« 根津神社・例大祭 | メイン | BIGLOBE「東映アニメBBプレミアム・見放題プラン」開始-CNET Japanニュースから »

2007年09月05日

儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー(その2)

 前週に続き越谷市産業雇用支援センター「ステップワークこしがや」の会議室で開催された『儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー』を受講しました。講師はもちろん前回同様、有限会社タカザワ企画 代表取締役 高澤 彰氏です。高澤氏は「ステップワークこしがや」インキュベーションマネージャーでもあります。
 
  儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 前回は心構えのお話が中心でしたが、今回は実践的な方法についてご説明いただきました。
 
 先ずは、すぐに出来て効果の出せる方法として、引合管理シート行動計画&チェック表などを使った管理方法や改善会議についてお話をお聴きしました。これらは高澤先生が営業職としての業務を通して、ご自身で作られた方法で、先生の著書『儲けてなんぼ!!!「法人営業」実習ノート』(同友館)に詳しく説明されています。
 
 これら管理シートの利用について1つ先生から注意されたことは、「管理シートが複雑にならないように」ということでした。複雑な管理シートでは継続しにくいからです。ここにも前回同様継続することの重要性を重要視する先生の考えが表れています。
 
 また改善会議については、先生が企業の再建を依頼された時に最初に行なうことだそうです。それほど重要、かつ効果が出せる方策ということです。

 
 次に、儲け続ける企業の営業実務のチェックポイントというお話をされました。
 
 最低必要売上(を営業マンが把握しているか)、貢献顧客分析新規顧客開拓の優先順位、(対顧客)与信、営業担当者のスキル(特に質問力)など、広い視点 かつ ポイントを押さえたチェックポイントを教えていただきました。
 
 特に与信については、倒産の予兆(の掴み方)、商業登記簿・謄本の入手と評価、倒産後の回収方法など、実践的なお話をつっこんでご説明していただきました。
 
 
 また、上記の著書には書いていないこととして、実際の営業交渉、トークにおける注意点について、具体例を交えてお話いただきました。
 
 
 利益追求を前提として成立する企業である限り、“営業”活動が組織存続(経営)の基礎であることは、申すまでもありません。2週にわたるセミナーを通じて感じたことですが、私も含めて営業に自信の無い方は、高澤先生のような方のお話を聴くことが重要であると思いました。それをきっかけとして、(必ずしも実際に営業活動をしなくても営業的なものの見方・考え方を自身の行動、あるいは企業経営に取り入れることが大切なんだということを気付かせて頂きました。
 
 講師の高澤 彰先生、ならびに主催者の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー 2007年08月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年09月05日 00:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/624

コメント

コメントしてください




保存しますか?