« わが家のインターネット回線、開通間近 | メイン | フィードビジネス2題 »

2007年09月26日

政治空白2

 ご存知の通り昨日、安倍内閣が総辞職し、自民党の福田 康夫・新総裁が内閣総理大臣に選ばれました。正式には今日午前に行なわれる天皇陛下による認証式を経て、新内閣が発足します。
 
 9月12日の安倍・前首相の突然の辞任会見から始まった政治空白がようやく終ろうとしています。しかし未だ新首相による国会での施政方針演説が行なわれていません。福田 康夫・新内閣総理大臣による施政方針演説が行なわれてはじめて、形の上では9月10日(安倍・前首相による施政方針演説)の時点に戻ったことになります。実に20日間(未確定)におよぶ“政治の空白”が続いた(正確には“続いている”)ことになります。
 
 
 この間、国連では総会が行なわれ、今年は地球温暖化対策について話し合いが行なわれたそうです。各国ともトップ(大統領、首相など)70名、90ヶ国の外相が参加したということですが、日本からは、森 喜郎・元首相、町村 信孝・前外務大臣が出席されたそうです。京都議定書など、地球環境対策でリーダーシップを発揮し存在をアピールしている日本ですが、日本人としてとても恥ずかしい気がします。
 
 
 一方、安倍・前首相の入院が予想以上に長期化している(現在も入院中:24日の記者会見、25日の閣議には病院から一時外出して出席)ことには驚いています。心身ともこれほどまでにお疲れだったのかと、お察しいたします。
 
 この間とても気になっていたことは、臨時首相代理を置かなかったことです。過去、大平 正芳首相急死、小渕 恵三首相の入院時は、臨時首相代理に替わったそうです。今回は幸い何事もなく済みましたが、もし何か国家レベルで大きな事件などがあったらどうなってしまうのかと、気になっていました。

 
 以上2つのこと(国連総会へ日本の首相が欠席したことと、臨時首相代理を置かなかったこと)によるさまざまな影響と、一方、しっかりと考えて次期総裁を選びたいという自民党・党員の意志。結果的には後者が上回っていたようですが、今回のようなケースの場合は、自党の意志を二の次に置いて対処すべきであると感じました。政権というものは、私的なものではなく、国民から託され一時的に預かっているものだという意識を、特に今回のようなケースは持っていただきたかったと思っています。
 
 こう述べているこの時間も、福田・新首相(予定)が天皇陛下から認証されるまでは、何か事があれば安倍 晋三氏が現首相であるということを、“現”閣僚および政権与党の方々には肝に銘じていただきたいと思います(もう間もなく認証式が終ると思います)。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 安倍首相・辞任の意向 2007年09月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 安倍首相・辞任会見 2007年09月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 政治空白 2007年09月13日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年09月26日 08:55 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/658

コメント

こんにちは、ダークです。

ここに、述べられているとおりです、なんと寂しいしだい

日本国民は、もっと怒らなくては、このだらけた有様を

嘆かわしいと、叫ばなくては、国民をバカにし過ぎた

首相交代劇に、政治家は国民の為に働けない人達が多すぎる

速やかに、国会から去ってほしい、毎日のようにニュースで

次の内閣は、旧自民党だとか居抜き内閣だとか、面白おかしく

報じられていますが、本当の所はどうなのかは、残念ながら

報道されず、マスコミも~~~ま^^こんなものですかね

投稿者 Anonymous : 2007年09月26日 15:22

 ダークさん、コメントありがとうございます。

 政治家は政治家、IT事業者はIT事業者、それぞれの立場で、先ずは自分に託された仕事、自分の役目を果たさなければならないと思っています。
 そのため、このブログに政治ネタはあまり書かないようにとも思っています。
 
 反面、政治とIT事業、商売(職業)は違いますが、共通していることは“公”と“私”を分けることが重要であるということだと思っています。政治屋さんたち、特に今回の自民党の方々の公私混同ぶりに、黙っていられませんでした。

投稿者 もりた : 2007年09月26日 23:32

コメントしてください




保存しますか?