« たくろうの歌を録音したラジカセ | メイン | セ・パ両リーグで首位打者、江藤慎一選手 »

2008年02月27日

エイベック研究所 武田隆社長のお話を聴いてきました

 昨夜はアカデミーヒルズ49で行なわれたRoppongi BIZ オンラインビジネスセミナーに参加しました。講師は株式会社エイベック研究所武田 隆社長で、同社の「Avec12.0(サークルモールシステム)」についてご講演されました。
 
  オンラインビジネスセミナー 企業と顧客をつなぐCGMマーケティングの最新事例 ~CGMマーケティングのエキスパート・エイベック研究所の事業戦略~ 「CGMを味方につけるには?~あなたの会社を裏切らない1%の消費者~」(アカデミーヒルズ - Roppongi BIZ)
 
 
 先ずは、プレゼンの中で紹介された上記システムのユーザー事例の一部をご紹介します。
 
  「GO GO pika★pika MAMA」コミュニティ
  ・ポッカレモンクラブニュース
  ・JFN Circle Player

 
 
 次に、プレゼンの中で武田社長が使われた主なキーワードを紹介します。
 
  ・「20名
   モノを伝え合ったり、互いに何らかの関係を持つ集団において、20名というのが1つの分岐点だというお話です。関係構築し易いのは20名程度の集団で、それより多いと単なる情報交換の場になってしまうといいます。
 
  ・「(カテゴリー)関与度
   武田社長自身、自社のサービスを売り込む際、当初は「カテゴリー関与度」が高い企業が、双方向CGM利用に向いていると思ったそうです。実際に営業してサービス構築・提供してみると、そうでなくても行ける、というふうに考えが変わったとのことです。
   「自社の商品・サービスは双方向CGMには向いていない」と考えている企業が多いが、意外とそうではない(案外好かれている)とおっしゃっていました。
 
  ・「ヘテロニティ
   参加する個人の価値観、考え方全般に亘って共有することにより形成される「コミュニrティ」に対して、異なった考え方、異なった価値観を共有した個人が、ある一点の共通する興味・関心によって形成される共同体のことを、「ヘテロニティ」というそうです。
 
 武田社長は「20名」程度で構成される「ヘテロニティ」、すなわち“価値観と価値観でつながる”関係(単なる“情報交換”ではない)、を構築するために最適な方法が、Avec12.0により実現する自社CGMである、と結ばれました。

 
 セミナー後半は、いつもの通り株式会社ニューズ・ツー・ユー神原社長と武田社長によるトーク(Q&A)セッションです。
 
 「単発の仕事は請けない、継続して長くおつき合いできるクライアントさんと」、武田社長自身がプレゼンの冒頭でおっしゃった言葉から、神原社長のきびしい()質問の口火が切られました。
 
 神原氏:「『自社でCGMを開発したい』、という企業様に対しては、ASPのメリットをどう説明されていますか?」
 武田氏:「自社開発というのは難しいのではないか、その理由としては、バージョンアップを継続していかなければならないという開発費の問題、『作って()盛り上がる』というものではなく、それこそ『小さじ3杯』といった地道な人的作業とシステムがセットになっていなければならない、ということがある。」
 
 
 その他、神原社長や会場からたくさんの質問がありましたが、ここでは省略します。一つ印象的だったのは、「新しいサービスを考えるにあたり、1990年代に武田社長がWebの受託制作を通じて、その先にいる人たちを見据えた仮説を立てていたという経験が、現在の成功につながっているのではないか」と神原社長が水を向けた時です。
 
 それに答えて武田社長は、「1994年頃大学の先生が『すごいものを見せてやる』と言って、確かNASAのホームページを見せてくれた。ダイヤルアップのため、すごくゆっくりで、正直(内心)スゴいとは思わなかった。」というエピソードを話してくださいました。
 さらに「後になって、目の前のコンピュータが、NASAにあるコンピュータと今まさにつながっているのだ(“双方向”)ということを聞いて、本当のスゴさを知った。その後、1996年~1998年とWeb制作の仕事を続けていく中で悔しい思いもあった。自社ならでは、インターネットならではのサービスとは何かと考えた時、1994年頃に知った“双方向”がキーワードになった。」とおっしゃっていました。
 
 神原さんもおっしゃっていましたが、ホームページを作っているのだけれど、その先にあるものを常に考えていたことが、現在のエイベック研究所さんの事業につながっていることが、よく理解できました。
 
 
 毎回、興味深いお話を聴くことが出来、楽しみにしているRoppongi BIZ オンラインビジネスセミナーです。神原社長が選んでくださった次回のゲストは、ビーコンコミュニケーションズ株式会社渡辺 英輝氏、3月25日開催とのことです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) ブログマーケティング最新動向セミナー 2006年02月14日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「ブログ・オン・ビジネス」 2006年03月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 29manさん、カンヌ国際広告フェスティバルで入賞! 2007年06月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) フォートラベル(4travel)、請川さんのお話を聞いてきました 2008年01月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年02月27日 12:02 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/832

このリストは、次のエントリーを参照しています: エイベック研究所 武田隆社長のお話を聴いてきました:

» エイベック研究所の武田さんと熱いセッション from minako's blog
26日のオンラインビジネスセミナーは、エイベック研究所の武田さん。 企業向けCG... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月28日 08:31

» 企業と顧客をつなぐCGMマーケティングの最新事例セミナーレポート from ネットPR.JP - netpr.jp -
2月27日、アカデミーヒルズ49にて、「企業と顧客をつなぐCGMマーケティングの最新事例~CGMマーケティングのエキスパート・エイベック研究所の事業戦略~... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年02月29日 16:15

コメント

こんにちは!
私も毎回楽しみに出席してます。
一番前に陣取ってる1人です(笑

どうしても私は近視眼的な方に興味がいってしまうのですが、
やはり大きな流れを見つけたという点にもっと意識を向け
なければならないなぁと反省しきりです。。

投稿者 いせとる : 2008年02月29日 00:24

 いせとるさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

> こんにちは!
> 私も毎回楽しみに出席してます。
> 一番前に陣取ってる1人です(笑

 コミュニティリーダーの管理について質問された方ではないでしょうか。神原さんの企画といいますか、テーマ、ゲストの選択に乗せられて(?)、ついつい申し込んでしまいます(笑)。次回も楽しみですね。

投稿者 もりた : 2008年02月29日 10:46

コメントしてください




保存しますか?