« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月31日

楽天大勝・田中将大投手10勝目

 プロ野球 パ・リーグ 東北楽天ゴールデンイーグルス西武ライオンズの試合は、14対2で楽天が大勝しました。
 
 楽天の先発・田中将大投手は10勝目を挙げ、球団史上初の2ケタ勝利投手となりました。昨夏は未だ駒大苫小牧のエースとして、早実・斉藤祐樹投手と投げ合っていたとはとても思えません。
 入団1年目の松坂大輔投手の活躍が大き過ぎて目立ちませんが、高卒ルーキーの2ケタ勝利はそう多くない記録だと思います。田中投手もやはり並みのピッチャーではありません。

続きを読む "楽天大勝・田中将大投手10勝目"

投稿者 もりた : 22:51 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

RSSリーダーは何を使用していますか?

 皆さんRSSリーダーは何を使用しているのでしょうか?前のエントリーでも触れましたが、私はPC用RSSリーダーとしてmodiphiを使用しています。(携帯用RSSリーダーはECReal Readerを使用)
 
  「WBS2.0 feat.エル・カミノ・リアル 木寺社長」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今年の4月まではfeedpathを使用していましたが、バージョンアップ(feedpath Rabbit)に伴いサーバーが重くなったため、緊急避難的にGoogle Readerを使用していましたが、feedpathはそれ以来使用しなくなってしまいました。
 
  feedpath Rabbitの評判いまいち(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 その後はそのままGoogle Readerを使用していましたが、Google Readerもまた処理がやや重いことなど、必ずしも満足していたわけではありませんでした。
 
 
 そんな状況下でmodiphiのベータ2がリリースされたのを機に、使い始めましたが当初は馴染めませんでした。
 
  modiphiベータ2 リリース(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 1つは、modiphiベータ2から装備されたフィードアグリゲーター(RSS記事の収集)機能により、多方面のフィードからたくさんの新着記事を収集してくるのですが、起動時のデフォルトが“全てのエントリー”となっていたため、“Myリーダー”(“登録フィード”)に毎回切り替えなければならない点がとても不便でした。
 現在のバージョン(2007年8月31日現在 BETA 2.1.1.2)では、起動時のデフォルトが“Myリーダー”の“登録フィード”になっています“登録フィード”を一度指定するだけでOKです。(2007年9月1日 記述訂正)
 
 また、カテゴリやフォルダ分けの機能や、既読/未読管理機能が無いことも、modiphiに完全乗り換えすることを躊躇する要因でした。それまで、ブログの書き手をグループ分けしたり、1人1人のブログの既読/未読をハッキリさせておくことが習慣となっていたためです。
 
 しかし、Google Readerの欠点(重い)から逃れるために、modiphiを使用しているうちに、カテゴリやフォルダ分けが無いことは気にならなくなりました。
 また最近では、どこまで読んで(既読)、どこから読んでいないか(未読)ということも気にしなくなったため、未読がたくさんあります。考えてみればそれまでも、未読の記事が溜まる一方だったことに気付きました。
 
 
 modiphiの真価は、(ブログ等無しで)いきなりFeedを生成できること・フィードエディター(RSS記事の作成・編集機能)にあることは承知しています。しかし、プロフィールを書いたこと以外では、modiphiのエディター機能を利用していません。
 昨日のWBS2.0で株式会社サンブリッジ小川浩氏は、「(modiphiは)Feedコマースに向いているのではないか。」とおっしゃっていました。私どもはECサイト等は運営していませんが、何かFeedの利点を生かせる用途を見出したいと思います。

続きを読む "RSSリーダーは何を使用していますか?"

投稿者 もりた : 22:36 | ブログ | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月30日

「WBS2.0 feat.エル・カミノ・リアル 木寺社長」

 「WBS2.0 Vol.18 feat.Yoshitomo Kidera@ECR」に参加しました。
 
  WBS2.0 Vol.18 feat.Yoshi Kidera@ECR(Speed Feed)
  ・WBS2.0 feat.エル・カミノ・リアル 木寺社長、今夜開催(Speed Feed)

 
 
 場所はいつもの、東京・アップルストア銀座 3F・シアターです。
東京・銀座3丁目交差点角に光るりんごのマーク

 WBS、小谷キャスターがやっている東京12チャンネルの番組ではありません。(司会役のmodiphi大森氏のネタです。その前は小川氏が使っていました。)Web Business Shuffle株式会社サンブリッジ 小川 浩氏が毎月1回開催しているカジュアル・スタイルのイベントで、Web関連のビジネス・パーソンを招いて小川氏とのトーク・ショーが行なわれます。
 
 今回のゲストは、株式会社エル・カミノ・リアルの木寺祥友社長でした。
 
 
● 特別ゲスト
 
 先ず、スペシャルゲスト 株式会社エイベック研究所 代表取締役 武田 隆氏から、CGMマーケティングに対する同社のサービスについてのプレゼンがありました。
 
 
modiphi ・・・ サンブリッジ 小川 浩氏
  
 次にサンブリッジ 小川氏から、「Feed普及のためにしたい10のこと やった3つのこと」と題して、同社がサービス提供しているmodiphiについてお話されました。
 
 Feedが何故普及しないのか、
 
  その1は、「記事の登録方法や、何を登録したらよいかがわからない」という声
 
  その2は、「(Feed、Feedと言うけれど)タイトルだけで、コンテンツが無い(ものが多い)」
 
  その3は、「たくさん登録し過ぎて、読むのもウザい」

 
 
 これらの声について、modiphiによって解決できたことを、実際のデモを通して1つ1つ解説していただきました。ここではその解説は省略しますが、興味のある方は、modiphiに登録して実際に使用することをお勧めします。
 
 modiphiについては、下記の記事も参照ください。
 
  modiphi BlogなしでRSS情報を生成するサービス(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「フィードビジネス・サミット vol.6」(2)小川浩氏の講演(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「Web Business Shuffle 2.0 vol.14」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「modiphi」登場(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・シックス・アパート「Movable Type 4」リリースの意義(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・modiphiベータ2 リリース(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
ECReal Reader ・・・ エル・カミノ・リアル 木寺 祥友社長
 
 次は、本日のメインゲスト エル・カミノ・リアル 木寺社長から、同社が提供している携帯電話向けRSSリーダー ECReal Reader(携帯版だけでなく、PC版も)について、特徴からバックエンドの仕組みまで非常に詳しくご説明していただきました。
 
 木寺社長によるとECReal Readerは、携帯電話向けとしてほぼ唯一のRSSリーダーだそうです。(確かmodiphiのモバイル版もあったとは思いますが)
 
 2005年10月にiアプリ(NTTドコモ対応。Java)版をリリース、2006年10月からのナンバー・ポータビリティ制導入に合わせて、Flash(3キャリア対応)版をリリースしたそうです。
 
 利用シーンとして木寺社長自身、これから訪問する会社の社長ブログをECReal Reader PC版で登録しておき、電車内でケータイで読むことが多いそうです。携帯電話の特徴として、シングルタスク(1つのことに集中して読むのにいい)とおっしゃっていました。
 
 
 ECReal Readerについては、下記の各記事も参照ください。
 
  ケータイでもRSSリーダー(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・携帯RSSリーダー(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「Web Business Shuffle 2.0 vol.14」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・携帯RSSリーダー ECReal ReaderのPC版リリース(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・ECReal Reader PC版(続報)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・ECReal Reader:カラーサインで更新状況を知らせる機能(IT屋もりたの今時パソコン日記)

続きを読む "「WBS2.0 feat.エル・カミノ・リアル 木寺社長」"

投稿者 もりた : 23:56 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月29日

楽天 逆転負け!

 東北楽天北海道日本ハムの試合は、5対4で北海道日本ハムが勝ちました。
 
  ダルビッシュ 対 岩隈・エース対決(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 日本ハム・ダルビッシュ投手、楽天・岩隈投手 両エースの先発でしたが、先制したのは楽天です。序盤、3番・草野選手の2本のタイムリーで3対0とリードしました。
 
 岩隈投手もいい投球をしていましたが、5回表フェルナンデス選手のエラーをきっかけとして1点を失ったところから、岩隈投手のリズムが変わってしまいました。
 
 その後6回表、日本ハムに3点入れられ4対3と逆転されたところで、岩隈投手降板。後を渡邉、永井、山村各投手が無失点でつなぎ、8回裏に楽天がまたしても草野選手のヒット、山崎選手のタイムリーで1点を挙げ同点としました。
 
 9回表は有銘投手に交替しましたが、ワンアウトも取れずノーアウト1、3塁となったところで、ストッパー・小山伸一郎投手にスイッチしました。ここで日本ハムは代打・坪井選手のタイムリーで1点を挙げ5対4と再び勝ち越しました。
 小山投手は1点は失ったものの、日本ハムの攻撃をよく抑え9回裏の攻撃につなげました。
 
 9回裏、楽天は先頭打者・磯部選手がヒットで出塁しましたが、次の打者・憲史選手の打席で1塁ランナー、磯部選手の代走・高波選手が2塁タッチアウトとなって、惜しくも敗れてしまいました。
 
 
 今日の試合は、楽天にとってミスの多い試合でした。試合後の野村監督のインタビューも、そのことから話が始まると思っていましたが、意外なコメントでした。
 
 「今日は監督(の采配ミス)で負けた。同点に追いついて9回表日本ハムの攻撃が左から始まるということで、左(打者)・左(投手)にこだわって左腕・有銘投手で行って失敗した。(最初から小山投手で行くべきだった。)」
 
 監督というのは、意外なところを見ているものです。

続きを読む "楽天 逆転負け!"

