« NHK-BS2 あみんコンサートを観ました | メイン | コスモスフェスタのビデオ(中学生ブラスバンド演奏) »

2007年10月28日

中日快勝、1勝1敗のタイに

 プロ野球日本シリーズ 北海道日本ハム・ファイターズ中日ドラゴンズの第2戦は、中田 賢一投手の好投、荒木、井端の一二番コンビらの活躍で8対1と、中日が北海道日本ハムを圧倒しました。
 
 1回表、中日トップバッター・荒木 雅博選手は初球をセンター前ヒットで出塁すると、2番・井端 弘和選手への初球に二塁盗塁を決めました。実はブログを書いている最中で、テレビを見るのが遅れました。テレビを点けた時は、アナウンサーが「たった2球でノーアウト2塁としました」と言っていました。
 
 その後、井端選手のヒット、3番・森野 将彦選手の犠牲フライで中日が1点を先制しました。その後、4ボールやヒット、ホームランなどで計8点を取りましたが、この一二番コンビの積極性が今日のポイントだったと思っています。
 
 中日先発・中田投手は8回を1失点と好投しました。出来そのものは決して最高とはいえませんが、悪いなりに最小点に抑えたのはさすがです。もしあるとすれば、次の登板も期待できます。
 
 
 9回裏、中日・落合 博光監督は中田投手に替えて、石井 裕也投手クルス投手高橋 聡文投手を相次いで投げさせました。おそらく第3戦以降のためにテストしたのでしょう。3人の中では高橋投手がいい投球を見せました。
 
 一方、北海道日本ハム・ヒルマン監督も、田中 幸雄選手川島 慶三選手飯山 裕志選手鶴岡 慎也捕手を代打に起用し、こちらも打てない打線を何とかしようとテストしていました。

 
 今日の試合は、昨日の試合とはちょうど正反対の結果になりました。北海道日本ハム打線は2試合でヒット6本、4番・セギノール選手(2本のホームラン)以外は、中日投手陣(あるいは谷繁 元信捕手)に抑えられています。
 
 得点が少なく走力を生かした攻撃と、投手を中心とした守り中心という似たものチーム通しの戦い、第3戦以降も楽しみです。第3戦の先発、北海道日本ハムはスウィーニー投手武田 勝投手が有力と言われています。一方中日は、小笠原 孝投手朝倉 健太投手山井 大介投手、いずれが来るのか予想できません。誰が先発するにしても、先発投手が降板した後の2番手以降の中継ぎ投手の差が、シリーズの行方を左右すると見ています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) ダルビッシュ好投、北海道日本ハム先勝 2007年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年10月28日 23:25 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/711

コメント

コメントしてください




保存しますか?