« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月30日

こしがや産業フェスタ 展示物搬入

 明日開幕するこしがや産業フェスタ2007の出展のため、展示品の搬入に行ってきました。展示品といっても私どもには販売する商品がありませんので、パソコン等の設置やインターネットアクセスなど、事前テストを実施してきました。
ブースの飾り付けと、インターネットアクセスのテストを完了したところ
 ブースの飾り付けと、インターネットアクセスのテストを完了したところです。

 机とパソコンだけでは殺風景なので、ご覧のとおりバックに大きな絵を飾りました。横270cm×縦180cm、A4用紙で81枚(横9枚×縦9枚)のビッグサイズです。今までデジタルカメラで撮影した写真をくっつけただけですが、昨夜一晩かかりました。
横270cm×縦180cmの大きな絵を、バックに貼りました。Photoshop Elementsで制作した原画です。
 横270cm×縦180cmの大きな絵を、バックに貼りました。Photoshop Elementsで制作した原画です。原画はもちろん実寸大です。

 
 肝心な展示内容ですが、当初計画していた3つのテーマ(1.テレビのリモコンやゲーム機(任天堂Wii)を用いたホームページ閲覧の勧め、2.キーボード無しパソコン、3.あいうえお順キーボード)のうち、2.と3.は取りやめにしました。
 
 普段PCやインターネットになじみのない方に、Wiiリモコンによるホームページ閲覧の快適さを体験していただくことに絞りました。
 
 また、決して狭くは無い会場内で、インターネットにアクセス出来るブースは、私どもを除いてほとんどありません。普段、職場や自宅でインターネットにアクセスしている方には、街中のネットカフェや無線LANスポット感覚で立ち寄っていただければと思っています。今の時代、このような大規模(中規模?)イベントでは、インターネットにアクセスできるブースが1ヶ所くらい必要なハズです。

続きを読む "こしがや産業フェスタ 展示物搬入"

投稿者 もりた : 23:21 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月29日

いよいよ明後日「こしがや産業フェスタ2007」

 明後日にせまったこしがや産業フェスタ2007。今頃は出展準備に追われているハズでしたが、以前から調子の悪かった自宅のメインコンピュータの世話に手を焼き、時間を浪費しています(単にCドライブの空き容量が不足のため、容量の大きいハードディスクに移行作業中)。
 
 今朝の新聞にも折込みチラシが入ってきました。
今日(2007年11月29日)の朝刊に入ってきた「こしがや産業フェスタ2007」の折込みチラシ
 農産物の品評会と即売、市内の事業所PR、伝統的手工芸品の展示などが行われます。また昨年同様、5,000人分のこしがや鴨ネギ鍋をはじめ、ものつくり体験や地場産業体験コーナー、アリーナステージにおける和太鼓演奏・マジックショーなどもあります。

 
 昨年の模様、特にステージの様子を以下に掲載いたします。
 
  こしがや産業フェスタ2006開幕(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・こしがや産業フェスタ2006会場から(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・こしがや産業フェスタ2006 2日目(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・こしがや産業フェスタ2006会場から(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・こしがや産業フェスタ2006会場から(3)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・こしがや産業フェスタ2006出展者ブースコンテスト(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 今年新たな出し物として、越谷出身の「日本一の力持ち 三ノ宮卯之助 生誕200年」にちなんで、「深川の力持ち」公演が、NPO法人 越谷市郷土研究会の協力で実現しました!
 
  12月2日(日) 11時20分 から 12時10分  越谷市立総合体育館 第一体育室 ステージにて

拡大地図を表示
 
 三ノ宮卯之助については、今年8月 高崎 力先生のご講演でもお話を伺いました。
 
  越谷市郷土研究家・高崎 力先生(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 めったに無いチャンスと思いますので、ぜひご覧いただくことをお勧めいたします。

続きを読む "いよいよ明後日「こしがや産業フェスタ2007」"

投稿者 もりた : 18:01 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月28日

NHK「ザ☆ネットスター!」を見ました

 先程放映されたNHK-BS2「ザ☆ネットスター!」を見ました。NHKらしい番組でした。
 
  【お知らせ】「ジョジョ立ち」「ロリ校長」も NHK BSで「ネットの面白さ発掘」番組(ITmedia News)
 
 
 番組の中で何かを“やる”のかなと思っていましたが、話題となっているサイトやコンテンツの紹介が中心でした。しかし、結構面白かったです。
 
 TBSのスポーツドキュメンタリー番組「情熱大陸」のテーマソングを、いろいろな楽器を使って一人で演奏する「一人で情熱大陸とかセッションしてみた(YouTubeニコニコ動画)」や、不特定多数でお話を作っていく「ロリ校長」、「ジョジョ立ち」、「ゾンビーズ」などが紹介されました。
 
 いろいろな職業の人で構成された「ゾンビーズ」というグループは、本業とは関係なくローカルで活躍していたのが、ネットのせい(お陰)で全国区になってしまい、全国各地から出演依頼が来るようになってしまったという、ネットとリアルの微妙な関係の例です。
 
 沖縄在住の宮良さんが拾って飼っていた「ふちゃぎ」という猫が行方不明になってしまい、遠く東京の人が「ふちゃぎ 早く帰ってきますように」という願いを絵馬にして神社に奉納するというのは、ネット時代だからこその現象です。

続きを読む "NHK「ザ☆ネットスター!」を見ました"

投稿者 もりた : 00:53 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月27日

NHK「ザ☆ネットスター!」

 今夜この後22時30分からNHK-BS2で「ザ☆ネットスター!」という番組が放送されるそうです。
 
  ・NHK 番組たまご 「ザ☆ネットスター!」(NHKオンライン)
 
