« NHK教育TV「野村克也 逆転の発想」 | メイン | 意外にあなどれないアイ・オー・データの「Webパイロット」 »

2008年02月08日

「マウス・ポインタが砂時計のまま矢印に変わらない」(2)

 10日ほど前、あるお客様から次のようなご相談をいただきました。
 
 「パソコンを起動後、マウスポインタの形状が砂時計のまま変わらない。どうすればよいか。」
 
 その時は、シャットダウンの方法(ctrlキー+Altキー+Deleteキー 同時押下)をお教えして対処していただきました。翌日再びお電話があり、昨日と同じ状況とのことでした。なかなか、サポートに行けずご迷惑をおかけしていたのですが、今日訪問して対応させていただきました。
 
 
 以前、同じタイトルの記事をエントリーしました。しかし、今回は原因はもちろんのこと、現象そのものが異なりました。
 
  「マウス・ポインタが砂時計のまま矢印に変わらない」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・友人・知人とのつきあい方(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 

 
 以前のケースでは、マウスポインタをタスクバーに移動した時だけ砂時計の形状に変わる、でしたが、今回はマウスポインタが何処に有っても砂時計の形状でした。ず~っと変わりません。 
 
 ハードディスクのランプは、激しく点滅を繰り返しています。
 
 
 システムの復元でなんとかならないかと思い、復元ポイントを確認してみました。問題の日付の前後(2008年1月から今日まで)をチェックしましたが、「システムチェックポイント」(コンピュータがスケジュールに従って作成する復元ポイント)と「Software Distribution Service」(Windows Updateによるシステム変更の直前に作成される復元ポイント)のみで、特に問題のありそうなシステム変更はありませんでした。
 
 
 ctrlキー+Altキー+Deleteキーを同時に押下してWindows タスクマネージャを起して見ると、(ハードディスクが激しく点滅していることに呼応して)CPU使用率が2ケタ(数十%)を維持し、時折100%に達していました。数%(10%未満)が普通です。
 
 「プロセス」タブをクリックしてみると、「Jword2.exe」というプロセスのCPU(使用率)が、変動はあるものの大きなパーセンテージを示していました。「Jword2.exe」という名前の実行ファイルが、「JWord」というIE用のプラグイン・ソフトと関係あるものか否かは、残念ながら知識不足のため判りません。
 
 
 コントロールパネルのプログラムの追加と削除を見てみることにしました。
 
 「JWord プラグイン」とその上にもう1つ、「Jword」という名前の付いたプログラムは計2つありました(もう1つのプログラムは「Jword ・・・」といった名前でしたが、メモを採らなかったため正確に憶えておりません)。
 
 「JWord プラグイン」の削除を試みましたが、削除できない(表面上はIEは起動していないにも関わらず、IEの終了を促すメッセージが表示される)ため、もう1つのプログラムの削除をトライしたところ、こちらは削除できました。と同時にマウスポインタの形状が通常(矢印のみ)に戻りました。タスクマネージャの画面を見ると、問題のプロセスは消えています。念のため、パソコンを再起動して確認したところ問題ありませんでしたので、解決と致しました。
 
 
 今回のケースは、タスクマネージャによってプロセスの異常が見て取れるなど、比較的状況がハッキリしていました。しかし、「Jword2.exe」が何者か、どのような経路で侵入したのかなど、根本的な原因を調べるまでには至りませんでした。今後の課題といたします。
 
 
 なお、私どもは電話・メールなどオンラインのみによるサポートは行っておりませんが、お近くの場合は出張サポート可能です。よろしければ、お問合せくださいませ。
 
    ・IT屋もりた ウェブサイト http://it-ya.jp/
 
 
--- 関連記事 ---
(1) 友人・知人とのつきあい方 2006年9月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「マウス・ポインタが砂時計のまま矢印に変わらない」 2006年12月07日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年02月08日 18:18 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/815

コメント

コメントしてください




保存しますか?