投稿者 もりた : 22:02 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

ダルビッシュ 対 岩隈・エース対決

 今夜のプロ野球 パ・リーグ 東北楽天ゴールデンイーグルス北海道日本ハム・ファイターズの試合は、北海道日本ハム・ダルビッシュ有、東北楽天・岩隈久志 両チームのエースピッチャー同士の先発で始まりました。
 
 3回を終って3対0と、楽天がリードしています。1回裏と3回裏に、いずれも草野選手のタイムリーで挙げた得点です。少し前のインタビューで野村監督が草野選手はいいとおっしゃっていましたが、その言葉通り3番に入り、結果を残しています。
 
 
 楽天は首位・日本ハムに対して一昨日と昨日、2連勝しています。ダルビッシュ投手には前回、勝利を献上し予告通り“おめでた会見”をお膳立てするという屈辱を味わっています。今日楽天には、この調子で頑張って欲しいものです。
 
 
 残念ながら6回表日本ハムに3点を追加され、岩隈投手は降板してしまいました。きっかけは、5回表、打ち取った当たりをフェルナンデス選手のエラーによりセーフとなったことです。そこからリズムが崩れてしまいました。ボールそのものに問題はありませんが、試合運び・精神面など、かつての岩隈投手を100とすると、まだまだ50にも達していないのかもしれません。

続きを読む "ダルビッシュ 対 岩隈・エース対決"

投稿者 もりた : 18:57 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

ニューズ・ツー・ユー神原社長へのインタビュー記事を読みました

 インプレスR&Dの「Web担当者Forum」に掲載された株式会社ニューズ・ツー・ユー 神原弥奈子社長へのインタビュー記事を読みました。(雑誌ではなく、Webの記事で)
 
  PR 2.0時代の企業PR活動を支援する/ニューズ・ツー・ユー(Web担当者Forum)
 
  ・「PR 2.0時代の企業のネットPRを支援して すべてのステークホルダーにニュースを届ける」(minako's blog)

 
 
 インタビューの内容は“PR2.0時代における企業のネットPRを支援するニューズ・ツー・ユーの取組みや思い”について、かなり詳細に語られています。単に、企業の広報担当者向けというだけでなく、企業や商店のホームページ、ECサイト(ネットショップ)など、Webサイトを持っている全ての人に参考になるお話と思いますので、一読されることをお勧めします。
 
 但し今回のインタビュー記事はかなり長いので、ある程度の覚悟が必要かもしれません。もっとも、神原社長のお話は(神原社長のブログやご講演をお聴きになった方は判ると思いますが)、平易でわかり易くご説明されますので、頭の中にすーっと入ってくる感じです。

続きを読む "ニューズ・ツー・ユー神原社長へのインタビュー記事を読みました"

投稿者 もりた : 16:20 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

メジャーリーグ ヤンキース・チェンバーレイン投手はすごい!

 現地時間28日(日本時間 29日午前)に行なわれたメジャーリーグ ヤンキース対レッドソックスの試合は、5対3でヤンキースが勝ちました。レッドソックスの先発・松坂大輔投手は、7回5失点で降板し11敗目を喫してしまいました(13勝11敗)。
松井秀樹 対 松坂大輔の日本人対決は松坂に軍配
 松井秀樹 対 松坂大輔の日本人対決は松坂に軍配が上がった。
 
 (画像はNHK-BS1の放送映像より。)

 以前このブログで、松坂大輔投手の調子は既に復調しているとの私見を述べました。
 
  レッドソックス・岡島秀樹投手、オールスターゲーム出場決定(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 NHKのテレビ解説・梨田昌孝氏もおっしゃっていましたが、ボールそのものは問題ないように思います。ちょっとしたところ、今日の試合でいえば、初回先制点を取られた後、ここで抑えていればというところです。実際には2点目をとられ、ヤンキース主導の流れに変わってしまいました。
 
 次の登板で勝ち星を挙げられるよう、応援したいと思います。
 
 
 ところで、7回裏松坂投手がヤンキースのデーモン選手に2ランホームランを打たれ5-3となった後、8回から登板したヤンキースのチェンバーレイン投手はスゴいの一言です。
ヤンキース・チェンバーレイン投手の投球ヤンキース・チェンバーレイン投手
 ヤンキース・チェンバーレイン投手。
 
 (画像はNHK-BS1の放送映像より。)

 未だ21歳ながら、球が速い上に、コントロールもそこそこといったピッチャーです。この日の最速は161キロでした。スライダーが147キロです!松坂投手のスライダーも速いと思っていましたが、こんなに速いスライダーを打てる打者はなかなかいないと思います。プロ野球ファン、メジャーリーグファンの方は一度テレビで見てみることをお勧めします。

続きを読む "メジャーリーグ ヤンキース・チェンバーレイン投手はすごい!"

投稿者 もりた : 12:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

皆既月食と朝顔

 昨夜は6年ぶりの皆既月食ということでしたが、埼玉県越谷市は雨天により残念ながら観測することは出来ませんでした。ちょうどその時間は、儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナーの最中で、雷鳴とどろく激しい雨が降っていました。
 
  儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
うす曇の空にぼんやり光る月(2007年8月28日 21時半頃撮影) セミナーの帰りに天を仰ぐと、うす曇の空に月明かりがぼんやりと光っていました。既に月食が終って大分時間が経過した後ですが、心なしか右上が欠けているような気がします。(2007年8月28日 21時半頃撮影)

4色の花をつけた朝顔
 一方、今朝起きて見ると我が家の朝顔にたくさんの花が開いていました。お店の人が言っていたように4色の花が咲きました。今年の朝顔市で買ったものですが、いつまでも咲くので驚きます。

続きを読む "皆既月食と朝顔"

投稿者 もりた : 11:49 | 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月28日

儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー

 越谷市産業雇用支援センター「ステップワークこしがや」の会議室で、今週と来週の2回にわたって開催される標記のセミナーに参加しました。「ステップワークこしがや」の会議室で開催されるセミナーは、初参加でした。越谷産業会館(越谷市商工会が入居しているビル)とは雰囲気が違って、新鮮でした。
 
 講師は有限会社タカザワ企画 代表取締役であり、「ステップワークこしがや」インキュベーションマネージャーも務められる高澤 彰氏でした。高澤氏はメカトロニクス商社にて15年間営業に携わった後、独立され経営コンサルタントとしてご活躍とのことです。
 
 
 今回のセミナーは、“ほんとうに必要な「営業実務」がわかる”ことを目標として、「法人営業」の実務をご講義頂きました。前半にあたる本日は、“売れる営業&儲かる会社”の心構えについてお話いただきました。
 
 
 講演の中で高澤先生は、継続することの重要性を繰り返し力説されました。
 
 例えば、3つの心構えの1番目として、3禁句のお話をされました。
 「『しない、できない、わからない』を言わない、これを繰り返すことにより、いつしか習慣化される、それがライバルとの差別化になる」とおっしゃっていました。
 また「お客様から頼まれる『細かいこと、面倒な仕事=人がいやがる仕事』を断らない。これを継続すれば、そのうちお客さんの方が申し訳ないという具合になって来る。」とお話されました。

続きを読む "儲けてなんぼ!!!「法人営業」セミナー"

投稿者 もりた : 23:52 | 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

シンガーソングライター 岡村孝子さん

 先日の「あみん」のコンサート会場で購入した、24年ぶりのオリジナル・セカンドアルバム(注1)In the prime」を聴きました。
(注1) 「P.S. あなたへ」(1983年4月)に続く24年ぶり・2枚目のオリジナル・アルバムです。そのほか、他のアーティストの楽曲をカバーしたアルバム「メモリアル」(1983年12月)があります。
 
  「待つわ'07」あみん・25周年コンサートに行ってきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 思い出してみるとレコード盤、CD、ダウンロードを問わず音楽を購入したのは、数年前に「Simba(高嶋ちさ子)」(2002年9月)、「CHISA&MINO(加羽沢美濃&高嶋ちさ子)」(1999年7月)を購入して以来です。(この後本棚を調べてみると、今年1月の高橋 孝ファーストコンサートの際に購入した「逢いたくて(高橋 孝)」(2006年2月)がありました。(2007年9月1日 訂正))
 
 
 歌詞カードを一曲一曲確認しながら、ワクワク感を味わったのは久しぶりです。10曲のうち9曲が作詞・作曲:岡村孝子/編曲:荻田光雄です。シンガーソングライター・岡村孝子を堪能しました。
 
 
 先月放送されたNHKの番組によると、26年前に名古屋の大学に入学した岡村孝子さんと加藤晴子さんは、消しゴムの貸し借りをきっかけとして知り合ったそうです。岡村さんが作曲した曲を加藤さんに聴かせたことから、2人は音楽活動を一緒に行うようになったそうです。
 
 その時のことを岡村さんは、「あぁ見つけた!」と思ったそうです。「声質が似ているので、この人(加藤さん)と一緒ならきれいなハーモニーができるんじゃないかと思った」と語っていました。その後、ポプコン出場・優勝・プロデビュー・紅白出場・1年半で解散・別々の道を歩むについては、前回ご紹介しました。
 
 26年前に加藤さんと出会えたこと、再び「あみん」として一緒に歌えたことの喜びや感謝など、岡村さんの現在の心情を表現した詩が多いように思いました。個人的には、メロディも憶えやすく楽しげなひまわりという歌が好きです。

続きを読む "シンガーソングライター 岡村孝子さん"

投稿者 もりた : 16:53 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月27日

Yahoo! JAPANの新しいレイアウト

 Yahoo! JAPANのトップページのレイアウトが、突然変わりました。
Yahoo! JAPANの新しいレイアウト(テスト中)

 教室で教えている時に、私が使用している講師用のパソコンのYahoo! JAPANのレイアウトが、上図のように変わりました。隣のパソコンを見てみると元のままです。
隣のパソコンのYahoo! JAPANトップページは元のまま

 画面の一番上に「Yahoo! JAPANの新しいレイアウトをテスト中です。アンケートにご協力ください(8月29日まで)。」と書いてあります。近々全面的にリニューアルされるのでしょうか?
新しいレイアウトに対するアンケートページ

 
 それにしても、新しいレイアウトに変更されたパソコンは、どのようにして選ばれたのだろうか不思議です。

投稿者 もりた : 23:55 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月26日

越谷市郷土研究家・高崎 力先生

 昨日、埼玉県越谷市中央市民会館・劇場で開催された「日本一の力持・越谷出身・三ノ宮卯之助 -持ち上げた610キログラム-」と題する高崎 力先生のご講演を拝聴しました。
三ノ宮卯之助生誕200年記念講演会が開催された越谷市中央市民会館越谷市中央市民会館を入ると「日本一の力持・越谷出身・三ノ宮卯之助 -持ち上げた610キログラム-」の案内が出迎え

 三ノ宮卯之助(1807~1855年)は越谷市三野宮出身で、江戸力持番付で東の大関(注1)になった人物ということです。埼玉県を中心として、日本各地に卯之助が持ち上げたとされる石が発見されており、力持自慢として各地を興行して歩いたようです。
(注1) 江戸時代、相撲番付の最上位は大関でした。相撲に横綱という地位が登場するのは、明治以降です。
 