 
 数週間前から番組宣伝されていました。出演者の中に「ネットで人生、変わりましたか?」の著者・ITmedia News記者 岡田 有花さんの名前がありましたので、注目していました。
 
 
 「ネットで人生、変わりましたか?」は、岡田さんがネットニュースサイトの記者として、ネットビジネスに携わるさまざまなビジネスパーソンを、「ネットで人生、変わりましたか?」という視点で取材し、ITmedia Newsに掲載した記事を1冊にまとめた本です。
 
 6月ごろ書店でタイトルに惹かれて購入しました。今までネットビジネスのプレイヤーを取材した本では、ビジネスやテクノロジーの面から取材対象を写したものが多いのですが、この本はビジネスやテクノロジーという先入観を出来るだけ抜きにして取材している姿勢が伝わってきます。
 
 普段インターネットやITの仕事の中に埋没しているビジネスマンにとっては、自分の頭をニュートラルに出来る本だと思います。

続きを読む "NHK「ザ☆ネットスター!」"

投稿者 もりた : 21:37 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月25日

モバイル端末1つで複数台PCのインターネット接続環境を実現

 いよいよ今週末 12月1日(土)、2日(日)に迫ったこしがや産業フェスタ2007への出展準備を進めています。先日もご紹介いたしましたが、こしがや産業フェスタの会場はインターネット接続環境がありません。
 
  秋葉原で買い物(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 イー・モバイルのモバイル端末を契約して、パソコン1台のインターネット接続環境は確保しましたが、私どもの業種柄、インターネットにアクセスできるパソコンが1台では展示の目的が果たせません。
 
  イー・モバイル契約しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 そこで、イー・モバイルの端末を使用していない他のパソコンも、インターネットにアクセスできるようなネットワークを構築することにしました。

続きを読む "モバイル端末1つで複数台PCのインターネット接続環境を実現"

投稿者 もりた : 23:40 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月23日

NHK「街道てくてく旅」

 NHK-BSハイビジョン・チャンネルで、毎晩11時から「街道てくてく旅」という番組が放送されています。プロ卓球選手の四元 奈生美選手が東京・日本橋から仙台まで、徒歩で踏破するという企画です。ちなみに番組のブログもあるようです(街道てくてく旅ブログ)。
 
 9月に出発して毎日10km前後ずつ前進します(平日のみ)。約2ヶ月に及んだ旅が、今朝8時に仙台に到着します。
 
 実は夜の番組(昼間歩いた結果を夜放送するもの)と思っていたのですが、朝の番組だったことを一昨日になって知りました。今日最終回の模様(仙台城下 青葉山公園(仙台城址))が、午前8時から8時20分まで、NHK-BSハイビジョン および NHK-BS2で放送(生中継)されます。

続きを読む "NHK「街道てくてく旅」"

投稿者 もりた : 00:48 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月22日

明日は一葉忌

 毎年11月23日「勤労感謝の日」は、樋口 一葉の命日「一葉忌」でもあります。昨年も命日(11月23日)に東京都台東区竜泉にある一葉記念館を訪れましたが、今日は一日早く行ってみました。
 
  一葉忌(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
一葉祭が催されている台東区立一葉記念館
 例年と同じく“一葉祭”が行われていました。明日まで入館料が無料だそうです(入館時間は午後4時半までですので要注意)。

台東区立一葉記念館。格子戸のようなデザインがユニーク 樋口 一葉は中学校(小学校?)の歴史や国語で習ったので、もちろん知っていましたが、私が現在のように強い関心を持ち始めたのは、約10年前です。勤労感謝の日に、ここ一葉記念館(建替える前)で一葉の書簡や未稿(小説の下書き)を目にし、「なんと美しい字を書くのか」と思いました。くずしてあるので私には読めませんが、しろうとながらにその美しさは判りました。

 
 衝撃に追い討ちをかけたのは、僅か24歳という若さで亡くなったことです。短い一生のうちに「たけくらべ」や「にごりえ」など、後世に高く評価される文学作品を残したことはもちろん、こんなに上手な字を残していたことを初めて知りました(さらに多くの文学作品を生み出していたことは、後に知りました)。「なんと密度の濃い人生であることか」当時40歳くらいだった私は、自分がいかに何もしていないかということを思い知らされた気がしました。
 
 その後、4年ほど前からこの近くでパソコン教室を始めることになり、年に一、二度ではありますが、足を運ぶようになりました。

続きを読む "明日は一葉忌"

投稿者 もりた : 23:20 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月20日

製品やサービスのUIを変えてはいけない!

 1つ前のエントリーでYahoo!天気情報の操作方法の変更に関して、ユーザーインターフェイス(UI:User Interface)に対する私の考えについて言及しました。
 
  Yahoo!天気情報の操作方法が変わってしまった(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 前のエントリーでYahoo!天気情報の場合は、ユーザーインターフェイス(UI)の変更についていくことが苦手な方と、そうでない方のために、UIを2つ(に分けて)用意した方が良いのではないかと提案しました。私がそういう考えに至る過程で、以下のような経緯があります。
 
 
 Microsoft Office 2003から2007 Microsoft Office Sysytemへ、ユーザーインターフェイス(UI)が大きく変わったのを目の当たりにした一年位前にも、今回と同じようなこと感じました。
 
 製品やサービス(のUI)の提供者側にいる人は、今までのUIの(設計的な)不備や不便さが、次のバージョンをリリースするまで、ずーっと気になっています。そのため、新しいバージョンの設計ではその点を先ず変えたくなります。あるいは、他社製品・サービスとの競争など戦略的な理由により、UIを変える場合もあります。
 
