« いよいよ明日開催「チャングムの誓い フェスティバル イン 東京ドーム」 | メイン | 宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Dome »

2007年08月11日

「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」

 一昨日(8月9日)東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」(主催:IDGジャパン)を受講しました。
 
 昨年から雑誌「ITアーキテクト」の購読と併せて、季節毎に開催される「ITアーキテクト・サミット」も受講しています。以前このブログで日経バイト休刊の際、私にとって知識源が1つ減ってしまったと書きましたが、現在は「日経エレクトロニクス」(日経BP社)と並んで「ITアーキテクト」(IDGジャパン)が、私にとって貴重な知識源になっています。
 
  「日経バイト」休刊(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今回のセミナーで興味深かったのは、日本アイ・ビー・エム 長島 哲也氏による基調講演でした。「SaaSで企業システム開発はどう変わるのか」というタイトルで、Web2.0とりわけSaaSが企業システム開発手法の主流になりつつあるSOAに及ぼす影響について論じた内容が、下記の記事を私に思い起こさせたからです。
 
  「Web2.0」vs「SOA」,勝つのはどっちだ? 2006年4月14日 日経BP社 ITpro Report
 
 「SOA 対 SaaS」といった単純に比較できない(例えば「サッカーと東芝(注1)はどっちが強い?」と聞いているようなもの)対象について、詳しく説明されたことに驚きました。
(注1) 東芝は、日本ラグビーフットボール選手権大会 2006年の優勝チーム。

 
 ご講演では、SaaSの代表例としてGoogle Docs and spreadsheetsZimbraを引き合いに出された後、次のような順にご説明していただきました。
 
  ・SaaSに対する日本政府/地方自治体/民間の取り組み
  ・SOAのおさらい
  ・企業システムの中で、どの様にSaaSを取り込んでいくのか?SOAとの関連はどうなるのか?
   Web2.0と企業Web2.0(Enterprise 2.0)の違い
   SOAから企業Web2.0への変遷
  ・SOAとSaaSのつなぎ
   2007年7月2日「Project Zero」発信
   (参考)
    ・IBMから新たなWebマッシュアップ開発環境 - その名も「Project Zero」(ZDNet Japan)
    ・IBMのWeb 2.0プロジェクト:Project Zeroに触れる(ZDNet Japan)

  ・SOAとSaaSを複合したアプリケーション(の最終形イメージ)

 
 最後に
  ・SOAやSaaSが目指す最終ゴール
  ・最近のIBMの対応
   Lotus Community支援機能の拡充

についてお話されました。(以上「ITアーキテクト・サミット2007 Summer 講演資料」より引用
 
 
 内容が難しく理解できていませんが、企業システム開発に於いてIBMさんが一歩踏み出した、SOAの次へのステップだということだけは、長島氏のお話を通してわかりました。
 
 
 次回「ITアーキテクト・サミット2007 Winter」の予定は、
  2007年12月5日(水) 東京コンファレンスセンター・品川
ということです。予約券を購入しておきました。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 「日経バイト」休刊 2005年11月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 「ITアーキテクト」 ~ KDDI 情報システム本部長 繁野 高仁氏の講演から 2006年04月03日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 「Web 2.0」と「SOA」 2006年04月17日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年08月11日 01:02 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/588

コメント

コメントしてください




保存しますか?