 
 高崎 力先生は、わが越谷の郷土研究の第一人者として、さまざまな調査・研究をされて来られた方と認識しております。小中学校の教員を長年勤められた後、教育委員会など教育のお仕事に従事される一方、見田方遺跡の発掘・調査で大きな業績を残されるなど、郷土・越谷の歴史研究に大きな貢献をされて来られたとお聞きしています。
 また新方領耕地整備事業の任に当たられ、越谷の教育・文化・農業など多方面にわたり貢献されて来られたということです。
 
三ノ宮卯之助について講演される越谷市郷土研究会・常任顧問 高崎 力先生
 三ノ宮卯之助について講演されるNPO法人 越谷市郷土研究会・常任顧問 高崎 力先生。

 高崎先生は、私の住む越谷市桜井地区大泊のご出身で、小中学校時代の同級生のおじさんでもあるため、親しみを持っていました。越谷市立北中学校では直接授業は受けておりませんが、一緒に林間学校に参加した思い出があります。
 高崎先生は現在80歳を越えていらっしゃるとお聞きしていますが、今年6月、越谷市郷土研究会総会後の“映像で見る「懐かしの越谷」”上映会で約37年ぶりに元気なお姿を拝見し、とても勇気づけられました。
 
 
 昨日のご講演では、三ノ宮卯之助の研究に携わるきっかけから裏話に至るまで、高崎先生の56年間の卯之助研究のお話を、わずか1時間半でお聴きしました。結論だけを表や資料にまとめると、わずか21ページの資料ですが、1つ1つの事がわかるまでに年単位の時間がかかることを知りました。
 
 例えば卯之助の力石は関東(埼玉、神奈川、江戸)のほか、関西(大阪、姫路)でも発見されました。卯之助がどのようなルートを通って関西まで行ったのか、高崎先生は甲府に目星をつけて何回も調査に行きましたが、なかなか見つからなかったそうです。
 何年も経って、山梨県の図書館から卯之助の資料が見つかったという連絡が入ったそうです。図書館では、資料の意味・価値が理解できないため、「その他」に分類され、しかも概要は「不明」となっており、そのため先生が何回アタックしてもわからなかったのだということです。
 
 また卯之助の力石は関東では、埼玉、神奈川、江戸でそれそれ複数個発見されているのですが、千葉県(木更津)に1個だけ発見されたそうです。この謎を解くため、高崎先生は力石が発見された木更津に通うなど熱心に調査しましたが、結果的には江戸にあったものが木更津に運ばれたものであることがわかったそうです。この件で6年の歳月を費やしたそうです。
 
 
 三ノ宮卯之助の日本一が、様々な観点で証明されるということですが、高崎先生から最後に見せていただいた垂れ幕が一番わかり易いので掲載します。(なおそれぞれの注記は、先生のお話や資料を基に私が付け加えたものです。)
三ノ宮卯之助の日本一についてまとめられた垂れ幕
 三ノ宮卯之助のさまざまな日本一についてまとめられた垂れ幕。

 日本一
 
  ・卯之助力石総数 37個
    江戸時代、日本各地に力石自慢はたくさんいたが、発見されている力石の数は卯之助の名が刻まれたものが日本一多い
 
  ・御上覧力持の栄 江戸深川八幡神社 天保4年6月
    徳川将軍様に見せたのは卯之助だけ。
 
  ・力持巡業往復距離 姫路往復天保年間
    卯之助は江戸から姫路まで往復している。他の例としては、土橋久太郎が江戸から諏訪大社まで行っている。
 
  ・「江戸力持番付」で東の大関
    天保4(1833)年6月と嘉永元(1848)年6月。嘉永元年6月12日の番付表をスライドで見せていただきました。
 
  ・祈願成就の力石 甲府・稲積神社
    甲府・稲積神社にある力石は地元では“文殊の石”と呼ばれ、大学受験・恋愛成就の石として祈願の対象となっているそうです。こういう力石は卯之助の力石だけ。
 
  ・大磐石の重さ・610kg 桶川・稲荷神社 嘉永5年
    桶川・稲荷神社にある力石の重さは610kgで日本一。通常力石の重さは寸法と石質からの推測値が多いのですが、ここのは実測値だそうです。
 
  ・銅像になった力石(力持) 平成18年12月 姫路・魚吹八幡神社
    高崎先生が姫路・魚吹八幡神社を訪れた際、16歳の時の卯之助の故事を語ると、お話を聞いた神社の方は大変感激されたそうです。まさか銅像まで造るとは、高崎先生も驚いたそうです。銅像になった力石(力持)は卯之助だけ。

続きを読む "越谷市郷土研究家・高崎 力先生"

投稿者 もりた : 21:10 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月24日

「待つわ'07」あみん・25周年コンサートに行ってきました

 東京都調布市グリーンホールで催された「あみん」のコンサートに行ってきました。京王線・調布駅すぐそばのグリーンホールに着くと、既に20人程の列が出来ていました。しかも、ほとんどが私と同じ中年男性ばかり。ほどなく雨が降り出し、建物に身を寄せて待つこと20分、午後6時少し前に入場が始まりました。
「あみん」25周年コンサートが開催された調布市グリーンホール
 「あみん」25周年コンサートが開催された東京・調布市グリーンホール。開場30分前には既に20人程の列が出来ていました。

 
 6月末頃テレビを見ていると、'80年代のヒット曲「待つわ」を熱唱する「あみん」(注1)の復活を伝える映像が目に飛び込んできました。
(注1) 1982(昭和57)年「待つわ」でデビューした岡村孝子さん、加藤晴子さんの女子大生デュエット。
 NHKの「SONGS」という番組の予告でした。放送日時がうろ覚えだったために、7月11日水曜日の本放送は見逃してしまいました。しかし運が良いことに、翌週水曜日の朝8時半からNHK-BS2の再放送を見ることが出来ました。まったくの偶然でした。
 
 
 再び今日のコンサートに戻ります。私はコンサートや映画・演劇などの鑑賞の際、どんな人が来ているか、来場者のプロフィールに興味があります。私が足を運ぶ場所は、どういうわけか男性よりも女性が多く、年齢的には60代、70代といったやや高めの方が多い傾向にあります。自分では意識していませんでしたが、女性の嗜好に近いのかもしれません。
 
 しかし、今日の観客層はいつもと違っていました。年齢層が非常に狭く、特に男性は40歳から50歳位の方が圧倒的に多かったように思います。男女比はほぼ半々、女性の方が若干多いといった程度でした。それよりも驚いたことは、1人で来ている男性客が多かったことです(私もその1人ですが)。その他では、小学生くらいのお子さんを連れたお母さんの姿も目に付きました。
 

 さてコンサートの内容ですが、24年ぶりにリリースしたというオリジナル・アルバム「In The Prime」の曲が中心でした。コンサートツアーのタイトルにもなっているIn The Primeについて、岡村さんが説明してくれました。
 「In The Prime」とは、全盛(期)、盛りというような意味で、“青春真っ只中”というような使われ方をするそうです。しかし若者だけでなく、40代は40代なりに、50代は50代なりに精一杯生きていることを表す言葉だそうです。
 
 続いて、岡村さんが語ってくれた「あみん」の歴史です。(先月視たNHKテレビ「SONGS」の内容も混じっています。)
 
 1981(昭和56)年1982(昭和57)年(注2)、名古屋の大学に入学した岡村さんと加藤さんは「あみん」を結成し、ヤマハのポプコンに出場して優勝します。その後プロデビュー、その年の紅白歌合戦出場とトントン拍子に前進します。
(注1) 大学入学と2人の出会いは1981(昭和56)年だそうです。ポプコン優勝、プロデビュー、紅白出場が翌1982(昭和57)年とのことです。(2007年8月28日 誤り訂正)
 
 私事ですが当時私は、社会人3年目でした。仕事のストレスを歌番組を見て癒した思い出があります。「あみん」は毎週のようにテレビ出演していましたので、その勢いに驚いたものです。自分よりも5~6歳年下の彼女たちの活躍を見て、一層そう感じたのかもしれません。
 
 約1年半の活動の後、翌年「あみん」は解散しその後、岡村さんと加藤さんは別々の道を歩みます。岡村さんは数年のブランクの後、上京し音楽活動を再開、ソロとして活躍します。甲子園の入場行進曲にもなった「夢をあきらめないで」は、その後の“応援メッセージソング”(「負けないで」(ZARD)、「TOMORROW」(岡本真夜))の魁(さきがけ)だったような気がします。

続きを読む "「待つわ'07」あみん・25周年コンサートに行ってきました"

投稿者 もりた : 23:56 | 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月23日

「誰でも割」、「新・自分割引」、「ひとりでも割」

 既にご存知のことと思いますが、携帯電話各キャリアの基本料金、新・割引プランが発表されています。
 
[au]
  au、「誰でも割」を導入--利用年数関係なく基本使用料が半額(CNET Japan)
  ・KDDI、1人でもいきなり半額「誰でも割」開始──9月1日から(ITmedia +D モバイル)
  ・「誰でも割」で、ドコモやソフトバンクに対抗──KDDIの高橋氏(ITmedia +D モバイル)

 
[ソフトバンクモバイル]
  ソフトバンクモバイル、オレンジプランに「新・自分割引」導入--KDDIに対抗(CNET Japan)
  ・ソフトバンク、KDDI対抗の「新・自分割引」を発表(ITmedia +D モバイル)

 
[NTTドコモ]
  ドコモ、「ファミ割MAX」と「ひとりでも割引」の割引率を一律50%に(CNET Japan)
  ・ドコモ、2年間の継続利用で基本料を最大50%引きに、個人も対象(CNET Japan) (注1)
  ・ドコモ、新割引サービス「ファミ割MAX」「ひとりでも割」を導入(ITmedia +D モバイル) (注1)

 (注1) 最後の2つの記事は、NTTドコモが6月26日発表したものです。NTTドコモはその後、割引率を見直し、再度発表しています。(最初の記事)
 
 
 基本料金の家族割引、単身割引プランの内容を、従来は継続利用年数に応じて最大50%割引くとしていたのを、最初から50%割引くというものです。きっかけは7月19日、au(KDDI)による「誰でも割」の発表でした。
 
 au(KDDI)に対抗してソフトバンクモバイルが同じ日(7月19日)に「新・自分割引」を発表しました。
 
 約一週間後(7月27日)にNTTドコモが、既に発表していた新・割引プランの割引率を変更して、契約年数に関係なく一律50%とすると発表しました。(「ファミ割MAX50」、「ひとりでも割50」)
 
