« 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1) | メイン | 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(3) »

2007年07月12日

時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(2)

 一昨日(7月10日)開催された第3回 時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(主催:時事通信社)のご報告の続きです。
 
  時事通信テクノロジーセミナー「爆発するソーシャルメディア」(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
■ 第2部
 
  第2部はA会場(250名)とB会場(40名)に分かれて、受講しました。どちらかといえば、A会場は一般企業・大企業の方、B会場はやや濃い方を対象としたのかなと感じたのは、私だけでしょうか?(笑)
 
 私は、第2部の全セミナー(4つ)とも、B会場を受講しました。受講申込みの時の段階で、A・Bどのスピーカーのお話も捨て難く、選択に迷っていましたが、第1部での佐々木俊尚氏のお話に、多少影響されたかもしれません。
 
 
 ● 「ソーシャルメディアをどう活用するか=ソーシャル・メディア・オプティマイゼーション(SMO)」 ウェブコンサルタント:住 太陽(すみ もとはる)氏
 
  お話をお聞きして、写真とブログの文章から私が勝手に抱いていたイメージとは異なり、非常にオーソドックスで、steadyな考え方で、ソーシャル・メディアやWebの世界を見ている方というイメージに変わりました。
 
 そもそも、SMO(Social Media Optimization)という言葉も少し前から何となく目にしていたのですが、基調講演で湯川氏が言及されたことで、初めて意識しました。さらに、住氏のお話で、その起源を知りました。
 
  5 Rules of Social Media Optimization (SMO)(Influential Marketing Blog)
 
 
 ● 「SNSの第四世代」 SNSコンサルタント:原田 和英氏
  
  多くの方が感じることではないかと思いますが、私はSNSを知った当初から、これ(SNS)は身近なコミュニティに応用できるのではないかと思っていました。
 
   “また、新しい友人関係の構築だけでなく、
  例えば中学時代の同級生を見つけたり、
  昔からの知り合いで、ずっと近所に住んでいながら話す機会が無かった
  人どうしが、mixiでの再会をきっかけに、もう1度リアルの世界での
  つき合いが始まる、という可能性もあると思います。
 
   個人的には、私の住む地域の元農家の人どうしのコミュニケーションに
  利用してみたい、と思っています。”

  (「ミクシィのビジネス利用価値について 2006年06月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記」より引用)
  
  ところが現実は、予想を遥かに超えて多くの、そして数だけでなく種類が(ターゲットや機能により)細分化されて来ていることを知りませんでした。そして、これほど多くのSNSを知っている方(原田 和英氏)がいらっしゃることに、もっと驚きました。
 
  前の講演者もおっしゃっていたように、“特定少数の人に焦点をあてる”(佐々木 俊尚氏)ことや、“地域的に狭いエリアにリーチ可能な方法として、SMOもその1つ”(住 太陽氏)であり、SNSはもともとその方向(特定少数の分野)に向かう傾向を持ったものではないか、と思います。
 
  原田氏が挙げていらっしゃったSNSのうち、ほんの一部をご紹介します。
 
   最近の気になるSNS
    ・Flight Club ・・・ 飛行機出発までの空き時間に、たまたま同じ空港に居合わせた人とつながるためのSNS
    ・imbee ・・・ 子供専用SNS
    ・RiverWired ・・・ 環境問題に特化したSNS
 
   通貨に特化したSNS
    ・BetsGoWild
    ・Pickspal
    ・Xuqa
 
   何でも評価してしまうSNS
    ・sowesay ・・・ 人のWiki
    ・Famousr ・・・ この人は有名人(セレブの世界、芸能界)に入れるか

投稿者 もりた : 2007年07月12日 02:39 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/557

コメント

コメントしてください




保存しますか?