« カレン・四家さんのブログマーケティングのお話を聞いてきました | メイン | アジア・フィルム・フェスティバル »

2007年11月01日

越谷市商工会工業部会視察研修会に参加しました

中小企業総合展2007 in Tokyo(東京ビッグサイト) 昨年に引き続き、越谷市商工会工業部会視察研修会に参加させていただき、東京ビッグサイトで開催されている「中小企業総合展2007 in Tokyo」を見てきました。昨年同様、貸切バスでしたので移動が非常に楽でした。
  「中小企業総合展」視察(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 今年も製造業を中心に多数の企業の展示がありました。たくさんの中からほんの一部ですが目を引いたものをご紹介いたします。
 
iTTV ・・・ インターストラクチャー株式会社
 
iTTV:初回入店の心理的バリアを取り除き、顧客を呼び込むデジタルメニュー(インターストラクチャー株式会社) 店頭の大きなディスプレイにメニューなどを表示することにより、飲食店への初回入店の心理的バリアを取り除き、顧客を呼び込むデジタルメニューということです。デジタルコンテンツ配信・表示システム「iTTV」と、デジタルメニュー制作サービスからなるソリューションです。

 こういうシステムの開発を私自身、過去に経験したことがあります。ある地方ラジオ局の番組編成・送出システムです。
 
 また私どもの店舗のある三ノ輪銀座商店街には、アーケードに“ジョイフルビジョン”とよばれる巨大モニターが3基設置されています。商店街の各店舗が自店で作成したコンテンツ(静止画、動画など)をサーバーにアップロードすると、スケジューリングされてモニターに表示されます。
 
 脱線しましたが、これらのシステムのよいところは、コンテンツ(デジタルメニュー)の編集権を自店が持っているという点です。Webサイトでは当たり前のことですが、街中の大型モニターなどではそのような活用のされ方は未だ少ないのが実情です。今後、こういうシステムが普通になる(手軽になり、その結果普及する)ものと思われます。
 
 
● ナレーション作成ソフト + 音声合成ソフト ・・・ 高電社
 
ナレーション作成ソフト + 音声合成ソフト(高電社) 日本語-韓国語、日本語-中国語などの翻訳ソフトで有名な高電社のブースがありました。テキストファイルを音声で読み上げるソフトのデモを行なっていました。
 テキストを音声に変換して読み上げることは、IBM社のViaVoiceなどのソフトウェアにより10年位前からジャンルが確立しています。高電社のデモは、読み上げる文章の原稿(シナリオ)を日本語で入力すると、日本語・英語・中国語・韓国語のいずれかに翻訳して読み上げてくれるというスグレモノでした。日中・中日、日韓・韓日翻訳ソフトを長年開発してきた同社ならではのソフトです。

 なお、このソフトはPENTAX社からVOICETEXTというブランド名で、出荷されているということです(ナレーション作成ソフトウェアがSpeech Maker、音声合成ソフトウェアがVOICETEXTです)。
 
 
 上述しましたように中小企業総合展は製造業の出展が圧倒的に多いのですが、仕事柄どうしてもシステム的、ソフトウェア的な製品に目がいってしまいます。次の2社の展示もそのような分野です。
 
 中小企業、店舗に於いてもホームページを持つことは最早当たり前の時代になりました。今回の出展者の中でも、ホームページが無い企業は皆無と思われます。あらためて「ホームページがありますか?」などと問う人はなく、空気のような存在になりつつあると思います。
 
  企業向けパソコン講座に関する一考察(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 ホームページは外部に委託して何とかして制作したものの、更新しなければ誰もアクセスしなくなってしまう。更新したくても社内に詳しい人間はいない、いたとしても人と時間を割く余裕は無いという悪循環に陥ってしまうケースが非常に多いと思います。
 
 上記の悪循環の解決策として、ホームページ制作ソフトではなく、ブログサービスを利用してホームページを作成したり、Movable Type EC PackBlogn(またはBlognPlus)といった一種のCMS(Contents Management System)を使用して、自社ホームページを作る試みも一部にあります。
 
 次の2社もそのような提案の一種です。ホームページの更新を容易にするためにCMSを内包したサービスです。
 
infoDNN ・・・ 株式会社インフォネット
 
 同社のパンフレットによると、商用コンテンツ管理システム infoDNNというそうです。サービス提供形態はASP(あるいはSaaS)です。自社サーバーは必要なく、クライアントPCと契約のみでサービス利用開始できます。
 
 このシステムの特徴はAjaxという技術を取り入れていることです。ページ内のレイアウトの変更(テキスト枠、画像の移動等)を、HTML(XML)ソースの編集ではなく、グラフィカルに(従って直感的に)行えることを、見せていただきました。
 
 あくまでちょっと見ただけで感覚的なことですが、パソコンでホームページ制作、更新などに不慣れな人には、なじみにくいのではないかと感じました。良い技術をそのまま食卓に並べるのではなく、もう少し使用者毎に料理の仕方を変えて出すことが必要と感じました。これからのバージョンアップに期待します。
 
 逆に言えば、このサービスはホームページ制作に精通した人にとってこそ、強力な省力化のツールとなると感じました。そういうコンセプトで開発されたのかもしれません。

 
CMS ・・・ 株式会社HARMONY
 
 その名はズバリCMS、これ以上説明の要らないサービス名です。
 
 あくまでパンフレットによると、店舗・会社名、メールアドレスなど企業プロフィールの入力、レイアウト、背景色、文字色等の選択などを行なえば、ホームページが作成できてしまう(所要時間15分:同社パンフレットによる)ということです。
 
 オンラインショップ/メールフォーム/フリーコンテンツ/クーポン券発行/特定商法取り扱い 各ページ作成ができ、Googleマップ/動画アップロード/携帯電話からの更新が出来るとのことです。
 
 上級タイプの機能として、予約管理システム/アンケート/アクセス解析/メールマガジン登録・発行が実現できるということです。
 
 株式会社インフォネットのinfoDNNに比べて、初心者向きであると感じました。店舗、(小さな)会社がターゲットであるためと思われます。
 
 なお、同社(株式会社HARMONY)は、企業向けCMS製品であるCCMS、SNS型eラーニングシステムなども構築しているようです。
 
 
 以上はシステム関連企業の紹介でしたが、製造業でも「これは!」と目を見張る製品や技術が多数展示されていました。明日まで開催されていますので、ご覧になってはいかがでしょうか。
 
  中小企業総合展2007 in Tokyo
   11月2日(金) 10時00分 ~ 17時00分 東京ビッグサイト 東5・6ホール [地図

 
 
 昨年は、こしがや産業フェスタを目前にして準備に控えての研修でした。今年はゆっくりとした気分で見学できた研修会でした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 企業向けパソコン講座に関する一考察(2) 2006年07月26日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「中小企業総合展」視察 2006年11月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年11月01日 23:50 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/716

コメント

コメントしてください




保存しますか?