« 「第28回 あらかわの伝統技術展」を見てきました | メイン | 来る者・去る者 »

2007年09月09日

会心の1点。かつてのヤクルトを思い出しました!

 フルスタ宮城で行なわれたプロ野球 パ・リーグ 東北楽天ゴールデンイーグルス千葉ロッテマリーンズの試合、いつもの通り楽天イーグルスTVで観戦しました。
 
 楽天先発・朝井 秀樹投手、ロッテ先発・渡辺 俊介 両投手とも可も無く不可も無しという出来で、6回を終って3対3の同点。しかし後を受けたロッテ・荻野、川崎、藪田、楽天・渡邉、山村、両チームのリリーフピッチャーが好投し、いい試合でした。
 
 
 特に8回裏、楽天の攻撃には野球の試合を見ていて久々にしびれました。野村野球の片鱗を見た思いがします。
 
 山崎 武司選手の3塁ゴロに対し相手エラーの間にノーアウト2塁。山崎選手に替えてピンチランナー・高波 文一選手憲史選手に替わる代打・牧田 明久選手。ヒットの確率を考えれば憲史選手ですが、ここは最初からバントの上手い牧田選手。1球目のバントで予定通り1アウト3塁、さすが牧田選手です!
 ここでホセ・フェルナンデス選手注文通りの犠牲フライで、3塁ランナー・高浪選手がホームイン、楽天4対3と勝ち越しです。
 
 9回表、楽天・野村 克也監督は今や勝ちパターンとなった守護神・小山 伸一郎投手をマウンドに送り、小山投手はロッテの攻撃を3人で退け13セーブ目、ゲームセットです。

 
 8回裏の楽天の見事な攻撃、相手のミスにつけ込みノーヒットで1点(勝ち越し点)を挙げるのを見た時、10数年前の野村監督就任間もないヤクルト・スワローズを思い出しました。野村監督就任当時のヤクルト・スワローズです。
 
 野村監督就任直前のヤクルト・スワローズは万年Bクラスの弱いチームでした。野村監督就任1~2年目は、すぐに結果は出ませんでしたが3年目に優勝しました。表面的に結果が出なかった1~2年目ですが、少しずつチームに変化の兆しが現れていたことが、当時ヤクルトに在籍していた選手やプロ野球関係者の証言によって明らかになりつつあります。
 
 
 8回裏の楽天・野村監督の采配、プレーで応える選手たちを見て、楽天もこんな試合運びが出来るチームになったのかと感激しました。
 
 チャンスに強い憲史選手に変わって代打でバントを決めた牧田選手、2対0から2対3に逆転され降板した先発・朝井投手、その後をつないだ渡邉 恒樹山村 宏樹の両セットアッパー、9回を3人で締め相手の反撃意欲をなくしてしまう守護神・小山投手など、選手層が徐々に厚くなってきています。
 
 まだまだ当時のヤクルト・スワローズには及びません。特に当時のヤクルト先発投手陣、西村 龍次岡林 洋一川崎 憲次郎の3本柱。20代前半の若く強力な3本柱を、わずか1~2年で育てたことは、今考えても驚異的です。
 
 
 当時のヤクルトスワローズ(9年間で日本一3回、リーグ優勝4回)のように、楽天イーグルスがだんだん強くなっていくのがわかります。
 
 
 なお、イーグルスファンによる観戦レポート、感想などはみんなの試合レポート(楽天ブログ)で読むことが出来ます。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 楽天・野村克也監督 2006年05月10日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) プロ野球監督 師弟対決 2006年05月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 楽天 今季最終戦を白星で飾れず 2006年10月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 楽天最下位! 2007年07月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) 楽天 逆転負け! 2007年08月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(6) 楽天4位浮上 2007年09月02日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年09月09日 20:36 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/635

コメント

 私は、南海時代からの野村克也ファンで、特に監督になってからは、南海時代は当然のこととしてヤクルト→阪神→楽天と渡り歩いてきて野村監督が駄目球団を如何に変えていくのかを楽しみに注目しています。阪神は失敗例のように言われますが、あの駄目阪神が現在のように変身したその基礎工事をやったのは野村監督だったと確信しています。
 楽天も、はっきりと目に見える形で変わりつつあるのが楽しみです。

投稿者 野次馬の好奇心 : 2007年09月10日 09:30

 野次馬の好奇心さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

 南海時代からの野村克也ファンとのこと、古いですね。

> 南海時代は当然のこととしてヤクルト→阪神→楽天と渡り歩いてきて野村監督が駄目球団を如何に変えていくのかを楽しみに注目しています。阪神は失敗例のように言われますが、あの駄目阪神が現在のように変身したその基礎工事をやったのは野村監督だったと確信しています。

 全く同感です。矢野を正捕手と見抜いたのも、井川を見出したのも野村監督です。選手獲得に関して野村監督本人は「星野監督と違って自分は押しが足りない」とおっしゃっていますが、選手を育てることに自信を持っているからこそ、他チームからのトレードに固執していないのだと思います。

> 楽天も、はっきりと目に見える形で変わりつつあるのが楽しみです。

 今年残りわずか、そして来年、ますます楽しみです。

投稿者 もりた : 2007年09月10日 11:42

コメントしてください




保存しますか?