« 我が家の梅が満開! | メイン | ADSLの次はイー・モバイルという選択 »

2008年03月01日

CGMは新たなステージへ

 ブログやSNSのような、いわゆるCGM、あるいはソーシャルメディアと呼ばれるメディア利用の様態が、新たな段階に入ったような気がします。今週お聴きした株式会社エイベック研究所武田社長のご講演に影響されてのことと思われます。
 
  六本木ヒルズで講演。(武田隆のCGMに進路を取れ)
  ・エイベック研究所 武田隆社長のお話を聴いてきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 何にでもすぐ影響され易いタイプですので、そう感じるのかもしれません。さっそく教室のレッスンで使わせていただきました。私どもの教室では珍しい20代の女性の生徒さんに、花王さんのGO GO pika★pika MAMAを、私の解説付きでご覧いただきました。
 
 私曰く。
 
数年前から始まったブログブームの結果、他の人が書いたものを読むだけでなく、自らもブログを書くという人が増えました。周りを見ても週3~4回以上ブログを書いている人が結構いるのではないでしょうか。ブログだけではなく、毎日mixiにログインする人の割合はもっと多いことでしょう。
 ただし書くことが大好きで毎日ブログを書く、今後そういう人が自分の周りの2人や3人に一人はいるという状況には、ならないのではないかと思います。毎日ということになると、ある程度のところ、例えば10~20人に一人位がいいところではないかと感じています。
 しかし、生まれたばかりの赤ちゃんを持つ若いお母さんなら、花王さんのコミュニティサイトに参加したいと思う人は、まだまだたくさんいるっしゃるのではないかと思います。赤ちゃんのことを誰かと話したり、お子さんの写真を掲載したりすることは楽しそうだと感じるのではないでしょうか。
 3~4年前にブログブームが始まった時と、現在とでは明らかに状況が変化しているような気がします。ブログやmixi、掲示板、価格比較サイトなどを読むことはもちろん、投稿することも普通になった、つまりCGM、あるいはソーシャルメディア利用の様態が成熟してきたということです。

 
 さらに
 
ブログを自ら開設して、お母さん仲間のコミュニティを構築することは、なかなか簡単ではありません。一方、花王さんのコミュニティサイトに参加すれば、すぐにでもたくさんのお母さん方との会話が楽しめます。そこには0歳児や1歳児の赤ちゃんを持っているという、同じ立場共通の興味・関心でつながる)のお母さん方が多勢いて、皆さんすでに盛り上がっているのですから。

 
 先日のエントリーをアップした直後に担当者の方からメールを頂き、エイベック研究所さんがサポートされたCGMの事例をお教え頂きました(以下、メールの一部を転載します)。
 
---------------------------------------------------------------------
 
◆花王様 「GO GO pika★pika MAMA」~はじめてママのくらし応援コミュ二ティ~
http://www.c-player.com/pikamama
※花王様のコミュニティがIBM主催 第一回企業ウェブ・グランプリ
マーケティング部門にて2位を受賞致しました!!

◆株式会社 ポッカコーポレーション 様 「レモン's キッチン」~レモンでいきいき!おしゃべりサイト!
http://www.c-player.com/lemon

◆ヤマハ株式会社 様 「おとなを、休む日」コミュニティ
http://www.c-player.com/holiday

◆株式会社ドクターシーラボ 様 「美的至福」コミュニティ
http://www.c-player.com/cilabo
 
---------------------------------------------------------------------

 
 
--- 関連情報 ---
(1) 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(3) 2007年07月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) エイベック研究所 武田隆社長のお話を聴いてきました 2008年02月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年03月01日 15:18 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/835

コメント

コメントしてください




保存しますか?