« あみん@紅白 | メイン | 消えた年金(4)-年金問題の背後は国の借金問題 »

2008年01月03日

消えた年金(3)-年金は“助け合い”のため

 昨年暮れから書いている“消えた年金”シリーズ、第3弾は56歳で退職した団塊サラリーマンさんのエントリーを紹介します。
 
  年金をよく理解している女性 (56歳で退職した団塊サラリーマンの会社起業日記)
 
 
 “56歳で退職”さんの中に出てくる女性と同じで、私も「私の両親(ともに70代、年金受給者)のため」と認識した上で、国民年金保険料を払い続けています。正直なところ「両親が年金を貰っていなければ、私自身は国民年金保険料を払いたくない」と思ったことは何度もありますが、その都度思い留まってきました(もちろん、私自身が年金保険料を払わなくても両親は年金を貰い続けることが出来ることは知っていますが、そういうことではありません)。
 
 個人の資産運用が目的ならば、わざわざシンガポールに移住などしなくても、それほどハイリスクではない投資対象がいくらでもあります。
 
 もし“56歳で退職”さんのおっしゃるように、厚生労働省の
あなたの積んだ保険料は必ずかえってくる、しかも1.8倍になるから得ですよ
という見解が本当ならば、あまりにも私たちはバカされ過ぎています

 
 もう1つ、“56歳で退職”さんが提起している国の借金問題について、次のエントリーを紹介します。
 
  ネバダレポートはどうしても超えなければならない日本社会の壁(56歳で退職した団塊サラリーマンの会社起業日記)
 
 
 この件に関しては、引き続き次のエントリーで述べたいと思います。
 
  消えた年金(4)-年金問題の背後は国の借金問題(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 消えた年金 2007年12月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 消えた年金(2)-キーワードは公務員に対する信頼性 2007年12月23日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 消えた年金(4)-年金問題の背後は国の借金問題 2008年01月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2008年01月03日 18:40 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/777

コメント

もりたさん

明けましておめでとうございます。56です。年初からお互いに「難しい年金はねえだろ」と思われているんじゃないかと遠慮しいしい、この問題はひきますね。とまらないところがあるんですよね。数多くの人の怨念と怒りがつきあがってくるようなきがします。僕らはそんな悲劇なひとたちに動かされているんだとこのごろ思いますよ。

許せねえですよね、誰に怒っていいんだと途方にくれますね。

投稿者 56 : 2008年01月03日 21:30

もりたさん

明けましておめでとうございます。56です。年初からお互いに「難しい年金はねえだろ」と思われているんじゃないかと遠慮しいしい、この問題はひきますね。とまらないところがあるんですよね。数多くの人の怨念と怒りがつきあがってくるようなきがします。僕らはそんな悲劇なひとたちに動かされているんだとこのごろ思いますよ。

許せねえですよね、誰に怒っていいんだと途方にくれますね。

投稿者 56 : 2008年01月03日 21:31

 56さん、あけましておめでとうございます。
 
 私も正月早々この話題は書きたくなかったのですが、56さんのブログに刺激を受けて(言い訳け)、書いてしまいました。殺人など凶悪犯罪、教育と並んで、私たちにとって最も重要な問題と思っています。
 
 怒る先がわからないので、これからもとりあえず自分のブログに書いていきたいと思います。

投稿者 もりた : 2008年01月04日 17:32

コメントしてください




保存しますか?