« 「ヨネックス・オープン」見てきました | メイン | YouTubeの動画に対する反響の大きさ »

2007年09月18日

「ヨネックス・オープン」のビデオ

 一昨日、東京体育館で行なわれた「第26回 ヨネックスオープンジャパン2007」決勝戦の観戦時に撮影したビデオを、YouTubeにアップロードしました。
 
  「ヨネックス・オープン」見てきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 入場の際、申請して受け取ったビデオ撮影許可証には、撮影許可の条件として「撮影したビデオテープは個人の趣味とし、商業用の目的として使用しない。」、「上記に違反したときはビデオテープは没収します。」とあります(「」内は、“ヨネックス オープン ジャパン 2007大会事務局 ビデオ撮影許可証”より引用)
 
 私としては商業用目的ではなく個人の趣味のつもりですが、大会事務局 および 関係機関(日本バドミントン協会など)、YouTube(Google)などから指摘された場合は、アップロードしたビデオを削除する可能性があることを、予め申し述べさせて頂きます。
 
 
 アップロードした動画は、男子シングルス・決勝戦 リー・チョンウェイ選手(Chong Wei Lee :マレーシア) 対 タウフィック・ヒダヤット選手(Taufik Hidayat :インドネシア)の試合です(黄色いシャツがマレーシアのリー・チョンウェイ選手です)。
 実力伯仲のため第3セットにもつれ込む接戦でした。世界最高レベルであると同時に、リー選手の基本に忠実なプレーが随所に見られたお手本のような試合でした。

 
 エキサイテキングなプレーのシーンだけをセレクトして、1試合を1本(10分以内)にまとめようと思いましたが、どのシーンも捨てがたいプレーばかりで、結局第1セットのみを1本(6分34秒)に編集しました。
 
 一昨日は全種目の決勝戦・5試合が行なわれ、観戦する側も5時間の長丁場でした。最初の試合(混合ダブルス)からビデオ撮影を始めてしまったため、この試合(男子シングルス)の終了直前(第3セット 19対19の時点)で、バッテリー切れとなってしまいました。
 
 リー選手 対 タウフィック選手の試合、撮影した全シーンは9個のファイルに分けてYouTubeにアップロードしているところです。編集といった編集はタイトル挿入程度しかやっていませんが、レンダリングに非常に時間を要するため、1つずつやっています。現在までに、9ファイル中5ファイルをアップロードしましたので、是非ご覧下さい。
 
  ・YouTubeにおける私のアカウント mmorita3

 
 既にバドミントンを始めている人、昔学生・社会人時代に経験した人にとっては、バドミントンの教科書のような試合を見ていただきたいという思いです。一方、スポーツとしてのバドミントンをあまり知らない人に対しては、少しでも多くの人がバドミントンの魅力を知っていただきたいと願っています。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) バドミントンの“オグシオ”銅メダル 2007年08月21日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) バドミントン「ヨネックスオープンジャパン2007」 2007年09月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記>
(3) 「ヨネックス・オープン」見てきました 2007年09月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年09月18日 23:58 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/645

コメント

コメントしてください




保存しますか?