 一方、製品やサービスの利用者側の中には、せっかく慣れてきたUIが、新しいバージョンが出る度に変わってしまうことに不満を持つ人が少なくないことも事実です。たとえ悪い設計やUIであっても、長期間継続的に使い続けることにより、そのUIに慣れてしまっているのです。むしろ設計者が悪いと感じているUIの方が、利用者側にとっては当然に思えるように変化してしまっているのです。
 
 つまり製品やサービスのユーザーインターフェイスは、基本的には変えてはいけない!のです。
 
 
 もちろんゲームソフトなどエンターテインメント関係の製品・サービスといった分野では、機能はまったく変わらなくても、新しいユーザーインターフェイスを好むユーザーはいます。営業戦略的にも、むしろ積極的に新しいUIを採用していかなくてはいけない場合も多いでしょう。
 
 上記の“基本的に”という意味は、あきらかに致命的なUI上の不備がある場合です。誰が使ってもつまずくような操作など、変更部分を局所に限定すべきです。
 
 まったく新しい機能追加の場合は、その部分だけ新しいUIを採用しても良いかもしれません。機能追加・変更は無いがUIを変えたい場合は、思い切ってUI全体を変えてしまうという手もあります。この場合は、従来のUIと新しいUIの2本立てにするという配慮の有無が、提供者側に対するユーザー側のその後の評価に大きく影響するものと思います。

続きを読む "製品やサービスのUIを変えてはいけない!"

投稿者 もりた : 20:24 | パソコン | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

Yahoo!天気情報の操作方法が変わってしまった

 Yahoo! JAPAN トップページにある“天気”をクリックして表示されるYahoo!天気情報の操作方法が変わってしまいました。数日前から、Yahoo! JAPANのトップページに「Yahoo! JAPANの新しいトップページ(ベータ版)公開中!」というバナーが表示されていることは知っていました。
 
 今回のYahoo!天気情報の操作方法変更は新しいトップページの公開と、直接は関係無いようですが、間接的には関係があるのかも知れません。
 
 
 私どものパソコン教室に来られた生徒さんから、いつものように週間天気情報(Yahoo!天気情報 各地域のページに表示される週間天気予報)が見られないという質問が出ました。その生徒さんは週一回来店され、株価情報検索と天気(Yahoo!天気情報の週間天気)、ニュース(Yahoo!ニュース)を見て帰られます。
 
 
 どうしたんだろうと思って見てみますと、Yahoo! JAPANのトップページの“天気”をクリックする(下左図)と、日本地図が表示される(下右図)ところまでは今までと同じです。
Yahoo! JAPANトップ画面にて「天気」をクリックするYahoo!天気情報の画面。日本地図が表示される

 ここで東京をクリックすると、今までは関東甲信越の地図のページに遷移しました。ところがここで“東京”をクリックしようとしてマウスオーバーすると、今までと違って今日・明日・明後日の天気が表示されてしまいます(下図参照)。たしかにこれではどこをクリックしてよいか判りません。
「東京」をマウスオーバーすると、今日・明日・明後日の天気が表示される

 明日や明後日をクリックするとそれぞれの日の最高・最低気温、湿度が表示されるだけで、関東甲信越のページには遷移しません(しかも明日というボタンの下に最高・最低気温が、明後日というボタンの下に湿度が表示されるので、気温は明日の情報、湿度は明後日の情報と勘違いされかねません)。
「明日」や「明後日」をクリックしても、次の画面(関東甲信越の地図)に遷移しません

 (教える側の立場ですから当然ですが)少し触ってみて、今日というボタンの下にある天気のマークをクリックすればよいことが判りました。
「今日」の下に表示されている天気のマーク(下図の例では晴れのち曇り)をクリックすることにより、次の画面(関東甲信越の地図)に遷移します
 「今日」の下に表示されている天気のマーク(左図の例では晴れのち曇り)をクリックすることにより、次の画面(関東甲信越の地図)に遷移できます。

 クリックすると関東甲信越のページに遷移できました(下左図)。このページでも“東京”のところにマウスを持っていくと、今日・明日・明後日の天気が自動的に表示されます(下右図)が、上記と同様に今日というボタンの下の天気のマークをクリックすれば次のページに遷移します。
関東甲信越の画面に遷移できましたこの画面でも、「今日」の下に表示されている天気のマークをクリックすることにより、次の画面に遷移します

 このようにして東京都のページで“東京”の今日の下にある天気マークをクリックすれば、今までに似た週間天気予報ページ(今日の天気と明日の天気だけ大きく、その先一週間の天気は下に表示されるページ)が表示されます。
「東京」のページで、三度(みたび)「今日」の天気のマークをクリックしますようやく「東京」の「今日」、「明日」と「週間天気」の画面が表示されます

 
 Adobe FlashAjax2010年3月16日 訂正の技術を用いた振る舞いにページ設計を変更した(してしまった)ようです。ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると、1つ前(東京都の地図)の画面ではなく、Yahoo!天気情報の先頭(日本地図)の画面に戻ります(下左図)。「戻る」ボタン横の▼をクリックして履歴を確認することにより、途中(関東甲信越から東京都まで)の画面遷移が、ページ全体の更新(再表示)ではなく、部分更新だったことがわかります(下右図)。
ブラウザの「戻る」ボタンをクリックすると、1つ前の画面(東京都)ではなく、Yahoo!天気情報のトップ画面(日本地図)に戻る履歴を確認すると、必ずしもマウス1クリック毎にページ遷移が発生しているわけではないことがわかる