 
 先陣を切って、NTTドコモが新割引プランの申込受付を昨日(8月22日)から開始しました。母の携帯がNTTドコモですので、さっそくWebサイト(PC)にアクセスしましたが、混み合っているため申込みできません。そこで携帯電話からのアクセスを試みましたが、ネットワーク暗証番号を把握しておらず、2回入力失敗(不一致)したところで中断しました。(3回誤ると、電話をかけて解除してもらう必要があるため)

続きを読む "「誰でも割」、「新・自分割引」、「ひとりでも割」"

投稿者 もりた : 01:01 | 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月22日

YouTubeの広告表示が始まる

 米国時間8月22日から、YouTubeに広告(ミニコマーシャル)が表示されるというニュースが、CNET Japanで報じられています。
 
  グーグル、ついにYouTubeで新広告フォーマットを展開へ(CNET Japan)
 
 
 それによると、
 
 “Googleはこれまでずっと、利用者の動画視聴エクスペリエンスが損なわれないとの確証が得られない限り、広告フォーマットをローンチして広告主にYouTubeを利用する1億3000万人に露出する機会を与えるようなことはしないと述べてきた。”
 
 
 Googleが採用した手法は、スクリーンの下方に小さく表示されるミニ・コマーシャルということです。
 
 “Flashアニメーションで作られたYouTubeのミニコマーシャルは、ビデオの下の方に透けるように表示され、10秒間で消える。広告が表示されると、ユーザーはこれをクリックし、再生中の動画を一時停止することができる。その後ユーザーは「プレーヤー内プレーヤー」に誘導され、広告主のコンテンツに接することができる仕組みだ。広告の外部をクリックすれば、ビデオ再生がまた始まる。”
 
 
 これは、アメリカではテレビ局が長年採用してきた手法に似たものということです。
 
 “米国時間8月21日の発表によれば、Google傘下のYouTubeが取り扱う広告の手法は、テレビ放送局が長年採用してきたモデルに似たものになるという。テレビ視聴者は、番組を見ているときに、スクリーンの下の方にDavid Letterman(米国のコメディアン)などの有名人がプロモーションのために現れても驚かない。YouTubeではこれに似た手法が採用された。”
 
 (以上、CNET Japan 2007/08/22 「グーグル、ついにYouTubeで新広告フォーマットを展開へ」より引用)

続きを読む "YouTubeの広告表示が始まる"

投稿者 もりた : 19:09 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

Google Mapを埋め込む

 たびたび引用させていただいているネタフルさんから、次のエントリーをご紹介します。
 
  Googleマップを手軽にブログに貼付けられるようになった(ネタフル)
 
 CNET Japanさんからも同様の記事が報じられています。
 
  Google マップにブロガー向けの新機能--HTMLタグの記述でブログなどへ張り付け可能に(CNET Japan)
 
 
 試しに私どもの店舗付近の地図を貼り付けてみました。貼り付け方はネタフルさんのエントリーにある説明の通りに行なえば可能です。通常のプログパーツの貼り付けと同じ手軽さで、貼り付け出来ました。
 

拡大地図を表示

続きを読む "Google Mapを埋め込む"

投稿者 もりた : 17:47 | インターネット | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月21日

バドミントンの“オグシオ”銅メダル

 バドミントンの世界選手権で坂本修一、池田信太郎(日本ユニシス)が、日本男子初の銅メダルを獲得したそうです。一方、女子ダブルスでも小椋久美子・潮田玲子(三洋電機)ペア(いわゆる“オグシオ”)が銅メダルに輝き、男女揃って記者会見をしたそうです。
 
  銅メダルに「うれしさでいっぱい」=バドミントンのオグシオら、喜びの会見(Yahoo!ニュース - 時事通信)
  ・坂本、池田組も日本男子初メダル(Yahoo!ニュース - スポーツニッポン)

 
 
 女子の小椋・潮田組は“オグシオ”の愛称で、広くスポーツファンに親しまれています。日本選手権・女子ダブルス3連覇中で、国際大会でも実力を発揮していますが、世界選手権で銅メダルを取るとは予想していませんでした。テレビの記者会見を見ましたが、本人たちは準決勝で敗れたことが悔しかったようです。
 2人とも美人ですので、北京オリンピックに向けてますます応援に力が入ってしまいそうです。(バドミントンのテレビ中継が少ないのが残念です。
 
 
 ところで、バドミントンの日本女子ダブルス(注1)は伝統的に強いと認識しています。かつては、竹中(栂野尾)悦子・相沢マチ子(新潟青陵短大)ペアが全英選手権で準優勝しています。(注2)
(注1) 日本女子はダブルスだけでなくシングルも伝統的に強いと訂正します。女子団体の世界選手権であるユーバー杯に日本は、1960年代から80年代にかけて5回優勝しています。(2007年8月22日 訂正)
(注2) 竹中・相沢ペアはその後、全英選手権で優勝しています。(2007年8月22日 追記)

 実は当時中学生だった私も、バドミントンをやっていました。もちろんスポーツとしてです。その頃の代表的な選手としては、女子ダブルスの竹中・相沢ペア、男子シングルス小島一平選手、女子シングルスは湯木(新沼)博江選手高木(中山)紀子選手などです。ちなみに湯木博江さんの夫は歌手の新沼謙治さんです。
 
 
 その当時の雑誌(バドミントン界)が残っていました。1970 decemberとあります。表紙は相沢マチ子選手(新潟青陵短大)です。
1970年12月号「バドミントン界」
 1970年12月号「バドミントン界」(THE BADMINTON WORLD)の表紙。モデルは相沢マチ子選手(新潟青陵短大)です。
 
 日本バドミントン協会の発行、定価一部100円、40ページでした。

 第25回岩手国体での一般女子決勝、女子ダブルス 高木紀子・天野博江組(岐阜) 対 竹中悦子・相沢マチ子組(新潟)の写真が掲載されていました。写真の見出しにはさながら世界選手権とあります。両ペアとも世界レベルであったということかと思います。
新潟県代表 竹中悦子・相沢マチ子組。全英選手権の準優勝ペアです。
 新潟県代表 竹中悦子・相沢マチ子組。全英選手権の準優勝ペアです。
岐阜県代表 高木紀子・天野博江組。
 岐阜県代表 高木紀子・天野博江組。当時の実力者ペアです。

 この試合を含め、岐阜対新潟(団体戦)の結果は次のような記録が残っています。(「バドミントン界 no.16」より引用)

  ■ 決勝
   新潟 2 - 1 岐阜
    ダブルス 竹中・相沢 2 - 1 高木・天野  (7-15、15-13、18-17)
    シングルス 相沢 1 - 2 高木  (10-12、11-5、3-11)
    シングルス 竹中 2 - 0 天野  (11-4、11-2)

続きを読む "バドミントンの“オグシオ”銅メダル"

投稿者 もりた : 23:46 | 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月20日

携帯ブログ「デコブロ」がiモード公式サイトに

 2ヶ月前よりマイネットジャパンが運営する「デコブロ」を使って、ケータイ・ブログを書いています。
 
 今日から「デコブロ」がiモードの公式サイトになったそうです。そのせいか、昨夜から(現在も)「デコブロ」に非常につながりにくくなっています。もしかしたら、iモード公式サイト化によってアクセスが急増したのかもしれません。
 
 
 また、iモード公式サイト化に伴い、ドコモ端末での外部リンク機能に一部制限が加えられたようです。
 
  ブログもドコモ公式に--マイネットの「デコブロ」が公式サイト化(CNET Japan)
 
 “ ドコモでは公式サイトに対して外部サイトへのリンクを禁じている。これはリンク先の安全性が担保できないという理由によるものだ。デコブロではこれまでURLを記載すると自動的にリンクがはられるようにしていたが、公式化に伴い、ドコモ端末からアクセスした場合はリンクタグを無効化してhttp://●●という文字列が並ぶようにした。”(以上、CNET Japanの上記記事より引用。)
 
 
 そういえば、8月10日にデコブロ運営者から「ドコモ端末での外部リンクにつきまして」という下記内容のお知らせが来ていました。
 
 “セキュリティ上の理由により、ドコモ端末での自動外部リンクを削除する対応を行いました。これまで、エントリ内や自由記述欄でhttp://で始まるURLを記載した場合には、自動的にリンクを設定しておりましたが、しばらくの間、この自動リンク設定がご利用いただけなくなります。
 
 ドコモ端末においては、別途外部サイトを閲覧できるシステムや、リンク先サイトの安全性を確認した上でリンクを設定するシステムの導入を検討しております。
 
 ドコモユーザーの方には、しばらくの間たいへんご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。(以下、au端末ではこれまで通り変更なく外部リンクを使えること、デコブロ内のリンクについてはドコモ端末・au端末でこれまで通り使える、という内容)
(以上、デコブロ★スタッフブログより引用。)
 
 
 私のケータイはauですので変更ありませんが、こういうことだったのかと、今わかりました。

続きを読む "携帯ブログ「デコブロ」がiモード公式サイトに"

投稿者 もりた : 16:15 | 携帯電話 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

「三ノ宮卯之助生誕200年」記念講演会

 今週の土曜日、埼玉県越谷市出身“日本一の力持ち”「三ノ宮卯之助生誕200年」記念講演会が開催されます。
 

● 「三ノ宮卯之助生誕200年」記念講演会
  日時  2007年8月25日(土)午後1時30分~3時
  場所  越谷市中央市民会館劇場(越谷市役所前)
  講師  高崎 力氏(NPO法人越谷市郷土研究会 常任顧問)
 
  ※ 参加申込は8月22日(水)までに、048-963-9315(越谷市教育委員会生涯学習課)へ

続きを読む "「三ノ宮卯之助生誕200年」記念講演会"

投稿者 もりた : 14:53 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月19日

新藤兼人傑作選を見る

 新藤兼人傑作選を東京・渋谷のシネマヴェーラ渋谷ユーロスペースと同じビルの4階)で見ました。結果的に8月15日から17日まで、3日連続で渋谷に通ったことになります。
 
