« IE7、ようやく自動配布へ | メイン | 観音講(2) »

2008年02月01日

三越劇場でキンキンの映画上映

 キンキン(愛川欽也さん)監督の映画「いつも二人」が、東京・日本橋の三越劇場で上映されるそうです。
 
愛川欽也監督作品「いつも二人」
  「いつも二人」
 
  製作・脚本・監督
   愛川欽也
  出演
   愛川欽也
   任 漢香
   他
 
  日時
   4月7日(月) から 13日(日) 午前11時/午後2時/午後5時
 
  劇場
   三越劇場


 
 三越劇場で映画が上映されるのは、初めてだそうです。
 
 昨夜、浜松町にある文化放送メディアプラスで催された、上記作品の試写会(第3回キンサン映画祭)に行ってきました。ハガキで応募したところ、当選したのです。そのようにして選ばれた150名ほどの人が、文化放送12階の会議室に集まりました。
文化放送メディアプラス文化放送メディアプラス1階

 “キンサン”とは欽也さんのことではなく「キンキンのサンデーラジオ、略してキンサン」、文化放送で毎週日曜日の午後1時から生放送されているラジオ番組のタイトルです。昨夜は上映前にキンキンと、“キンサン”で相方を務めている伊藤佳子アナウンサーが、舞台に登場しました。
 
 伊藤佳子アナウンサーは、気象予報士として毎朝(月曜・火曜)「笑顔で、おは天!!」のパーソナリティも務めていらっしゃいます。初めて拝見しましたが、ラジオで聞く高い声とともに、スマートなスタイルが印象的でした。

 
 ところで「いつも二人」は、35年前の作品「さよならモロッコ」、一昨年の「黄昏れて初恋」に続く、愛川欽也監督の第3回監督作品だそうです。ロケ中にあったいろいろなエピソードを語ってくれました。盆踊りのシーンでは、エキストラが集まるかどうか心配したが、元々人口の少ない地元から予想を超える人が集まってくれたということです。
 映画は作ってからがまた、音楽はココに入れようとか(編集が)いろいろとあって面白いんだよ、と楽しそうに話されていました。
 
 
 キンキンを間近で拝見するのは、昨年の三越劇場「昭和26年・下宿神田屋」に続き、これで二度目です。昨年は本(黄昏れて初恋)にサインをして頂き、その上、一緒に写真まで撮っていただきました。
 
  サプライズ2 三越劇場「昭和26年・下宿神田屋」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 と思いきや、昨夜で三度目でした。高校生の頃、文化祭のゲストとして来校され、母校の大先輩である欽也さんのお話を聞いたことがあります。その頃欽也さんは、TBSラジオの「パック・イン・ミュージック」という深夜番組をやっていて、私もよく聞いたものです。
 その後、菅原文太さんと共演した映画「トラック野郎」シリーズが始まったことを思い出します。
 
 
 試写上映後、再びキンキンと伊藤アナウンサーが舞台に登場しました。さらに、主演女優の任 漢香さんも登場しました。映画に合わせた着物姿がとても似合っていました。また、映画と同様、笑顔の素敵な女性でした。
 
 
 ギスギスした世の中にあって、どの人の心にもあるやさしい気持ちを取り戻してくれる映画でした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) たくろうとキンキン 2006年12月31日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 愛川欽也監督「昭和26年・下宿神田屋」 2007年3月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) “やるマン”最終回 2007年03月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) サプライズ2 三越劇場「昭和26年・下宿神田屋」 2007年4月4日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 六本木と東京ミッドタウン 2007年4月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 「キンサン」ホームページ開設 2007年05月06日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) AM1134文化放送から封書が 2008年01月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年02月01日 01:58 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/808

コメント

コメントしてください




保存しますか?