« Web2.0 EXPO Tokyo 2007 | メイン | 佐々木 翔、今別府 香里 両選手初優勝、舛田 圭太選手は3種目3連覇の快挙 »

2007年11月17日

Ruby on Railsに興味津々

 一昨日に続き昨日(16日 金曜)もまたWeb 2.0 EXPO Tokyo 2007の会場に行ってきました。
 
  Web2.0 EXPO Tokyo 2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 取上げるべき話題はたくさんありますが、私にとって次の2点は大きなインパクトがありました。
 
 ・Ruby on Rails
 ・Zimbra

 
 ここでは、昨日のセッションの中から、Ruby on Railsの話題をご紹介します。
 
 
● Ruby on Rails
 
 何らかの形でインターネットビジネス、Webアプリケーション開発に関与している方にとっては、「Web 2.0 EXPO」が開催されても、されなくても注目している技術とは思いますが、私は今回初めて長時間にわたって「Ruby on Rails」のお話をお聴きする機会を得ました。
 
 2日目もTim O'Reilly氏のセッションから始まりました。この日の対談相手はTwitterの共同創始者であるEvan Williams氏でした。

 
 Williams氏が起業と失敗の繰り返しの末、Twitter設立に至ったという話の中で、Twitterのユーザーの約20%が日本人であることが紹介されました。それと同時に、TwitterはRuby on Railsで開発されていることも教えていただきました。
 
 
 午後のセッションでは、株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)前田 修吾氏によるRuby on Railsの解説を聴きました。株式会社ネットワーク応用通信研究所は、プログラミング言語Rubyの開発者であるまつもと ひろゆき氏も在籍する、島根県にある会社だそうです。
 前田氏は株式会社ネットワーク応用通信研究所に在籍すると同時に、Rubyアソシエーションの副理事長も務められていらっしゃるとのことです。
 
 前田氏によると、Ruby on Railsとは、
 
  Rubyの
  Rubyによる
  Rubyのための
  Web Application Framework

 
ということです。
 
 Rubyはもちろん、まつもと ひろゆき氏が開発したプログラミング言語です。そしてRuby on Rails(あるいは単にRails)そのものは、デンマークのなんとかという人(名前はWikipediaなどで判ると思います)が、Rubyを前提として作った仕組みだそうです。効率良くWebアプリを開発できるということで、最近、世界的に注目されている技術(ツール)だそうです。
 
 Web Application Frameworkとは、Web Application(TwitterなどWeb上で動作するアプリケーション・ソフトウェア、つまりソフトウェア)の共通部分をFramework化したものです。言い換えれば、Ruby on Railsとは、Webアプリケーション・ソフトウェアの骨組(Framework)の部分を予め部品化しておくことにより、ソフトウェアの開発を容易にすることが出来る、Webアプリケーション・ソフトウェア開発環境の一つということになります。
 
 
 前田氏のお話は、前半が概念的なお話、後半は具体的なプログラム(Twitterに似たWebアプリ)をサンプルとして解説していただきました。前田氏は、1つ1つ詳しく、ていねいにお話してくださいました。Railsだけでなく、AjaxやRESTといった関連情報も解説していただき、初めての私でもこの日の2時間だけで、どういうものかよく理解できました。
 そして、Webアプリの開発そのものに興味が湧いてきました。いつか、と言っているといつになっても始まりませんが、チャレンジしてみたい分野です。

 
 なお前田氏から、次の参考情報もお教えいただきました。
 
[参考文献]
 ・RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発(Dave Thomas他著、オーム社) ・・・ 前田 修吾氏が翻訳された図書。Rails 1.2を前提に書かれているので、注意が必要。これから勉強や開発する人は、Rails 2.0以降のバージョンで開発した方が良いというコメントをいただきました。
 ・Ajax on Rails(Scott Raymond著、O'Reilly)
 
[参考サイト]
 ・RJSを使ってみる http://jp.rubyist.net/magazine/?0014-RubyOnRails
 ・REST入門 http://yohei-y.blogspot.com/2005/04/rest_23.html ・・・ YAMAMOTO Yohei氏のブログ
 ・Atom Publishing Protocol 日本語訳 http://www.ricoh.co.jp/src/rd/webtech/rfc5023_ja.html ・・・ RFC 5023。山本陽平氏による日本語訳

 
以上、前田氏からの参考情報でした。
 
 
 また、Web 2.0 EXPOに参加されたBlue Roundさんも同様の記事を書かれていらっしゃいます。
 
  Web2.0 EXPO 2日目(Blue Round)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) Web2.0 EXPO Tokyo 2007 2007年11月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年11月17日 23:56 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/726

コメント

コメントしてください




保存しますか?