  新藤兼人監督「陸(おか)に上がった軍艦」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 新藤兼人監督作品のうち24作品を連日上映していたようですが、残念ながら17日(金)で終了でした。最終日になんとか3作品だけ見ることが出来ました。
 
 下左はシネマヴェーラ渋谷によるパンフレット、右は「新藤兼人全監督作品カタログ」で1冊購入しました。
東京・シネマヴェーラ渋谷にて2007年8月4日から17日まで上映された新藤兼人傑作選のパンフレット新藤兼人全監督作品カタログ

 
● 縮図(1953年)
 
 佃島の貧しい靴屋の娘・銀子が芸者置屋に売られていく話です。「これは、人身売買が公然と行なわれていた頃の話である」という説明が冒頭に表示されますが、この映画が撮影された時期からすれば過去の出来事の作品化ではなく、戦後間もない当時の現実だったように思います。
 
 出演は、主演・銀子役に乙羽信子、銀子の父・銀蔵役 宇野重吉など。
 
 朝鮮特需の世相も少し出てきます。キンキン塾公演「昭和26年・下宿神田屋」と同じ時代の話です。
 
  サプライズ2 三越劇場「昭和26年・下宿神田屋」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
● 三文役者(2000年)
 
 新藤監督作品の常連、映画俳優の殿山泰司さんの半生を描いた作品です。「どーも、どーも」が口癖の殿山さんは、みんなに「タイちゃん」と呼ばれ親しまれていたそうです。
 
 出演は、主人公・タイちゃん(殿山泰司)役に竹中直人、内縁の妻・キミエ役 荻野目慶子、正妻・アサ子役 吉田日出子。
 
 「裸の島」、「人間」など過去の映画の殿山さん自身の出演シーンが随所に使われています。また、殿山さんとともに新藤監督作品の常連であった女優の乙羽信子さんが、殿山さんとの思い出を語るオカジ(乙羽信子)本人の役として出演されています。これは、乙羽さん(1994年没)が生前に撮っておいたシーンをうまく使用して、出演しているように見せているのだそうです。(「新藤兼人全監督作品カタログ」より

続きを読む "新藤兼人傑作選を見る"

投稿者 もりた : 14:40 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月17日

一場、小山のリレーで楽天快勝

 昨日のプロ野球 パ・リーグ 楽天対オリックス 17回戦は、4対0で楽天が一場投手、小山投手のリレーで快勝しました。
 
 昨夜は、河瀬監督のトークショーを聞くため渋谷に来ていたので、携帯電話のR25式スポーツ速報で試合経過をチェックしていました。
 一場投手はオールスター後、先発のチャンスが何度かありましたが、ここまで結果を残すことが出来ませんでした。昨夜は8回表まで0点に抑える好投で、0対0の均衡したゲーム展開だったようです。8回裏に楽天が4点を挙げ、9回表も一場投手が登板した時、「あぁ野村監督は一場投手を育てる考えだな」と感じました。
 残念ながらアウトを1つも取れず、ランナー2人を残したままマウンドを降りました。後を継いだ小山投手が見事3人で抑え、チームを勝利に導きました。
 
 
 一場投手は今季初勝利です。試合後の野村監督は厳しいコメントを残していますが、岩隈投手に続き頼もしい先発ピッチャーが帰ってきてくれたと信じたいと思います。
 
 これで小山投手は 1勝0敗6S、依然防御率0.00!(投球回数11回2/3、自責点0)です。

続きを読む "一場、小山のリレーで楽天快勝"

投稿者 もりた : 12:38 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー(2)

 昨日は河瀬直美監督のトークショーが行なわれると聞き、東京・渋谷のユーロスペースで上映中の「殯の森(もがりのもり)」を観にいきました。
 
  河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 上映開始は21:10でしたが、18時ごろ劇場に行きチケットを購入しました。入場開始までかなり間がありましたが、何とか時間をつぶし、15分前に劇場に戻りました。整理ナンバーはかなり若い番号(25番)でしたので、前回(新藤兼人監督トークショー)と同様、最前列に席を取りました。
 
  新藤兼人監督「陸(おか)に上がった軍艦」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 約2時間の上映終了後、河瀬直美監督と松江哲明監督が壇上に現れました。
 
 河瀬監督は奈良からお子さんを連れて出て来られたばかりで、お子さん(未だ小さい)はホテルの部屋に残されて、このトークショーにお出でいただいたということです。ちなみに、奈良駅までは「殯の森」の主演・うだ しげきさんが送ってくれたそうです。
 
 「殯の森」制作のエピソードをはじめ、長谷川京子さん主演の新作や、山形映画祭への参加などについてお話されました。
 
 会場には「殯の森」にも出演された渡辺 真起子さんも立見席に立っていらっしゃいました。10月公開の「愛の予感」(小林政広監督)に出演されるということです。
 
 
 一方対談の相手、松江哲明監督は、河瀬監督の元スタッフで、松江監督作品「童貞。をプロデュース」が8月25日(土)から9月7日(金)まで池袋シネマ・ロサにてレイトショー(21:00~)されるということです。
(公開記念イベントが8月18日(土) 23:00から池袋シネマ・ロサにて行なわれるそうです。)

続きを読む "「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー(2)"

投稿者 もりた : 12:06 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(2)

 昨夜、東京・渋谷のユーロスペースで河瀬直美監督の映画「殯の森(もがりのもり)」を観ました。先月に続き2度目です。河瀬監督ご本人がお出でになると耳にしたためです。
 
  河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 先月同じく東京・渋谷の・シネマ・アンジェリカで観た時は、60代前後の観客が圧倒的に多かったのですが、昨夜は20代の人がたくさん観に来ていました。1ヶ月経って若い人にも少しずつ浸透してきたのかなと思います。
 
 2度目なので少し余裕があったせいか、映像の細かいところまで見る事が出来ました。しかし、音については、上映後のトークショーで河瀬監督が「今回は音にもこだわった」とコメントされたことで、初めて気がつきました。
 
 また今回は英語字幕付きでした。始めは気になりましたが、前回セリフが聞き取れなかった(かなり重要な)シーンも、字幕のお陰で理解することができました。(どのシーンかは、あえて申しません)
 
 
 大きな劇場ではありませんが、順次全国の劇場で公開されるようです。ぜひたくさんの人に見ていただきたいと思います。公開スケジュールは、「殯の森」公式ホームページのTheaterに掲載されています。

続きを読む "河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(2)"

投稿者 もりた : 11:02 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月16日

「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー

 「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督のトークショーが東京・渋谷のユーロスペースで、今夜21:10の回の上映後、催されます。聴きに行きたいと思います。
 
  殯の森 最新情報
 
 「殯の森」は既に1ヶ月前に観ましたが、先週の土曜日に「陸(おか)に上がった軍艦」を観た時に、この映画館で上映していることを知りました。レイトショーという1日1回 21:10からの上映のみであるのが残念です。
 
  河瀬直美監督「殯の森(もがりのもり)」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・新藤兼人監督95歳「言っておきたいことがある」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・新藤兼人監督「陸(おか)に上がった軍艦」(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 帰宅後ホームページを見て、今夜のトークショーのことを知り、もう一度鑑賞することにしました。
 
 
 河瀬直美監督の映画を観るのは、10年前のカンヌ国際映画祭・新人賞受賞作品「萌の朱雀(もえのすざく)」以来、2作品目です。先日テレビ朝日の「徹子の部屋」に出演された時の映像を拝見しました。この10年間いろんな人生経験をされたとお話されていました。今回再びカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞されたことを、心からお祝い申し上げます。
 
 
 新藤兼人監督の「陸に上がった軍艦」もそうですが、河瀬直美監督の「殯の森」は上映される劇場の数、収容人数ともに少ないのが残念です。こんなにいい映画を作る人が日本にいることを、気付く日本人が少ないことがとても残念です。
 
 順次全国の劇場で公開されるようです。公開スケジュールは、「殯の森」公式ホームページのTheaterに掲載されています。

続きを読む "「殯の森(もがりのもり)」河瀬直美監督トークショー"

投稿者 もりた : 13:52 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月15日

新藤兼人監督「陸(おか)に上がった軍艦」

 公開中の映画「陸(おか)に上がった軍艦」の原作者である、映画監督・新藤兼人監督のトークショーがあると聞き、東京・渋谷の劇場ユーロスペースに行ってきました。
東京・渋谷のユーロスペースで上映中の「陸に上がった軍艦」
 東京・渋谷のユーロスペースで上映中の「陸に上がった軍艦」。この劇場では、このほか「新藤兼人傑作選」や、河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」(今年度カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞作品)なども上映されています。

 この映画を観るのは先週の土曜日(8月11日)に続き2度目です。
 
  新藤兼人監督95歳「言っておきたいことがある」(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 観客が殺到するのでないかと思い早めに家を出て、上映1時間前の10時に劇場に到着しました。未だ人影はまばらで、鑑賞券を購入すると整理ナンバーは30番でした。その後、人数がどんどん増しロビー一杯に膨れ上がりました。上映10分前から整理番号順に入場が始まり、私は迷わず最前列の席に座りました。いつもの私では考えられないことです。
 
 
 11時ちょうどに上映が始まり、正面のスクリーンに見入りました。4日前に続き2度目で予め次のシーンがわかっているので驚きはありませんでしたが、前回見たはずの自分の記憶(日時や場所、施設の名前など)が案外いいかげんであることに少しあきれてしまいました。“海軍精神注入棒”は“直心棒”、宝塚音楽学校ではなく宝塚少女歌劇団の大劇場に基地を置いたことなどです。また、8月15日の空襲の標的(終戦のため行なわれず)はその宝塚の劇場、その前月7月24日にも神戸の川西飛行機の工場への空爆があったことなどです。
 
 
 トークショーは約1時間半の上映の後、すぐに始まりました。テレビ局のクルーが入るので立見客にもう少し奥へ移動して欲しいという案内の後、3~4分で準備が整いました。(手際のよさに少し驚きました。)
 
 今回は、新藤兼人監督と、新藤監督のお孫さんである新藤風さん(同じく映画監督)とのミニ・トークショー(約30分)でした。劇場に入るところから壇に上がる時も、風さんが肩を支えていらっしゃいました。インタビュー中、風さんは「監督」と呼んだり「おじいちゃん」と呼んだりと、普段の間柄が垣間見られました。
 