 ほとんどのPCユーザーにとって、あまり問題ではないのかもしれません。ほんの数秒から10数秒程度触れば、特にヘルプ情報などなくても判ると思います。
 
 しかし個人差はありますが、60代、70代、80代以上のPCユーザーの中には、誰かに教えられるまでわからない方も少しいらっしゃるのではないかと感じました(PC利用経験が短い方だけでなく、長い方でも)。“少し”と申しましたが分母(閲覧者数)が大きいYahoo! JAPANですので、絶対数としてはかなりのユーザー数ではないかと思います。

続きを読む "Yahoo!天気情報の操作方法が変わってしまった"

投稿者 もりた : 20:20 | インターネット | コメント (1) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月19日

第61回全日本総合バドミントン選手権大会のビデオ

 昨日行われた第61回 全日本総合バドミントン選手権大会のビデオを、YouTubeにアップロードしました。
 
 第2試合、女子ダブルス決勝戦 選手入場の場面です。いわゆる“オグシオ”フィーバー(主にマスメディアなどの取材陣側)によりたくさんのカメラが殺到しました。

 
 
 第4試合、女子シングルス 初優勝した三洋電機 今別府香里選手がドロップショットを決めたシーンです。相手コート奥深く放たれるドライブ気味のクリアも注目に値します。

続きを読む "第61回全日本総合バドミントン選手権大会のビデオ"

投稿者 もりた : 12:22 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月18日

佐々木 翔、今別府 香里 両選手初優勝、舛田 圭太選手は3種目3連覇の快挙

バドミントンの全日本総合選手権が行われた、東京渋谷区の代々木第二体育館
 バドミントンの全日本総合選手権が、東京渋谷区の代々木第二体育館で行われ、観戦に行きました。今日は全種目(5種目)の決勝戦が行われ、全試合を見てきました。

 5試合中4試合がフルセット(3セット)にもつれ込む接戦でした。
 
 また、3種目が初優勝というフレッシュな戦いでした。
 
 また、混合ダブルスで優勝した舛田 圭太選手が、過去の戦績も含め、異なる3つの種目で3連覇を成し遂げるという快挙を達成しました
 
 
 今日の試合、最も印象に残ったことは観客の皆さんのマナーの良さです。「カメラのフラッシュを焚かない」、当たり前のことですが、9月に行われたYONEX OPENでは再三再四の場内アナウンスにも関わらず最後まで守られませんでした。
 
 バドミントンの場合、シャトル(羽根)が白色で、しかも初速200Km/秒を超える速さですので、フラッシュの光や、出入り口開閉時の空気の流れの変化は、競技そのものを無にしてしまいます。今回は本当に良かったと思います。
 
 
 さて、試合結果は次の通りでした(以下、試合実施順に)。
 
1.男子ダブルス
 
 舛田 圭太・大束 忠司組(トナミ運輸) 1 対 2 川口 馨士・川前 直樹組(NTT東日本)
 
 川口・川前組は初優勝です。舛田 圭太選手は、この後の混合ダブルス決勝にも出場しました。
 
 
2.女子ダブルス
 
 小椋 久美子・潮田 玲子組(三洋電機) 2 対 1 末綱 聡子、前田 美順組(NEC九州)
 
 昨年の決勝戦と同じ顔合わせです。接戦でしたが最後は小椋・潮田組が勝ち、全日本総合4連覇を達成しました。人気沸騰中の2人ですが、4連覇は伊達には出来ません。
 
 昨日のインタビューで潮田選手が言っていましたが、我慢したことが競り勝った要因だと思います。単にスマッシュやドロップといったエースを狙うのではなく、一本一本のクリア(相手コート後方へのショット)を辛抱強く返していった結果と見ました。
女子ダブルス決勝 小椋・潮田組(三洋電機所属。向こう側) 対末綱・前田組(NEC九州。こちら側)

3.男子シングルス
 
 佐藤 翔治(NTT東日本) 1 対 2 佐々木 翔(北都銀行)
 
 大方の予想をくつがえし、この大会、佐藤選手の5連覇を阻止し、佐々木選手が初優勝しました。
 
 ところで前の2試合ダブルスを見た後の試合だったため、スピード感に落差がありました。ダブルスのスピード感は現場、特にコートの横方向から見たことがないと判りません。テレビの中継は縦方向に撮影してしまうので、距離感が伝わらないと思います。
 
4.女子シングルス
 
 今別府 香里(三洋電機) 2 対 0 後藤 愛(NTT東日本)
 
 両者共に初の決勝進出というフレッシュな対戦でした。今別府選手が圧倒し、初優勝しました。
 
 今別府選手をみていて、(バドミントンに限らず)久々に力のある若い元気な選手を見たと感じました。
 
 今別府選手は社会人3年目だそうです。プレーを見て感じたのは
 
  ・深いクリア(相手コート深く高く放つショット。正確にはハイクリアという)
  ・大きなフォームで高く放つサーブ ・・・ シングルスの試合ではロングサーブが多いものの、普通の選手は少しショートサーブも混ぜるのが一般的です。この試合、今別府選手はすべてロングサーブ、しかも彼女独特の高いサーブでした。その徹底ぶりに感心しました。
  ・鋭く落ちる(曲がる)ドロップショット
  ・ヘアピンなどネットプレーや、イン/アウトの見極め(選球眼)はまあまあ(普通以上)
 
 特にドロップショットは彼女の得意技(決め球)ではないかと思いました。今日の試合でも、スマッシュや相手のミスなど得点を決める一つ前のショットとして効いていました。
 
 彼女を野球選手に例えると、本格派右腕ピッチャーという感じです。決め球であるドロップショットは、さしずめ“江川 卓投手のカーブ、松坂 大輔投手のスライダー”というところでしょうか。
 
