« 11月3日(土祝)の「水郷こしがや晩秋の観光ハイキング」に参加します | メイン | 松坂大輔 ワールドシリーズ日本人投手初勝利 »

2007年10月28日

ダルビッシュ好投、北海道日本ハム先勝

 昨日の日本シリーズ第1戦を、テレビで観戦しました。ダルビッシュ 有投手の好投(完投)により、3対1で北海道日本ハムが先勝しました。
 
 1回裏北海道日本ハムの攻撃、1アウト1、2塁で4番・セギノール選手が3ランホームラン。中日ドラゴンズ先発・川上 憲伸投手の失投だと思います。その後、川上投手は8回を投げ、打たれたヒットはこのホームランを含めわずか2本でした。
 
 
 これで北海道日本ハムが有利になったように見えますが、北海道日本ハム打線は相変わらず貧打です。両チームとも中継ぎ・抑えの投手が磐石とはいえず、この先どういう展開になるか、予断を許しません。

 
 それにしてもテレビ朝日の中継は、豪華ゲスト・解説陣でした。楽天イーグルス・現監督の野村 克也氏、西武ライオンズ・元監督 東尾 修氏、千葉ロッテのTSUYOSHI(西岡 剛)選手、元ヤクルトの栗山 英樹氏、元西武の大塚 光二氏というそうそうたる顔ぶれでした。
 
 キャッチャーに関しては野村監督、ピッチャーに関しては東尾元監督、クライマックスシリーズでダルビッシュ投手から6打数4安打を放っているTUYOSHI選手の解説は、それぞれ実際の体験に基づいた具体性があり、面白かったです。
 
 また放送中にテレビ画面に映し出された“野村スコープ”(ストライクゾーンを9等分して図示し、マーカーを使ってリアルタイムに解説する手法)は、野村監督がテレビ朝日の解説者時代に提案して実現し、プロ野球中継に利用していたことを記憶しています。
 
 
 さて、今夜の第2戦の先発は、北海道日本ハムがグリン投手、中日は中田 賢一投手と見られています。中田投手は先日のクライマックスシリーズ 第3戦 日本シリーズ進出を決めた巨人との試合でも、先発して8回3分の2を投げてチームに貢献しています。好試合が期待できそうです。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) クライマックスシリーズ セ・リーグ 中日ドラゴンズが日本シリーズ進出 2007年10月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) いよいよ今晩、日本シリーズ開幕 2007年10月27日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年10月28日 16:21 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/708

コメント

コメントしてください




保存しますか?