 
 「“ハエ1,000匹”など面白おかしく、断片的な話は聴いたことがあるけど、この映画を観てようやく(全体像が)わかった。今までも戦争や原爆の映画を作っているけど、今回の様に証言者として自分の体験をすべてさらけ出そうと思ったのは何故?」
 
 こんな風さんの問いかけに対し、「表現する機会は、これが最後だと思って」と新藤監督は答えられました。
 
 
 新藤さんは昭和19年4月に帝国海軍二等兵として召集されました。同期として100人召集されたそうです。予科練など10代の志願兵と異なり、みな30歳過ぎの人ばかりだったそうです。召集後間もなくクジで60人が選ばれフィリピンに派遣されることになりましたが、航行途中にアメリカの潜水艦に撃沈され全員亡くなったそうです。
 
 その中の一人がフィリピンへ出発前、奥さんから来たハガキを新藤さんに見せてくれたそうです。
「今年ももうすぐお祭りです。でもあなたがいないお祭りは、何の風情もありません。」
そのハガキにはそう書かれていたそうです。
 
 「彼もフィリピンへ向かう船上で死んだが、その後その奥さんはどうしたことか(わからない)。」
 
 「家族にとって、どんなエラい人より、どんなに権力を持っている人よりも、自分の旦那さん、お兄さん、息子が一番大事な人なんだ。」

 
 新藤監督は語ります。
 
 「戦争というのはその家のお父さんとか、お兄さんとか、息子とか、家族にとって一番大事な人を軍人として持っていってしまうんだな。」
 
 「一度(ひとたび)召集が来たら従うしかない。それはわかっている。個というものが無いんだな。」
 
 「戦争に持っていかれた人間は鉄砲に当たれば死んでしまう。すると残された家族の人生も無くなってしまう。」
 
 「戦争をすると、そのように個が破壊される。個が破壊されると、そのバック(背後)にいる家族の人生も破壊されてしまう。戦争というのはそういうものなんだ。」

 
 だから戦争はしてはいけないんだ、そうおっしゃっていたように思います。

続きを読む "新藤兼人監督「陸(おか)に上がった軍艦」"

投稿者 もりた : 21:39 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月13日

新藤兼人監督95歳「言っておきたいことがある」

 先週の土曜日、東京・渋谷のユーロスペースという映画館で「陸(おか)に上がった軍艦」という映画を観ました。映画監督・新藤兼人さんの戦争体験を基に作られた作品です。
東京・渋谷のユーロスペース東京・渋谷のユーロスペースで上映中の「陸に上がった軍艦」
 東京・渋谷のユーロスペースで上映中の「新藤兼人95歳映画監督 陸(おか)に上がった軍艦

 新藤兼人監督は現在95歳、もちろん映画監督として有名な方です。新藤監督は終戦前年の昭和19年に召集され、海軍の二等水兵として約1年軍人として戦争を体験されたそうです。この映画は新藤監督ではなく、別の監督(山本保博監督)が演出されていますが、新藤兼人監督の証言を基に、脚本は新藤監督自身が書かれているようです。
 
 この映画を観るきっかけを下さったのは、私のネットビジネスの師であり、人生の大先輩でもあるビジネス情報ネットの鈴木大吉先生です。先生の書かれているブログを読んだことがきっかけです。
 
  新藤兼人95 才、映画「陸(おか)に上がった軍艦」を見る(経営者の情報技術勉強会 IT研究会、ネット通販の勉強会 3万ドル倶楽部を主宰する鈴木大吉の日記)
 
 
 映画の中では、“甲板清掃”、“海軍精神注入棒”、“飛行訓練”などの様子が新藤監督の証言を基に再現されていました。新藤さんは海軍に召集されましたが、配置先は船上ではなく、陸上の基地です。陸上なのに何故“甲板清掃”、“海軍精神注入棒”、“飛行訓練”かというと、いわゆる“しごき”です。詳しくは映画を観ていただきたいと思いますが、非条理さを伝えたかったのだと思います。
 
 また敗戦色濃くなった昭和19年秋以降は、米国をはじめとする連合国軍の本土上陸に備える訓練が始まったそうです。敵の戦車に対抗するための、“あんぱん”や長い板(敵の戦車のキャタピラに挟んで動けなくする)による攻撃訓練。靴の向きを前後逆に履いて静かに行軍する訓練などが、紹介されました。靴の向きを逆にして足跡を残せば、敵に対し逃走と見せかけて攻撃できるという考えによるのだそうです。このような子供の遊びじみたことを、中央からの指示により大まじめにやっていた、戦争の実態を伝えたかったのだと思います。

続きを読む "新藤兼人監督95歳「言っておきたいことがある」"

投稿者 もりた : 11:53 | 日記 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月12日

李 英愛さんの美しさはその人柄から

 チャングムの誓い フェスティバル イン 東京ドームの続き、残る出演者はあの3人です。
 
  宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Dome(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・「大長今(テ ジャングム)」出演女優はエンターテイナー揃い(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 昨夜のフェスティバルは3部構成になっており、ヨ・ウンゲさんキョン・ミリさんの第2部終了時点で既に午後8時15分を過ぎていました。午後9時終演となっていたので大丈夫だろうかと心配していると、第3部もスペシャルゲストのシン・スンフンさんのステージから始まりました。
 
 
 シン・スンフンさんの歌の後、いよいよ中宗(チュンジョン)役のイム・ホさんが王様の姿で登場しました。中宗王様のセリフと言えばおいしいという意味のハングル語、昨夜もインタビュワーのリクエストに応えて「マシイッソヨ」「マシックナー」(他の方の書かれたブログを読んで誤りに気付きました。2007年8月13日 訂正)を言ってくださいました。
 その後スーツに着替えて歌を披露、芸風の広さを見せていただきました。なおフィナーレには再び王様の衣装で登場し、ファンに対する細かい気遣いを見せていただきました。
 
 
 イム・ホさんの次に登場したのはミン・ジョンホ役のチ・ジニさんでした。ハンサムで韓国の俳優としても若い女性に人気がありそうなチ・ジニさんですから、カジュアルな現代衣装で登場しました。(フィナーレでは、宮廷時代の衣装で登場されました。)このコーナーでは、日本のファンからの質問が書かれた紙が入った風船を割って、答えていました。質問は2問だけで「残った風船はどうするのですか?」というインタビュワーの質問に対し、「せっかくファンの皆様からいただいた質問の入った風船ですので、このまま韓国に持ち帰ります。」と答えて、会場の女性ファンのハートをさらに掴んでいました。
 

 さて最後はいよいよあの方の登場です。既に時計の針は午後9時を回っていました。

続きを読む "李 英愛さんの美しさはその人柄から"

投稿者 もりた : 23:16 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

楽天まさかの逆転サヨナラ

 フルキャスト宮城球場のプロ野球楽天イーグルス千葉ロッテマリーンズ戦を、楽天イーグルスTVで観戦していましたが、6回表5対2と逆転されたところで、あきらめていました。夕食後他のテレビ番組を見ていて、CM中にパソコン画面をのぞいて見ると憲史選手のサヨナラヒットを告げるアナウンサーの声。何と逆転勝ちでした。
 
 この調子で8月、9月頑張って欲しいものです。

続きを読む "楽天まさかの逆転サヨナラ"

投稿者 もりた : 21:28 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

「大長今(テ ジャングム)」出演女優はエンターテイナー揃い

 昨夜観覧した宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Dome、出演者はみな気さくな俳優さんばかりでした。
 
  宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Dome(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 最初に登場したのは、チャングムの子供時代を演じたチョ・ジョンウンさんと、チョン最高尚宮(チェゴ・サングン)役のヨ・ウンゲさんです。チョ・ジョンウンさんはドラマでも着ていたピンク色の衣装、ヨ・ウンゲさんはチェゴ・サングンそのもののお姿でした。
 チョ・ジョンウンさんは現在小学校6年生だそうで、すっかり娘さんらしくなっていました。(そのためチョ・ジョンウンちゃんではなく、チョ・ジョンウンさんとお呼びしました。)
 「撮影時はこんな小さかったのよ」と、ヨ・ウンゲさんがチョ・ジョンウンさんの腰の辺りの高さを示す姿が仲の良いおばあさんと孫のようにほほ笑ましく映りました。実際お2人は8月下旬から始まる作品で、競演するそうです。
 
 
 次に登場したのは、ミン尚宮(サングン)役のキム・ソイさんとヨンセン役のパク・ウネさんです。パク・ウネさんはドラマの中で尚宮が着ていた緑色の衣装、キム・ソイさんは韓服という現代のドレスを着ていました。
 キム・ソイさんはドラマの中ではコミカルな演技が多かったのでうっかりしていましたが、実物はとても美しかったです。パク・ウネさんはドラマの中でも綺麗な方だなと思ってみていましたが、実物はそれ以上でした。お2人ともとてもきれいなので驚きました。
 お2人の小さい時の写真や略歴が短く紹介されたのですが、若い時から芸能に関係する学校を出て、女優としてのキャリアを積んでこられたようです。女優・芸能人としてエリートコースを歩んできたのだと得心がゆきました。キム・ソイさんは小さい時から韓国の伝統的な楽器・伽椰琴(カヤグム)を習っていたそうで、昨夜は約15年ぶりに披露してくださいました。
 
 
 3組目は、再びヨ・ウンゲさんとチェ尚宮役のキョン・ミリさんです。ヨ・ウンゲさんは先ほどと同じく最高尚宮の衣装ですが、キョン・ミリさんの衣装はちょっと変わっていました。スカートの部分が、白地に世宗(セジョン)大王の時に制定された文字(ハングル文字の元)が敷き詰められているという変わった衣装でした。
 ドラマの中では師弟の間柄だったお2人ですが、ステージ上でも丁々発止のやりとりで会場を沸かせました。ヨ・ウンゲさんが「(キョン・ミリさんが演じた)悪役・チェ尚宮さんに殺された」と言えば、「あら悪役だったかしら。自分は正しい役と思って演技していた」とキョン・ミリさんが返すといった具合です。
 そこで決着をつけるためにステージ上で料理対決を行なうことになりました。家庭では「一応作るが料理は得意ではない」とおっしゃるヨ・ウンゲさんは冷菜を使ったサラダ(料理の名前・内容は正確に記憶しておりません)、一方3人のお子様がいらっしゃるキョン・ミリさんは野菜で包んだギョーザを慣れた手つきで見事に作られました。

続きを読む "「大長今(テ ジャングム)」出演女優はエンターテイナー揃い"