 今すぐではありませんが、今後彼女の名前がメディアに登場する機会が増えるものと予想します。

続きを読む "佐々木 翔、今別府 香里 両選手初優勝、舛田 圭太選手は3種目3連覇の快挙"

投稿者 もりた : 22:50 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月17日

Ruby on Railsに興味津々

 一昨日に続き昨日(16日 金曜)もまたWeb 2.0 EXPO Tokyo 2007の会場に行ってきました。
 
  Web2.0 EXPO Tokyo 2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 取上げるべき話題はたくさんありますが、私にとって次の2点は大きなインパクトがありました。
 
 ・Ruby on Rails
 ・Zimbra

 
 ここでは、昨日のセッションの中から、Ruby on Railsの話題をご紹介します。
 
 
● Ruby on Rails
 
 何らかの形でインターネットビジネス、Webアプリケーション開発に関与している方にとっては、「Web 2.0 EXPO」が開催されても、されなくても注目している技術とは思いますが、私は今回初めて長時間にわたって「Ruby on Rails」のお話をお聴きする機会を得ました。
 
 2日目もTim O'Reilly氏のセッションから始まりました。この日の対談相手はTwitterの共同創始者であるEvan Williams氏でした。

 
 Williams氏が起業と失敗の繰り返しの末、Twitter設立に至ったという話の中で、Twitterのユーザーの約20%が日本人であることが紹介されました。それと同時に、TwitterはRuby on Railsで開発されていることも教えていただきました。
 
 
 午後のセッションでは、株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)前田 修吾氏によるRuby on Railsの解説を聴きました。株式会社ネットワーク応用通信研究所は、プログラミング言語Rubyの開発者であるまつもと ひろゆき氏も在籍する、島根県にある会社だそうです。
 前田氏は株式会社ネットワーク応用通信研究所に在籍すると同時に、Rubyアソシエーションの副理事長も務められていらっしゃるとのことです。
 
 前田氏によると、Ruby on Railsとは、
 
  Rubyの
  Rubyによる
  Rubyのための
  Web Application Framework

 
ということです。
 
 Rubyはもちろん、まつもと ひろゆき氏が開発したプログラミング言語です。そしてRuby on Rails(あるいは単にRails)そのものは、デンマークのなんとかという人(名前はWikipediaなどで判ると思います)が、Rubyを前提として作った仕組みだそうです。効率良くWebアプリを開発できるということで、最近、世界的に注目されている技術(ツール)だそうです。
 
 Web Application Frameworkとは、Web Application(TwitterなどWeb上で動作するアプリケーション・ソフトウェア、つまりソフトウェア)の共通部分をFramework化したものです。言い換えれば、Ruby on Railsとは、Webアプリケーション・ソフトウェアの骨組(Framework)の部分を予め部品化しておくことにより、ソフトウェアの開発を容易にすることが出来る、Webアプリケーション・ソフトウェア開発環境の一つということになります。
 
 
 前田氏のお話は、前半が概念的なお話、後半は具体的なプログラム(Twitterに似たWebアプリ)をサンプルとして解説していただきました。前田氏は、1つ1つ詳しく、ていねいにお話してくださいました。Railsだけでなく、AjaxやRESTといった関連情報も解説していただき、初めての私でもこの日の2時間だけで、どういうものかよく理解できました。
 そして、Webアプリの開発そのものに興味が湧いてきました。いつか、と言っているといつになっても始まりませんが、チャレンジしてみたい分野です。

続きを読む "Ruby on Railsに興味津々"

投稿者 もりた : 23:56 | ソフト開発 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月16日

Web2.0 EXPO Tokyo 2007

 今、NHK総合テレビでオンエア中の「あみんコンサート~24年ぶりのハーモニー~」を見ながら、このエントリーを投稿しています。既に5曲目の「ペパーミントの香り」に入ってしまっています。
 

 今日(既に日付が変わって昨日、15日木曜)は、日本で初めてのWeb2.0 EXPOが東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで催されました。

 O'REILYのティム・オライリー氏と伊藤 穣一氏(株式会社ネオテニー 代表取締役社長)の対談があったり、ミクシィの笠原社長など、そうそうたるメンバーが登場し、興奮した一日でした。明日(16日金曜)もTwitterを作った人や、Zimbraの社長など、スゴいメンバーが登場する予定で、楽しみです。

 写真はコンファレンス終了後に催されたカクテルパーティの模様。ティム・オライリー氏の挨拶の後、株式会社howsの大塚社長、庄司CTOの音頭で乾杯となりました。

続きを読む "Web2.0 EXPO Tokyo 2007"

投稿者 もりた : 01:34 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月14日

浦和レッズ アジアNo.1

 AFCチャンピョンズリーグ決勝第2戦は、浦和レッズがセパハン(イラン)を2-0で下し、アジアの頂点に立ちました。過去Jリーグ優勝チームが何度か挑戦し、ことごとく敗退してきた歴史の中で、日本のクラブチームとして初の快挙です。
 
 サッカーはフル代表、U-22(オリンピック代表)など全日本チームの試合はよく見ますが、Jリーグの試合にはあまり興味がありません。今日はアジアNo.1がかかっているため、さすがにテレビ観戦しました。ということで、‘にわか’レッズサポーターです。
 
 これで“URAWA”の名がアジア、いや世界で有名になります。埼玉県人としてとても嬉しいです。
 
 
 もともと“浦和”はサッカーの本場です。私が浦和高校に入学した昭和47年頃、サッカーといえば埼玉か静岡という時代でした。
 
 浦和高校で体育を教えていただいたのが、倉持 守三郎先生です。「昭和29年・30年、高校サッカー選手権で浦高が2連覇した時の中心選手だよ」越谷出身でサッカーに詳しくなかった私に、地元・浦和の中学出身の同級生が教えてくれました。昭和47年当時は国際審判員をされていたと記憶しています。
 
