« 随筆の書き方を学ぶ(3) | メイン | NHK過去1週間の番組ネット配信、アップルのフラッシュメモリ大量消費など »

2007年07月23日

NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(3)

 携帯電話におけるマーケティングの最新動向、具体的にはNET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007を受講して受けた衝撃について、お伝えしていますが、その続きです。
 
  NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・NET Marketing FORUM 2007/Mobile Marketing Conference 2007(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 前回の繰り返しになりますが、私自身が投稿したエントリーで、次のように述べました。
 
 “今回のカンファレンスは、検索エンジン対策、検索連動型広告、行動ターゲティング広告など、非常に範囲が広く、勉強になります。特に携帯電話におけるSEO、SEM、広告などが、パソコンの辿った道と同じ道を歩むのか、そうでないのかというところに、セミナーのテーマも受講者の関心も集中しているように感じました。”
 
 と書いていますが、セミナーに参加してお話を聴いてみると現実はもっと先に進んでいる!ことに衝撃を受けました。
 
 以下、何に衝撃を受けたのかということについて、前回に続き述べさせていただきます。
 
 
3.モバイル広告、モバイル・マーケティングの潜在的なパワー
 
 株式会社ディーツー コミュニケーションズの藤田 明久社長から、携帯電話が広告、マーケティングに対して持つ潜在的なパワーについて、貴重なお話を聴くことが出来ました。
 
 携帯電話は、「全員が手にしているにも拘らず、広告・マーケティングの道具として未開拓の分野である」、「24時間30cm以内に存在する広告メディア」と藤田社長はおっしゃいます。
 検索を例にすると、PCの場合、検索キーワードは2つ以上が主流となっていますが、携帯の場合は1つ、検索手段も携帯では、キーワードで検索、カメラ(写真、画像)で検索、GPSで検索と、PCより多様です。伝達手段も、Web上に書き込む(ブログ、SNSなどソーシャルメディア)、メールだけではなく、携帯電話の画面を相手に直接見せる、カメラを使う、赤外線通信を使う、といった具合に、携帯電話ならではの多様な方法が可能ということです。
 このように、携帯電話を「もっと効果的に(More Efficient)」使用することにより、「もっと速く(More Speed)」、「もっと強い絆を(More Engagement)」顧客との間に築くことが出来る、と強調されていらっしゃいました。
 
 
4.携帯ECサイトの動向
 
(1) 老舗通販の新たな挑戦(千趣会が始めたモバコレ)
 
 カタログ通販の老舗である千趣会は、ケータイで買える!女の子のためのリアルファッション通販 モバコレを、モバゲータウンを運営している株式会社ディー・エヌ・エーと共同で開始したそうです。千趣会では以前から女性のための総合オンラインショップ ベルメゾンネットを運営されています。従来より若い女性層をターゲットとして、携帯電話によるEC事業に進出したとのことです。
 
 
(2) モバデパ、モバオク、モバコレ(株式会社ディー・エヌ・エー)
 
 ちなみに、前回のレポートでも取り上げた株式会社ディー・エヌ・エーは、モバゲータウンの成功をベースとして、モバデパ(ECサイト。モバゲータウン内)、モバオク(オークションサイト。携帯版とPC版あり。互いに連動)、モバコレ(千趣会との合弁によるECサイト)といった関連サイトの多展開に踏み込んでいます。
 
 
(3) ゴルフダイジェスト・オンライン
 
 ゴルフダイジェスト・オンラインは、会員数100万人、年間売上約80億円を誇る日本最大級のゴルフ総合サイトです。同サイトはPCサイトと携帯サイト(モバイルサイト)で、ゴルフ場予約・ゴルフ用品販売・ゴルフ総合媒体の3つのサービスを提供しているということです。モバイルサイトは、“ゴルフライフのAからZまでを協力にサポート!”をコンセプトとして、携帯電話ならではコンテンツを用意し、PCサイトと異なり有料ということです。
  ・コンテンツ課金 ・・・ トーナメント速報、ゴルフニュース、ゴルフゲーム、待受画面、着メロ・着ボイス、レッスン動画配信、スコア分析、他
 
 パネルディスカッションに登壇した、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン モバイルビジネス本部 下川 正史氏によると、携帯サイトならではのキーワードとして、“渋滞情報”によるアクセスが多く、コンテンツの1つとして“渋滞情報”も提供しているということです。実際にサイトを運営しているからこその事例です。
 今後はコンテンツの充実、具体的にはSNSにチャレンジしていきたいということです。また、PCからのみアクセスしているユーザーを、如何にして携帯からもアクセスしてもらえるかが、今後の課題と認識しているとお話されていました。

投稿者 もりた : 2007年07月23日 14:46 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/569

コメント

コメントしてください




保存しますか?