投稿者 もりた : 18:33 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Dome

宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVALが開催された東京ドーム
 昨夜東京ドームで開催された宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Domeを観覧しました。大好きなテレビ番組「チャングムの誓い」の出演者が9人も大挙して来日するのですから、2ヶ月前から期待して待っていました。

  「チャングムの誓い FESTIVAL」が8月東京ドームで開催(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・いよいよ明日開催「チャングムの誓い フェスティバル イン 東京ドーム」(IT屋もりたの今時パソコン日記)

  
 期待通りの内容でした。
 
 
 感動したこと、最も印象に残ったことは、やはり主役チャングムを演じた女優・李 英愛(イ・ヨンエ)さんの美しさでした。観客席のたくさんの女性ファンからも「きれい」という声の連発でした。
 
 もう1つは、このドラマに出演した韓国の俳優、特に女優さんたちは、選ばれた人たち・エリートなのだということです。かつて日本でも芸能人は誰でもがなれる職業ではなく、選ばれた人々だったことを思い出しました。
 
 
 意外だったことは、観客の多くが女性だったことです。個人的には30代から50代の男性ファンが多いと思っていました。実際には、7対3、あるいは8対2の割合で女性の方が多く、おおよそ60代・70代、50代・40代が大半を占めていたように思います。
 
 そして韓流ブームを支えているおばちゃんたちのもう1つのお目当ては、特別ゲスト・歌手のシン・スンフンさんだったようです。前方の席の皆さんペンライトを振って応援していました。
 ちなみにこの日は、女性ファンが圧倒的に多いのと反比例して、男性の出演者が少なかったことが特徴的です。最も人気が高かったのは、シン・スンフンさんとミン・ジョンホ役のチ・ジニさんでしたが、意外といっては失礼ですが、王様・中宗役のイム・ホさんも結構人気がありました。

続きを読む "宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Dome"

投稿者 もりた : 12:01 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月11日

「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」

 一昨日(8月9日)東京コンファレンスセンター・品川で開催された「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」(主催:IDGジャパン)を受講しました。
 
 昨年から雑誌「ITアーキテクト」の購読と併せて、季節毎に開催される「ITアーキテクト・サミット」も受講しています。以前このブログで日経バイト休刊の際、私にとって知識源が1つ減ってしまったと書きましたが、現在は「日経エレクトロニクス」(日経BP社)と並んで「ITアーキテクト」(IDGジャパン)が、私にとって貴重な知識源になっています。
 
  「日経バイト」休刊(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 今回のセミナーで興味深かったのは、日本アイ・ビー・エム 長島 哲也氏による基調講演でした。「SaaSで企業システム開発はどう変わるのか」というタイトルで、Web2.0とりわけSaaSが企業システム開発手法の主流になりつつあるSOAに及ぼす影響について論じた内容が、下記の記事を私に思い起こさせたからです。
 
  「Web2.0」vs「SOA」,勝つのはどっちだ? 2006年4月14日 日経BP社 ITpro Report
 
 「SOA 対 SaaS」といった単純に比較できない(例えば「サッカーと東芝(注1)はどっちが強い?」と聞いているようなもの)対象について、詳しく説明されたことに驚きました。
(注1) 東芝は、日本ラグビーフットボール選手権大会 2006年の優勝チーム。

続きを読む "「ITアーキテクト・サミット2007 Summer」"

投稿者 もりた : 01:02 | インターネット , ソフト開発 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月10日

いよいよ明日開催「チャングムの誓い フェスティバル イン 東京ドーム」

 2ヶ月前から楽しみに待っていた宮廷女官「チャングムの誓い」FESTIVAL in Tokyo Domeが、東京ドームで明日開催されます。
 
  「チャングムの誓い FESTIVAL」が8月東京ドームで開催(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 来日・出演予定者は次の通り。
 
 イ・ヨンエさん(チャングム)、チ・ジニさん(ミン・ジョンホ)、イム・ホさん(中宗)、キョン・ミリさん(チェ尚宮)、ヨ・ウンゲさん(チョン最高尚宮)、パク・ウネさん(ヨンセン)、チョ・ジョンウンちゃん(チャングム子役)、イム・ヒョンシクさん(カン・ドック)、キム・ソイさん(ミン尚宮)。
 
 
 「チャングムの誓い」は韓国・MBCによって制作・放送されたテレビ番組で、日本でもNHKにより何回目かの再放送中です。「冬のソナタ」と同じく、韓国内で放送された後、アジア各国でヒットするというパターンです。これは中国映画「HERO」、「LOVERS」などと同じ戦略なのかもしれません。
 
  宮廷女官チャングムの誓い 完全版(NHKホームページ)
 
 全54回のうち前半27回が水剌間(スラッカン)の女官編、後半27回が医女編で、本日は後半に入って3回目となる第30回の放送でした。前半の女官編でチャングムを母のような優しさで支えてくれたのがハン尚宮(サングン)様なら、後半の医女編で医師としてチャングムの師匠として支えてくれたのが医女・チャンドクさんです。今日の放送でも、チャンドクさんの魅力全開といったところでした。

続きを読む "いよいよ明日開催「チャングムの誓い フェスティバル イン 東京ドーム」"

投稿者 もりた : 23:26 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

こしがや産業フェスタ2007に出展します!

 今年もこしがや産業フェスタ2007に出展します。越谷タウン情報サイト「越谷っ子」にて告知させていただいた情報を、転載いたします。
 
  パソコン出張サポート 商店・会社様のITサポート 越谷市 IT屋もりた(越谷タウン情報サイト「越谷っ子」)
 
越谷の新名物・鴨ネギ鍋のマスコット「ガーヤちゃん」で盛り上がった、こしがや産業フェスタ2006こしがや産業フェスタ2006 アリーナ・ステージで繰り広げられた数々のパフォーマンス

 
 今年のテーマは、日頃からインターネットやデジタル機器に馴染んでいない方を対象にしたご提案です。
 
 具体的には
 
1.テレビのリモコンやゲーム機(任天堂Wii)を用いたホームページ閲覧の勧め
 
2.キーボード無しパソコン
  (参考:昨年出展) ・キーボードレス・パソコン(IT屋もりたの今時パソコン日記)
3.あいうえお順キーボード
  (参考:昨年出展) ・完成しました!(IT屋もりたの今時パソコン日記)
などを用いた、パソコンに不慣れな方へのご提案
 
などです。
 
 昨年の反省点を踏まえて、内容を企画・実現していきたいと考えております。
 
  こしがや産業フェスタ2006閉幕(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
どうぞご期待ください。
 
 
こしがや産業フェスタ2007
日時: 平成19年12月1日(土) ~ 2日(日) 午前10時より午後4時
会場: 越谷市立総合体育館アリーナ [地図

 
 
 昨年の私どもの出展風景です。
私ども「IT屋もりた」の出展風景(こしがや産業フェスタ2006にて)
 私ども「IT屋もりた」の出展風景(こしがや産業フェスタ2006にて)。

(下左) あいうえお順キーボード。
(下右) キーボード無しパソコン。
 いずれも私ども「IT屋もりた」の昨年の出展内容(こしがや産業フェスタ2006より)。
あいうえお順キーボード(こしがや産業フェスタ2006にて)キーボード無しパソコン(こしがや産業フェスタ2006にて)

続きを読む "こしがや産業フェスタ2007に出展します!"

投稿者 もりた : 15:39 | インターネット , デジタル家電 , パソコン , パソコンサポート , パソコン教室 , 展示会・セミナー | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

越谷市大泊観音の盆踊り2007

 昨夜は私の地元・大泊観音の盆踊り大会でした。主催する地元自治会から大泊消防団(注1)への要請により、警備(主に交通整理)の任にあたりました。
(注1) 大泊消防団は通称です。正式には、越谷市消防団桜井分団第四部といいます。
 
越谷市大泊観音の盆踊り午後10時、盆踊り終了後の舞台

 大泊観音の盆踊りは、私の記憶では雨などで中止になったことがありません。昨年は午前中まで台風の接近により開催が危ぶまれましたが、結局大丈夫でした。数年前には、途中からの激しい雷雨により一時中断したものの再開しました。
 
  越谷市大泊観音の盆踊り(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
 大泊観音の盆踊りには、地元・大泊のみならず近隣から親戚や知り合いの方が多数駆けつけてくれます。同じ桜井地区の平方(ひらかた)や、上間久里(かみまくり)・下間久里(しもまくり)・大里(おおざと)は勿論のこと、隣接する新方地区の船渡(ふなと)などからも多数の方がお祝いに来ていただきました。本当にありがたいことです。個人間や家族通しのつきあいも重要ですが、地域間のつながりが今でも残っていることを実感して、うれしかったです。
 
 
 大泊観音の盆踊りは今でも曜日に関係なく、8月9日に開催されます。何故8月9日なのか、残念ながら知りません。きっと、なにか由来があるのでしょう。大袈裟に申しますと、大泊というところは桜井村にあって地理的・政治的に中心に位置する地区でした。昭和29年の合併前は、埼玉県南埼玉郡桜井村という住所でした。桜井村は、南から大里・下間久里・上間久里・大泊・平方の5つの地区から構成されていました。
 昭和29年に、桜井村は越ヶ谷町、大沢町、新方村、大袋村、荻島村、出羽村、蒲生村、大相模村、増林村と合併し、越谷町となりました。(注2)
(注2) その後、草加町から越谷町へ川柳地区が編入され、現在の越谷市になっています。

続きを読む "越谷市大泊観音の盆踊り2007"

投稿者 もりた : 00:01 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月08日

楽天イーグルスに新星!小山伸一郎投手

 昨日の札幌ドームでの北海道日本ハム楽天の試合は、久々にテレビ(NHK-BS1)で観戦できました。
 
 日本ハム先発・グリン投手と、楽天先発・岩隈投手の投げあいで、7回を終って2対2。そこから試合は動き、8回表日本ハムはグリン投手から武田久投手にスイッチ。楽天はリック選手のタイムリー、嶋基宏捕手2アウトからの意表を衝く(個人的には無謀と思いました)セーフティーバントで3点をあげました。その裏、楽天は岩隈投手が続投し0点に抑え、9回も小山投手が0点に抑えて快勝しました。
 