 当時の浦和は、どの学校が全国大会に出場しても優勝候補に挙げられる強豪ぞろいでした。浦和市立、浦和西、浦和南。残念ながら我が浦高は県内4位がいいところでした。埼玉県内では浦和以外でも児玉(中学、高校ともに全国レベル)が強い地域でした。
 
 一方、静岡県では藤枝東(碓井選手で有名)が強かったことを憶えています。私の高校時代では浦和西高の西野選手(現・ガンバ大阪監督)が全国大会に出場して活躍したことを憶えています。1996年のアトランタオリンピックの全日本監督で、久々にその姿をテレビで拝見し懐かしく思ったものです。ちなみにこの大会で前園、中田、川口などの活躍でブラジルに勝つなど盛り上がり、テレビ観戦者としても夢中になったものです。

続きを読む "浦和レッズ アジアNo.1"

投稿者 もりた : 23:16 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月13日

銀座で買い物

 ’銀座でお買い物’といってもブランド品ではありません。音楽CDを購入してきました。
東京・銀座4丁目交差点

 
 音楽をダウンロードで買う気にはなれません。やっぱりアーティストの思い入れの入ったジャケットや歌詞カード付きのものを手に入れたいです。
 
 好みの曲だけを1曲ずつ選んで買うことも、何か違う気がします(もちろんダウンロード販売でもアルバムごと購入することは可能ですが...)。
 
 
 ではAmazon等ネットショッピングで買ったら、とお考えの方も多いと思います。ネットショッピングが苦手なわけではありません。
 
 実はAmazonはあまり好きではありません。ビニールやダンボールによる必要以上の包装に、環境への配慮の無さを感じるからです。
 
 
 音楽ぐらいお店で見て買いたいと思って、先日秋葉原での買い物の際、CDショップに立ち寄ってみました。
 
  秋葉原で買い物(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 岡村 孝子さんたくろう(吉田 拓郎)のコーナーを見てみましたが、これまでにリリースされていたアルバムのうちほんの一部しかありません。また、ベスト盤ばかり並んでいるので、この日は何も買わずに帰ってきました。

続きを読む "銀座で買い物"

投稿者 もりた : 23:51 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

天晴な青空

 先週末から昨日にかけての雨空と打って変わって、関東地方は見渡す限りの青空となりました。
天晴な青空本当に見事な青空です

 岡村 孝子さんの歌のタイトルさながらの「天晴な青空」です。今日は昼間自宅におりましたので、久々に洗濯をしたり布団を干すことができました。
 
 最近ようやく秋らしい気温になってきました。人間とはわがままな生き物で、気温が15℃くらいになると寒い寒いと言ったりします。一年で今が一番過ごしやすい季節ですね。この気候のお陰で我が家の柿も赤く熟し、おいしくいただいています。
このところの秋の気候のお陰で、おいしい柿が成りました

続きを読む "天晴な青空"

投稿者 もりた : 15:46 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月11日

秋葉原で買い物

中央通り神田方面から上野方面を臨む。左側水色の看板は、Sofmap秋葉原パソコン総合館の店舗 一昨日(11月9日金曜日)は、備品等購入のため秋葉原に行きました。前日(11月8日木曜日)に引き続き、こしがや産業フェスタの出展準備が目的です。
 
  イー・モバイル契約しました(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 こしがや産業フェスタの会場は体育館ですので、インターネット接続環境が全くありません。そこでイー・モバイルを契約してインターネット接続手段は確保したのですが、インターネットに接続できるPCが1台だけでは来場者の方にさわってもらうのに支障があります。なんとか3~4台のPCをインターネットに接続したいと考えています。
 
 そこで直接インターネットに接続できないPCは、イー・モバイルの端末を装着している1台のPCを経由してインターネットにアクセスすることを考えています。実現するためにはハブがあれば充分とも考えましたが、ルータを使うと便利そうなので秋葉原に買いに行くことにしました(自宅と店舗にもルータがありますが、業務に使用しているため新たに購入することにしました)。
 
 
 実はルータを購入する目的がもう1つあります。8月に購入してから、まだ1度も使用していないWiiを、こしがや産業フェスタに引っ張り出そうと思っています。Wiiによるインターネットアクセス、特にWiiリモコンでのブラウジング操作を来場者に体験してもらおうと思っています。これなら年配の方でもとっつき易いかも知れません。
 
 
 ということで、下記の無線ルータ(無線LANアクセスポイント 兼 ルータ)を購入してきました。
BuffaloのWHR-G54S

 BuffaloのWHR-G54Sという機種で、4,980円という安さでした。1年以上前の機種ですが今回の目的には充分です。初めは最新の機種(Buffalo WHR-HP-GWLI-TX4-G54HPのセット)を購入し会計まで済ませたのですが、店の出口で上記の機種を発見し、あわてて交換してもらいました。

続きを読む "秋葉原で買い物"

投稿者 もりた : 23:22 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月08日

イー・モバイル契約しました

イー・モバイル データカード D01HWを装着して、インターネットにアクセス
 今日ヨドバシAKIBA店にて、モバイル端末 D01HW(USB接続)を購入し、イー・モバイルと契約しました。契約プランはライトデータプランの“いちねん”にしました。
 
 このエントリーはイー・モバイル経由で投稿しています。

 
 先日知り合いからモバイル端末購入について相談を受け、少し調べた結果、私自身がイー・モバイルの良さに惹かれてしまいました。12月1日、2日のこしがや産業フェスタへの出展という目的もあり、契約を決断しました。
 
