« 無線LANインターネット接続設定(その3)-PLCも検討 | メイン | お客様情報の管理 »

2007年06月28日

越谷市平方の浅間神社祭礼(予告)

 明後日、6月30日は私どもの地元、越谷市大泊(おおどまり)のお隣・平方(ひらかた)にある浅間神社(通称:せんげん様)のお祭りです。
埼玉県越谷市平方の浅間神社
 埼玉県越谷市平方の浅間神社。

 小学校の頃、2、3回行ったことがあります。最後に行ったのは6年生の頃、マンガを1冊買って、雨の中を歩いて帰ってきた記憶があります。そのマンガに描かれていたストーリーが、その後間もなくテレビの“ウルトラQ”(ウルトラマン・シリーズの前身、もちろん円谷プロダクション作品)として登場したことを、鮮明に憶えています。

 
 ※ 以下、写真掲載ならびに文章追加いたしました。(2007年6月29日)
 
 今日、誰もいないせんげん様に行って、写真を撮ってきました。本殿は2~3mの小高い山の上に建っています。
本殿は小高い山の上に建っている

 子供の頃、上に登って周りを見回した時は随分高いと感じましたが、今日登ってみると、こんなに低かったのかと意外な感じがしました。
本殿の上から下を見下ろす同じく、本殿の上から下を見下ろす

 
 
 ※ 下記の文中に誤りが2ヶ所ありました。((注1)および(注2))それぞれ、下記の通り修正いたしました。(2007年6月30日)

 境内には、富士登山記念碑がありました。表面には、櫻井武里百六人同行講平方講中」「安井武里百木人同行講平方講中」(注1)、「大正八年八月三日頂上」と記されています。いわゆる“富士講”とよばれる富士山信仰の仲間(講)で、有志や代表が富士山に登ってきます。その行事は私ども大泊では、現在も続いています。武里は、越谷市平方に隣接する春日部市武里(たけさと)のことです。(注2)
 櫻井(さくらい)”は現代の表記では桜井と書きます。かつての埼玉県南埼玉郡桜井村のことで、現在は埼玉県越谷市平方・大泊・上間久里・下間久里・大里です。住所表記として“桜井”は使用しなくなりましたが、公民館名など地区の呼称として残っています。同様に“武里(たけさと)”は、かつての埼玉県南埼玉郡武里村のことです。現在は埼玉県春日部市一ノ割・薄谷・武里中野・増田新田・大場・大畑・大枝・備後東・備後西になっています。こちらも駅名や地区の名前として現在も使われていますが、住所表記からはなくなりました。(以上 2007年6月30日追記)
境内にある富士登山記念碑
 境内にある富士登山記念碑。

 
 裏に回ってみると、登山に参加した人の名前が刻まれています。なんとなくどの家の方か想像が付く苗字ばかりです。それぞれの子孫の方が見れば、自分の家のご先祖様とわかるのでしょうね。お一人だけ下間久里から、高橋重蔵さんが参加されています。
富士登山記念碑の裏に、参加者の名前が刻まれている
 富士登山記念碑の裏に、参加者の名前が刻まれています。

 
 せんげん様当日は、たくさんの人出で賑あうことでしょう。あさってもう一度行って見たいと思います。
 
  ・平方浅間神社(越谷市観光協会)
 
 
 お祭りの当日、もう一度行ってきました。その様子を、掲載しました。(2007年6月29日 追記)
 
  ・越谷市平方の浅間神社祭礼(当日)(IT屋もりたの今時パソコン日記)

投稿者 もりた : 2007年06月28日 12:34 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/536

コメント

コメントしてください




保存しますか?