« 消えたコメント-ブログの障害調査(2) | メイン | 金妍兒(キム・ヨナ)選手リード、浅田真央選手は出遅れ »

2007年12月14日

浅田真央選手 対 金妍兒(キム・ヨナ)選手の一騎打ちか?

 今週末に催されるスポーツイベントで気になっているものが2つあります。1つは、フィギュアスケート グランプリファイナル、もう1つは全日本実業団女子駅伝です。ここでは、フィギュアスケート グランプリファイナルについてご紹介します。
 
 
● フィギュアスケート グランプリファイナル
 
 10月から世界各地を転戦してきたフィギュアスケート グランプリシリーズ。全6大会の成績上位男女各6選手のみが出場できるグランプリファイナル、今年はイタリアのトリノで開催されます(現地時間12月13日~16日)。
 
  ISU Grand Prix Final
 
 注目は女子シングルです。過去2シーズン連続、日本からは3選手が出場しました(2005年 安藤 美姫、浅田 真央、中野 友加里、2006年 安藤 美姫、浅田 真央、村主 章枝)。世界上位6選手中、半数が日本選手です!!日本女子フィギュアスケートのレベルの高さを如実に語っています。
 
 先々週行なわれたグランプリシリーズ 第6戦(NHK杯)で、安藤 美姫選手はジャンプの失敗により4位に終わり、残念ながらグランプリファイナル出場は成りませんでした。その結果、今年日本からは浅田 真央、中野 友加里の2選手のみの出場となりました。
 
 
 安藤選手が出場できないため、この大会は浅田 真央選手と韓国のキム・ヨナ選手の一騎打ちと見られています。もちろん何が起こるかわかりませんから、他の4選手にもチャンスはあると思いますが、この2選手がずば抜けています。
 
 この2人を含め、出場選手は次の6選手です。
 
  ・カトリーナ・コストナー(イタリア) ・・・ 地元トリノの大学に通う大学生です
  ・浅田 真央(日本)
  ・中野 友加里(日本)
  ・キム・ヨナ(韓国)
  ・キミー・マイズナー(アメリカ)
  ・キャロライン・ジャン(アメリカ) ・・・ ニューフェイスです

 
 なお、各選手の名前の正確な英語表記は、次のページに書かれています。
 
  ISU Grand Prix Final 2008 Ladies Entries(ISU : Grand Prix)

 
 浅田 真央選手とキム・ヨナ選手、2人とも高校2年生の17歳で、トリノ・オリンピック後に世界トップレベルに登場してきました。正確には浅田選手の場合、2年前トリノ・オリンピック直前の大会で既に世界のトップに立っていました(2005年のグランプリファイナルに、15歳で優勝!)。そのため日本スケート連盟からISU(国際スケート連盟)にオリンピック出場年齢制限の特例適用の打診が行なわれたことは、記憶に新しいところです(もちろん特例は認められず、出場は叶いませんでしたが)。
 
 次のオリンピックまであと3年、この2選手が世界トップレベルを維持し続けているのかあるいは今は未だ無名の選手が頭角を現してくるのか非常に気になります。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 安藤美姫選手 グランプリファイナル出場権獲得 2006年11月19日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 浅田真央選手 史上最高得点で優勝 2006年12月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) フィギュアスケート 2006年12月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 全日本フィギュアスケート選手権(2) 2006年12月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 全日本フィギュアスケート選手権(3) 2006年12月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 安藤美姫選手優勝、浅田真央選手2位 2007年03月24日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(7) 2007-2008 フィギュアスケート グランプリシリーズ開幕 2007年10月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年12月14日 23:14 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/756

コメント

コメントしてください




保存しますか?