« 「ページを表示できません。」 | メイン | 「恋するニワトリ」 »

2007年07月09日

埼玉あきんど未来塾・オープニングセミナーを受講しました

 埼玉県県民健康センター大ホールで開催された、埼玉あきんど未来塾・オープニングセミナーを受講しました。埼玉あきんど未来塾とは、県内若手商業者を対象に、商売のノウハウ、経営者としての資質を身に付けて、後継者不足の解消・商店街の活性化を目標として、埼玉県が開催するセミナーです。県内若手経営者・後継者40名を募集し、7月から10月にかけて5回のセミナーを実施するということです。
 
 残念ながら、既に募集期間は終了し、第2回目以降は受講できませんが、第1回目のオープニングセミナー(300名)は参加可能ということで受講しました。
 
 
■ 開講式
 
 先ず、埼玉あきんど未来塾・塾長である上田清司埼玉県知事が、開講の挨拶をされました。ユニ・チャーム 高原慶一郎会長の言葉を引用され(注1)、「経営で一番大事なことは、“しつこさ」というお話をされました。
 また、秩父しだれ桜の例を挙げ、地域商店街活性化への熱い思いを語られました。
(注1) 上田知事は、高原会長の下で経営を学んだ時期があるとのことでした。
埼玉あきんど未来塾・オープニングセミナーで開講の挨拶をする未来塾・塾長 上田清司埼玉県知事
 埼玉あきんど未来塾・オープニングセミナーで開講の挨拶をする未来塾・塾長 上田清司埼玉県知事。

 知事のお話に続き、塾生代表による決意表明がありました。塾生代表に選ばれたのは、わが町・越谷タウン情報サイト「越谷っ子」代表 坂本留美さんでした。300名の受講者を代表して、塾長・上田知事の前で、埼玉あきんど塾受講に至る経緯、受講に当たっての意気込みを、1分半に亘って堂々と述べていらっしゃいました。越谷の代表として、誇りに思います。
埼玉あきんど未来塾・塾生を代表して、受講の決意を述べる“越谷タウン情報サイト「越谷っ子」”代表・坂本留美さん
 埼玉あきんど未来塾・塾生を代表して、受講の決意を述べる越谷タウン情報サイト「越谷っ子」代表・坂本留美さん

塾生代表決意表明の後、握手をする上田知事と坂本さん。
 塾生代表決意表明の後、握手をする“塾長”上田知事と“塾生代表”坂本さん。

 
■ 基調講演
 
 開講式に続き、JTBの佐々木隆社長による基調講演を拝聴しました。右肩上がりの時代から、低成長に事業環境が変化する中、同社がどのようにして事業を活性しつづけているか、参考になるお話でした。
 
 
■ パネル・ディスカッション
 
 最後は、日々実際に商売の先頭に立ってご活躍されている若手経営者の方による、パネル・ディスカッションを拝聴しました。
 
 コーディネーターは、中小企業診断士で、自身も事業経営者である山田主規氏(リンクス経営研究所代表)、パネラーは次の方々でした。
 ・川口 勝一氏(有限会社リバーマウス 代表取締役)
 赤羽駅東口近くで「昔ながらの喫茶店友路有(トゥモロー)」を経営。
 ・笠井 健太氏(アークウェイ有限会社 代表取締役)
  コンビニ店運営、現在6店舗経営中。
 ・中畑 真吾 氏(株式会社パール広告社 代表取締役)
  交通広告主体の広告業務を後継。現在、携帯電話のメールを使った新たな展開に日々奮闘中。
 
 お1人10分ずつ、やってこられた事業のこと、越えなければならなかった高いハードルについて、真剣に熱く語っていただきました。コーディネーターの山田氏の言葉をお借りすると、話している方も、聞いているほうも真剣で、短い時間ながら何かを得られた気がします。
 
 
 なおこのセミナーも、越谷タウン情報サイト「越谷っ子」代表 坂本留美さんのブログを読んで知りました。
 
  埼玉あきんど未来塾(越谷タウン情報サイト「越谷っ子」~さかもとるみ~つれづれ日記)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 埼玉県「パパ・ママ応援ショップ」協賛店になりました 2007年07月04日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年07月09日 23:59 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/551

コメント

コメントしてください




保存しますか?