  モバイルインターネット端末購入アドバイス(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 使用感は快適です。モバイルなのにADSLを使っているような感覚です。速度測定サイト(SPEED TEST)で測定してみました。測定する時間によってバラツキがありますが、1~2Mbpsの速度が出ています(測定ポイント:東京都荒川区南千住1-31-7)
アクセス速度を測定してみました
 イー・モバイルのデータカード(USBタイプのD01HW)を使ってインターネットにアクセスした場合の速度を測定してみました。
 
 約1~2Mbpsの速度が出ます。

続きを読む "イー・モバイル契約しました"

投稿者 もりた : 21:48 | 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月04日

第4回 水郷こしがや観光ハイキングに参加しました

 文化の日の昨日は、とてもよい天気でした。観光推進プロジェクト(越谷市産業支援課と越谷市観光協会)の主催による「水郷こしがや観光ハイキング」に参加しました。今回で4回目になるそうです。
 
 今回のコースは、越谷駅東口を出て、元荒川沿いを北越谷まで歩くコースでした。
 
  越谷駅東口 → 平和橋 → 元荒川中土手 → 天嶽寺 → 久伊豆神社 → 宮前橋 → 建長元年板碑 → 越谷御殿跡 → 浄光寺(解散)  ※ 弘福院(円空仏)はお寺の都合で中止になりました。
 
9時10分頃、越谷駅東口を出発
 越谷駅東口に集合し、越谷市観光協会・上野会長等のご挨拶の後、出発しました。

元荒川中土手
 平和橋を渡り「葛西用水 逆川」と「元荒川」の間の土手道を北越谷方面に歩きました。

 
● 天嶽寺
 
天嶽寺 本堂
 最初に訪れたところは、「至登山 天嶽寺」です。浄土宗のお寺で京都・知恩院(浄土宗総本山)の直末だそうです。本堂に上げていただき住職のお話の後、涅槃像を拝見せていただきました。長さ60cmの小さな像で金箔が残っていました。

 
● 越ヶ谷久伊豆神社
 
越ヶ谷久伊豆神社。この日は七五三のお参りに来た親子連れで大混雑。
 天嶽寺の本堂から元荒川沿道まで戻り、久伊豆神社の参道を本殿に向かって歩いていきました。この参道は長くて落ち着いた気分になります。
 
 今日は七五三のお祝いで、盛装したお子さんを連れてお参りに来た人で賑やかでした。

越ヶ谷久伊豆神社内の池
 池を廻って、参道に戻りました。実はこうして久伊豆神社の中をゆっくり見て廻るのは初めてでした。

 
● 宮前橋(寺橋)
 
宮前橋(寺橋)の由来
 久伊豆神社の参道から出て、宮前橋を渡って元荒川の向こう側(越ヶ谷側)を歩きました。以前はこの宮前橋を自動車が通行していましたが、現在は一本南に出来た新しい橋を自動車が通行しています。

 
 越谷出身の山崎 清さんの書かれた絵の中に、昔の寺橋(宮前橋を以前こう呼んだ)を描いた作品があるそうです。山崎さんが子供時代を過ごした御殿町付近の橋です。
 
  埼玉県川口市・SKIPシティで古き越谷の映像に逢う(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・越ヶ谷・天嶽寺と宮前橋(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
● 建長元年板碑
 
建長元年板碑
 宮前橋を渡り元荒川の越谷側を北越谷方面に歩くと、程なく建長元年板碑があります。板碑と言っても木ではなく石(岩)で出来ています。
 
 板碑は浄土宗に由来するもので、梵字が書かれているそうです。それに対して庚申塔は道教に由来するものだそうです。

続きを読む "第4回 水郷こしがや観光ハイキングに参加しました"

投稿者 もりた : 12:20 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月03日

アジア・フィルム・フェスティバル

 東京・渋谷のNHKで開催されている第8回 NHK アジア・フィルム・フェスティバルに行って来ました。昨日は朝から4本の映画を立て続けに見ました。
 
 ベトナムの「1735km」、イランの「予感」、インドネシアの「ガレージ」、シンガポールの「雨の味」の4本です。個人的には「1735km」と「ガレージ」が良かったです。どちらも若い俳優さんが主役の映画です。
 
 
● 1735km
 
 1735kmはハノイ(ベトナム南部)からホーチミン市(北部)までの距離です。上映後、主演女優のズーン・イエン・ゴックさんと監督のグエン・ギエム・ダン・トゥアンさんが舞台に上がり、会場からの質問に答えてくれました。
 
 会場から「映画の中で、アオザイや古い街並などのシーンが出てきました。ベトナムに於いても欧米化が進む中、ベトナムの伝統を守りたいという郷愁的なノスタルジーを感じていますか?」という質問がありました。
 
 それに対してゴックさんは「若い人が新しいことに挑戦することをバックアップすることも必要です。しかし、古い物の中に本質があり、過去があってこそ未来がある。過去を知らなければいけないということを若い人に教えることが大人の役割である。」と答えていらっしゃいました。ゴックさん自身まだお若い女優さんなのに、とてもしっかりとした考えを持っていらっしゃることに驚きました。
 
 
● ガレージ
 
 原題は「GARASI」と書いて、「ガラシ」と発音していました。3人の若者のロックバンドのお話で、ボーカルは女の子です。映画のためにオーディションで選ばれた3人で、彼らはオーディション後実際に作詞・作曲を行い、その歌が映画の中でたくさん使われています。映画そのものが、インドネシアの若者(中学生中心)に受けただけでなく、歌もラジオチャートで1位になったそうです。
 
