« 消えた年金(7)-もしも年金特別便が来たら... | メイン | 荒川沖の事件 »

2008年03月24日

消えた年金(8)-本当に消えてしまった年金、1541件

 毎日新聞の記事(3月22日(土)1面)によると、
 
 国民年金の加入者が領収書を持っているのに、コンピュータにも手書き台帳にも記録が無い「消えた年金」が、少なくとも1,541件あることが分った
 
とのことです。
 
 今までこのブログでも「消えた年金」というタイトルで掲載してきた5,000万件の問題は、コンピュータ上に存在するが、誰のものか分らない「宙に浮いた年金」の問題でした。ところが今回報じられたケースは、今までとは事情が異なり、“本当に”「消えてしまった年金」であるという点で、見過ごせない問題ではあります。

 
 冒頭の記事では、記録が消える原因は入力漏れや原簿の紛失など、とのことですが、職員による横領(着服)事件が原因である事例が多数に上る可能性がある、とのことです。
 
 以前、このシリーズでも申しましたが、今こそ社保庁職員ならびに一時期、年金業務に携わったことのある地方公務員の皆様の人間性に期待します。
 

 「消えた年金記録」に関して私自身は、社保庁はまだまだ隠していることが他にもあるのではないかと思っています。何故「消えた」のかについての過去の誤りの事例、社保庁職員の方自身も現時点では認識していないミスや原因を明らかにするためにも、過去の実際の仕事の仕方・詳細な手順、職場でのルールなどを具体的に公表して欲しいと思います。
 
 他人から暴露されてからオープンにするのではなく、自ら白日の下に晒して欲しい、特にすでに退職された元・社保庁職員の方々の人間性に期待します。

 
 その時、どんな仕事の仕方だったのか、知っている事があったら、聞かれる前に話してほしいと思います。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 消えた年金 2007年12月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 消えた年金(2)-キーワードは公務員に対する信頼性 2007年12月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 消えた年金(3)-年金は“助け合い”のため 2008年01月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 消えた年金(4)-年金問題の背後は国の借金問題 2008年01月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 消えた年金(5)-年金特別便が来ました 2008年03月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 消えた年金(6)-有田芳生さんの所にも来た「ねんきん特別便」 2008年03月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 消えた年金(7)-もしも年金特別便が来たら... 2008年03月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年03月24日 00:32 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/864

コメント

コメントしてください




保存しますか?