« ダルビッシュ 対 岩隈・エース対決 | メイン | 「WBS2.0 feat.エル・カミノ・リアル 木寺社長」 »

2007年08月29日

楽天 逆転負け!

 東北楽天北海道日本ハムの試合は、5対4で北海道日本ハムが勝ちました。
 
  ダルビッシュ 対 岩隈・エース対決(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 日本ハム・ダルビッシュ投手、楽天・岩隈投手 両エースの先発でしたが、先制したのは楽天です。序盤、3番・草野選手の2本のタイムリーで3対0とリードしました。
 
 岩隈投手もいい投球をしていましたが、5回表フェルナンデス選手のエラーをきっかけとして1点を失ったところから、岩隈投手のリズムが変わってしまいました。
 
 その後6回表、日本ハムに3点入れられ4対3と逆転されたところで、岩隈投手降板。後を渡邉、永井、山村各投手が無失点でつなぎ、8回裏に楽天がまたしても草野選手のヒット、山崎選手のタイムリーで1点を挙げ同点としました。
 
 9回表は有銘投手に交替しましたが、ワンアウトも取れずノーアウト1、3塁となったところで、ストッパー・小山伸一郎投手にスイッチしました。ここで日本ハムは代打・坪井選手のタイムリーで1点を挙げ5対4と再び勝ち越しました。
 小山投手は1点は失ったものの、日本ハムの攻撃をよく抑え9回裏の攻撃につなげました。
 
 9回裏、楽天は先頭打者・磯部選手がヒットで出塁しましたが、次の打者・憲史選手の打席で1塁ランナー、磯部選手の代走・高波選手が2塁タッチアウトとなって、惜しくも敗れてしまいました。
 
 
 今日の試合は、楽天にとってミスの多い試合でした。試合後の野村監督のインタビューも、そのことから話が始まると思っていましたが、意外なコメントでした。
 
 「今日は監督(の采配ミス)で負けた。同点に追いついて9回表日本ハムの攻撃が左から始まるということで、左(打者)・左(投手)にこだわって左腕・有銘投手で行って失敗した。(最初から小山投手で行くべきだった。)」
 
 監督というのは、意外なところを見ているものです。

 
 楽天はまだまだミスの多いチームです。先日も最終回の守備、ショート・渡辺直人選手が1塁に悪送球して敗れた試合がありました。試合後のインタビューで野村監督が「アウトをあせって、間に合わない1塁に投げている。」と渡辺選手が何に注意すべきかを指摘していました。(何も急いでダブルプレーを取る必要はない。何事も状況しだい。この前の試合は、次の打者でもう1つアウトを取れば済む話だ、という意味。もりた注記)
 
 今日の試合も同じようにショート渡辺選手へ、アウト/セーフぎりぎりのゴロが2度ありました。1度目はこの前の教訓を生かし、1塁への送球を思い留まっていました。2度目のきわどいタイミングのゴロが渡辺選手の前に転がった時、見ているこちらがドキドキしましたが、今度は思い切って1塁に送球し見事アウトにしていました。
 
 今年入団したルーキーである渡辺選手が、プロ野球の一流選手へと上がっていく過程を見ているようです。どうせ応援するなら、こういう生き生きしたチームの試合、選手のプレーを見るのが大好きです!
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 楽天・球団史上初の3カード連続勝ち越し 2006年06月15日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 楽天 惜敗! 2006年07月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 楽天・岩隈 今シーズン初勝利 2007年05月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) おめでとう!楽天・岩隈投手 今季2勝目 2007年08月01日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(5) ダルビッシュ 対 岩隈・エース対決 2007年08月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年08月29日 22:02 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/615

コメント

コメントしてください




保存しますか?