« 政治空白2 | メイン | 自宅のインターネット環境整備 »

2007年09月27日

フィードビジネス2題

 フィードビジネスに関する話題2つです。
 
■ フィードによる情報配信 共同実験のニュース
 
 昨日、フィードビジネスに関する新たな動きが発表されました。株式会社サンブリッジ modiphi事業部 エグゼクティブプロデューサー 小川 浩氏のブログで知りました。
 
  インプレスR&D、サンブリッジ、エル・カミノ・リアル、RSSフィードによる新メディア創出を目指して共同実証実験 「インターネットマガジン FEED」 をスタート(Speed Feed)
 
 
 「インターネットマガジン FEED」、インプレスさんの持つ豊富なコンテンツを、フィードベースで配信するということが伝わるタイトルです。「いつまでもメールマガジンの時代じゃない」(私の個人的な感想)という感じが伝わって、とてもよいですね。
 
 先週開催されたWBS2.0で、小川氏がおっしゃっていた大きな発表がこれだたったのですね。
 
  「WBS2.0 feat.増田勇@レッドクルーズ」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 ニュース・ポータル各社でも報じられています。
 
  株式会社インプレスホールディングス : インプレスR&D、サンブリッジ、エル・カミノ・リアル RSSフィードによる新メディア創出を目指して共同実証実験 「インターネットマガジン FEED」をスタート(Nes2u.net)
 
  ・インプレスら、フィードによるメディア創出目指した共同実験開始(CNET Japan)

 
 
■ RSS広告の活用最新事例-アカデミーヒルズ オンラインビジネスセミナー
 
 一方、夜はアカデミーヒルズ49で開催されたオンラインビジネスセミナー「RSS広告の活用最新事例」を受講しました。
 
 株式会社RSS広告社の田中 弦社長を講師に迎え、モデレーターはいつもの通り株式会社ニューズ・ツー・ユー神原 弥奈子社長です。
 
 
 田中社長のお話は、規格としてのRSS、メディアとしてのRSSという順序で進みました。田中社長は、“RSSは「号外」に似ている”とおっしゃいます。“情報量は少ないものの、ニュースの内容を適切なタイミングで一斉同報することが可能”と説明になりました。
 
 また、メールとRSSは似ているが、一方では異なる面として、メールは“強固な関係”(1人1人の顧客との、CRMのような)、RSSは“ゆるやかな関係”(見込み客、潜在顧客などへの通知、プロモーションなど)と表現されました。RSSは個人情報を取らないことが、その違いの理由の1つと説明されました。この点は、先週参加したマイクロソフト社のイベント「REMIX07 TOKYO」で、GyaOを展開している株式会社USEN GyaO NEXT戦略室室長 堤 天心氏がお話された、“個人特定を行なわない”というGyaOのポリシーと同じです。

 
 また、2年前RSS広告社起業から現在に至る、田中社長ご自身のご経験から得た、新規事業の創り方、ビジネスに対する考え方などのお話が参考になりました。
 
 
 Feed(RSS)のビジネス利用について、考えさせられた一日でした。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「WBS2.0 feat.増田勇@レッドクルーズ」 2007年09月20日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年09月27日 13:33 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/659

コメント

コメントしてください




保存しますか?