 
 楽天・岩隈久志投手はオールスター以降、先発ローテーションに復活し、この3試合連続して好投しています。前身の近鉄バファローズから楽天イーグルスに替わった新チームにあって、唯一プロの先発投手らしい選手として期待されました。昨年シーズン前のケガにより、この2年間はほとんど活躍できていません。昨日の試合をテレビ観戦し、細い体から繰り出す、相変わらず美しくしなやかなフォームを見て、やはり天性の先発ピッチャーであると感心しました。今度はほんとうに復活してくれるような気がします。

続きを読む "楽天イーグルスに新星!小山伸一郎投手"

投稿者 もりた : 12:56 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月07日

地デジが見たい

 この土日、地上デジタル放送用アンテナの取り付けにトライしていました。地上デジタル放送用アンテナ(以下、“地デジアンテナ”と略称します)は自宅に設置することにしました。
 
  Wii、Xacti、地デジアンテナ ゲット(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 そもそも、地デジアンテナを取り付ける理由は、昨年ハードディスクレコーダを購入したことに遡(さかのぼ)ります。昨年購入したDMR-EX350は、旧来の地上波アナログ・チューナーに加えて地上波デジタル、BSデジタル、CSデジタルの各チューナーも内蔵しています。現在販売されているハードディスク内蔵DVDレコーダのほとんどは、同様の製品です。
 
  ハードディスクレコーダ(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 BS・110度CSアンテナは従来から設置してありましたので、BSデジタル放送、CSデジタル放送は昨秋以来、視聴出来ていました。(実際にはCSデジタル放送は、ほとんど視ていません。)しかし、地デジ用アンテナは取り付けていませんでしたので、地上波デジタル放送は視ることが出来ませんでした。といっても地上デジタル放送のチャンネルのほとんどは、地上アナログ放送各局と放送内容が同じです。強いて言えば東京MXテレビなどが、地デジでしか視れないテレビ局です。
 以前このブログでもご紹介したBlogTVという番組も、東京MXテレビの番組です。実は、私自身これまで一度も視ていませんでした。
 
 
 さて、本題に入りたいと思います。現在、2階のベランダにBS・110度CSアンテナが設置されています。今回の作業はその隣に地デジ用のアンテナを取り付けるだけでした。
BSアンテナの隣に、地デジアンテナを追加するだけ(のハズ)でした。
 既に設置されているBSアンテナの隣に、地デジアンテナを追加するだけ(のハズ)でした。

 ちなみに、先日購入した地デジアンテナは販売店で、より利得の得られる別の商品に交換してもらいました。
(左) 先日購入した日本アンテナのUDS35
(右) より強い利得を求めて、DXアンテナのUDA-700に交換してもらいました。
先日購入した日本アンテナのUDS35高利得を求めて交換したDXアンテナのUDA-700

 取付用金具の組み立て、ベランダに取付、地デジ用アンテナの仮設置と、ここまでは順調に進みました。
UDA-700をベランダに取り付けるための金具の組み立て
取付用金具の組み立て。
 
 UDA-700はマスト(物干し竿のような円柱状の短い棒を縦にしたもの)に取り付ける必要があるため、ベランダに設置する場合は金具が必要です。

組み立てた金具をベランダに取り付ける
ベランダに取り付け。
 
 組み立てたマスト付き金具をベランダに取り付けました。

金具のマストに取り付けた地デジアンテナ
地デジ用アンテナの仮設置。
 
 金具のマストに地デジアンテナを取り付けました。

 
 次はケーブル作りです。アンテナ線(同軸ケーブル)の両端に、F型接栓と呼ばれる金具を取り付ける作業です。ここで少し足踏みしてしまいました。金具が上手くケーブルに入っていかないのです。
ケーブルの端にF型接栓を取り付けたところ。あまり良い出来とは言えない。
 ケーブルにF型接栓を取り付けましたが、ケーブルにコネクタが上手く入りません。これはあまり良い出来とは言えません。
これは良い例。地デジアンテナ商品付属のケーブル。
 一方、こちらは地デジ用アンテナ商品に付属していたケーブルです。これは良い例です。

 もともと無器用なうえに、この日は夜間に1件パソコン出張サポートの仕事が入っていましたので、土曜日の作業はここで一旦中断しました。

続きを読む "地デジが見たい"

投稿者 もりた : 01:13 | デジタル家電 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月03日

Wii、Xacti、地デジアンテナ ゲット

 昨日と今日、秋葉原に行って標記の製品を相次いで購入してきました。
秋葉原。中央通り沿いの大型電気店Wii、Xacti、地デジアンテナ

 もちろん、それぞれに購入の理由があってのことです。
 
 
任天堂 Wii
 
任天堂 Wii
 このブログでもWiiが欲しいと再三申してきましたが、やっと入手出来ました。私の両親(70代半ば)にもインターネットを日常的に見せてあげたい、そのためにWiiのインターネット接続機能(Wiiインターネットチャンネル)を試したい、というのが購入の第一かつ唯一の目的です。

  Wiiの「インターネットチャンネル」正式提供-CNET Japanより(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・“WiiでRimo見たい!”キャンペーン(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・Wiiゲット出来なかった-楽天ブックス「Wii、DSタイムセール」(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
三洋電機 Xacti
 
三洋電機 Xacti
 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、SANYOのデジタルビデオカメラです。購入の直接のきっかけは、今週月曜日に行なわれたAMNブログイベントVol.3「ブログと動画」に参加したことです。この日会場に三洋電機さんから持ち込まれたものと同じ機種DMX-CG65、色もその時と同じグリーンを選びました。
 もちろん、動画は以前からその動向に注目していましたし、私どものビジネスを進める上でも重点的に取組みたいテーマの1つです。
 
  ビデオジャーナリスト・神田敏晶氏のお話を聞いてきました(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・Wikipedia、YouTubeへの書込み者は中高年が多い(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・AMNブログイベントVol.3「ブログと動画」(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 AMNブログイベントで講師を務められたいしたにまさきさんのブログで、「Xactiを買ってしまった」“うっかり者”の1人として、この記事をご紹介していただきました。(2007年8月5日 追記)
 
  ・「ブログと動画」イベントの反響、たぶんこれで全部!([mi]みたいもん!)

続きを読む "Wii、Xacti、地デジアンテナ ゲット"

投稿者 もりた : 23:58 | デジタル家電 | コメント (2) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

2007年08月01日

おめでとう!楽天・朝井投手 プロ入り初完封勝利

 プロ野球パ・リーグ 千葉ロッテ対楽天は、0対1で楽天が、昨日に続き2連勝しました。楽天先発 ・朝井秀樹投手は9回を無失点に抑え、プロ入り初完封勝利を収めました。(今季5勝目)おめでとうございます。中継ぎ、抑えが不調の楽天投手陣にあって、貴重な完封です。
 
 一方、対戦相手の千葉ロッテ先発・渡辺俊介投手も9回を完投し、5回のフェルナンデス選手のソロホームラン1本に抑えました。さすがです
 
 
 それにしても、追いつかれても追いつかれても点を取った昨日の試合と比べて、何と対照的なことか、やっぱり野球はピッチャー次第という典型的な試合でした。

続きを読む "おめでとう!楽天・朝井投手 プロ入り初完封勝利"

投稿者 もりた : 21:19 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

おめでとう!楽天・岩隈投手 今季2勝目

 昨日のプロ野球パ・リーグ 千葉ロッテ対楽天は、7対11で楽天が勝利しました。楽天先発・岩隈久志投手は味方の援護(5回裏終了時8対0)にも助けられ、6回を3点に抑えて今季2勝目を挙げました。
 
 前回の登板も5回を0点と好投し、勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りましたが、後続が打たれ勝ち負けは付きませんでした。今日の試合も、ロッテに最終的には7点も取られ、打線の奮起によりからくも逃げ切ったという試合でした。
 
 いずれにしてもエース・岩隈投手に5月4日以来、約3ヶ月ぶりの勝利が付いたことは、チームにとって大きいことです。岩隈投手には、これから1勝でも多く勝って、チームに貢献してもらいたいものです。

続きを読む "おめでとう!楽天・岩隈投手 今季2勝目"

投稿者 もりた : 10:18 | 日記 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

AMNブログイベントVol.3「ブログと動画」

 既に日付が変わりましたので、一昨日(7月30日 月曜日)のことですが、アップルストア銀座3Fシアターにて、AMNブログイベントVol.3「ブログと動画」が行なわれました。そろそろブログにも動画をという趣旨で、いしたにまさき氏と、この3月からビデオ制作を始めたばかりとおっしゃるたつをさんのお2人が講師を勤められました。
 
 会場にはSANYOさんのXactiが2台持ち込まれ、お2人のお話を聞きながら、参加者も順番に撮影を体験しました。予めSDカードを各自持参するようにと連絡を頂いていたので、撮影したビデオをSDカードに収めて持ち帰ってきました。
 

 
 
 たつをさんは、師匠いしたにさんの勧めで、3月に初めてビデオ制作を体験し、わずか4ヶ月で既に80~90本も制作しているということです。
 できるだけ短くする、これがビデオ制作のコツだそうです。そのために作品の長さを、15秒、30秒、1分、1分30秒、2分、2分30秒、・・・のいずれかに、最初に決めてしまうそうです。
 また、著作権、肖像権侵害プライバシーの問題(2007年8月1日訂正)を回避するため、“下向き撮影法”を実践しているそうです。たまたま映った通行人の顔は、権利侵害には当たらないそうですが、安全策のため実践しているとのことです。(“下向き撮影法”と聞き、レッドソックス岡島投手の“下向き投法”を連想してしまうのは、私がおやじだからでしょうか。くだらないギャグですみません。)
 他にも、実体験に基づくアドバイス、特に初心者からやや中級者になるまでにクリアしていったコツなどを的確にお話していただきました。が、こちらがまだ体験していないので、実際にトライしてから、わかるんでしょうね。
 
 
 撮影してきたビデオの編集を、翌日試してみましたが、ファイルが開けません。SDカードに記録された動画はMP4という拡張子の付いたファイルで、最終的には私の使用しているUlead社のVideo Studio 9が、MP4に対応していないことが原因とわかりました。最初は原因がわからず、Quick Time Player(無料版)をPro(有料版)にアップグレードしてしまいましたが、Visual Studio 11にアップグレードし編集した結果が冒頭のビデオです。

続きを読む "AMNブログイベントVol.3「ブログと動画」"

投稿者 もりた : 02:54 | ブログ | コメント (0) | トラックバック (1) このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!