1)。但しこれは回線速度が4~5Mbps程度であれば充分という人の場合です。もし高精細の映像コンテンツを見たいといった、より高速性が必要とされる用途をお考えの場合は、自宅回線は光などの高速回線を選択すべきです。
(注1) 実際にはADSL環境を完全に手放すのではなく、後述するようにセット割を利用してモバイル環境とADSL環境の両方を確保しておくことが望ましいのではないかと思います。
 
 
 以上のように回線速度がそこそこあればよいという人の場合、外出先も自宅もイー・モバイル1本でいけます。何故、このようなことが可能と言えるのか、それを支えているのは以下に記すイー・モバイルの特長にあります。
 
 1.高速モバイル通信
 
  上記(イー・モバイル1つあればOK)の要因の第1は、なんといっても高速であるということです。サービス開始当初は下り最大3.6Mbpsでしたが、最近下り最大7.2Mbpsに対応したデータカード(USB接続MODEMタイプ D02HW)が発売されました。私は契約が早過ぎたので3.6Mbpsですが、今契約する人は7.2Mbpsが選択できます(しかも同じ料金で。うらやましい)。
 
  ・イー・モバイル契約しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
  イー・モバイルの高速性の裏付けとなっているものは、HSDPAという技術にあります。イー・モバイルのモバイルブロードバンドサービスは、この通信規格を採用しています。
 
 
 2.定額制
 
  データ通信用途であれば当然ですが、基本的には定額制料金体系です。通信データ量と契約期間の組合わせにより料金が異なりますが、「データプラン・新にねん」の場合1ヶ月4,980円(定額)です。通信データ量がどんなに増えてもこれ以上料金はかかりません。
 
 
 3.セットサービス(ADSLサービス)と無期限セット割キャンペーン
  
  これはおまけですが、イー・モバイルのモバイルブロードバンドサービス契約者は、セットサービスとして「ADSLサービス」を月額1,500円で契約することが出来ます。このADSLサービスを契約することによって、モバイル通信環境だけでなく固定回線の環境も確保しておくことが出来ます。上で述べたこと(自宅も外出先もイー・モバイル1本で)と矛盾するように思えますが、何らかの障害に備えて2つ用意しておくのがベストと思われます。
 
 実はこれにはからくりがあって、“無期限セット割キャンペーン”というのがあります。上記のセット「ADSLサービス」の月額1,500円をずっと割引くというものです。これを適用すれば、実質0円でADSL回線が使用できます(2009年3月31日までにADSLサービスを開通した人が対象)。

 
 
 以上述べましたように、技術的にも営業的にもイー・モバイルの戦略が功を奏して、これに気付いたユーザーが徐々に増えつつあるように思います。
 
  イー・モバイルの戦略(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
● 複数台のパソコン所有の問題
 
 2.の“ノートパソコンは仕事用で、自宅では自宅のパソコンでないと用が足りない”という声に関しまして、実は私自身も自宅では(外出時に仕事で使っている)ノートパソコンを開きません。この件に関しましては、別のエントリーで申し上げたいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) イー・モバイルの戦略 2006年12月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) イー・モバイル契約しました 2007年11月08日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) ADSLの次はイー・モバイルという選択 2008年03月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年03月05日 22:02 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/841

コメント

コメントしてください




保存しますか?