 一昨日は、この3人が監督とともに舞台に上がり演奏したそうですが、残念ながら昨日の朝、インドネシアに帰ってしまったそうです。昨日はアガン・セントーサ監督がお1人で会場からの質問に答えていました。
 インドネシアから日本に留学している若い学生さんが通訳をしてくれました。単に翻訳や日本語が上手いということだけではなく、長い文章は適切に区切って翻訳するなど、上手に通訳してくれました。

続きを読む "アジア・フィルム・フェスティバル"

投稿者 もりた : 08:21 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年11月01日

越谷市商工会工業部会視察研修会に参加しました

中小企業総合展2007 in Tokyo(東京ビッグサイト) 昨年に引き続き、越谷市商工会工業部会視察研修会に参加させていただき、東京ビッグサイトで開催されている「中小企業総合展2007 in Tokyo」を見てきました。昨年同様、貸切バスでしたので移動が非常に楽でした。
  「中小企業総合展」視察(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 今年も製造業を中心に多数の企業の展示がありました。たくさんの中からほんの一部ですが目を引いたものをご紹介いたします。
 
iTTV ・・・ インターストラクチャー株式会社
 
iTTV:初回入店の心理的バリアを取り除き、顧客を呼び込むデジタルメニュー(インターストラクチャー株式会社) 店頭の大きなディスプレイにメニューなどを表示することにより、飲食店への初回入店の心理的バリアを取り除き、顧客を呼び込むデジタルメニューということです。デジタルコンテンツ配信・表示システム「iTTV」と、デジタルメニュー制作サービスからなるソリューションです。

 こういうシステムの開発を私自身、過去に経験したことがあります。ある地方ラジオ局の番組編成・送出システムです。
 
 また私どもの店舗のある三ノ輪銀座商店街には、アーケードに“ジョイフルビジョン”とよばれる巨大モニターが3基設置されています。商店街の各店舗が自店で作成したコンテンツ(静止画、動画など)をサーバーにアップロードすると、スケジューリングされてモニターに表示されます。
 
 脱線しましたが、これらのシステムのよいところは、コンテンツ(デジタルメニュー)の編集権を自店が持っているという点です。Webサイトでは当たり前のことですが、街中の大型モニターなどではそのような活用のされ方は未だ少ないのが実情です。今後、こういうシステムが普通になる(手軽になり、その結果普及する)ものと思われます。
 
 
● ナレーション作成ソフト + 音声合成ソフト ・・・ 高電社
 
ナレーション作成ソフト + 音声合成ソフト(高電社) 日本語-韓国語、日本語-中国語などの翻訳ソフトで有名な高電社のブースがありました。テキストファイルを音声で読み上げるソフトのデモを行なっていました。
 テキストを音声に変換して読み上げることは、IBM社のViaVoiceなどのソフトウェアにより10年位前からジャンルが確立しています。高電社のデモは、読み上げる文章の原稿(シナリオ)を日本語で入力すると、日本語・英語・中国語・韓国語のいずれかに翻訳して読み上げてくれるというスグレモノでした。日中・中日、日韓・韓日翻訳ソフトを長年開発してきた同社ならではのソフトです。

 なお、このソフトはPENTAX社からVOICETEXTというブランド名で、出荷されているということです(ナレーション作成ソフトウェアがSpeech Maker、音声合成ソフトウェアがVOICETEXTです)。
 
 
 上述しましたように中小企業総合展は製造業の出展が圧倒的に多いのですが、仕事柄どうしてもシステム的、ソフトウェア的な製品に目がいってしまいます。次の2社の展示もそのような分野です。
 
 中小企業、店舗に於いてもホームページを持つことは最早当たり前の時代になりました。今回の出展者の中でも、ホームページが無い企業は皆無と思われます。あらためて「ホームページがありますか?」などと問う人はなく、空気のような存在になりつつあると思います。
 
  企業向けパソコン講座に関する一考察(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 ホームページは外部に委託して何とかして制作したものの、更新しなければ誰もアクセスしなくなってしまう。更新したくても社内に詳しい人間はいない、いたとしても人と時間を割く余裕は無いという悪循環に陥ってしまうケースが非常に多いと思います。
 
 上記の悪循環の解決策として、ホームページ制作ソフトではなく、ブログサービスを利用してホームページを作成したり、Movable Type EC PackBlogn(またはBlognPlus)といった一種のCMS(Contents Management System)を使用して、自社ホームページを作る試みも一部にあります。
 
 次の2社もそのような提案の一種です。ホームページの更新を容易にするためにCMSを内包したサービスです。
 
infoDNN ・・・ 株式会社インフォネット
 
 同社のパンフレットによると、商用コンテンツ管理システム infoDNNというそうです。サービス提供形態はASP(あるいはSaaS)です。自社サーバーは必要なく、クライアントPCと契約のみでサービス利用開始できます。
 
 このシステムの特徴はAjaxという技術を取り入れていることです。ページ内のレイアウトの変更(テキスト枠、画像の移動等)を、HTML(XML)ソースの編集ではなく、グラフィカルに(従って直感的に)行えることを、見せていただきました。
 
 あくまでちょっと見ただけで感覚的なことですが、パソコンでホームページ制作、更新などに不慣れな人には、なじみにくいのではないかと感じました。良い技術をそのまま食卓に並べるのではなく、もう少し使用者毎に料理の仕方を変えて出すことが必要と感じました。これからのバージョンアップに期待します。
 
 逆に言えば、このサービスはホームページ制作に精通した人にとってこそ、強力な省力化のツールとなると感じました。そういうコンセプトで開発されたのかもしれません。

続きを読む "越谷市商工会工業部会視察研修会に参加しました"

投稿者 もりた : 23:50 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!