« 6月17日(日)の「水郷こしがや観光ハイキング」に参加します | メイン | 楽天・田中将大投手 プロ初完封、チームの連敗を4で止める »

2007年06月12日

江戸情緒の佃島と文明開化の築地を訪ねる-越谷市郷土研究会・第369回史跡めぐりに参加して(1)

 昨日、もも(大腿部)の裏側がだるく、どうしたのだろうと思っていたところ、先週の土曜日越谷市郷土研究会の史跡めぐりに参加して約4.5キロ歩いたことを思い出しました。「年を取ると翌日よりも、2~3日経ってから、疲れが表れる」という、参加者のどなたかがおっしゃっていた言葉を思い出しました。幸い、すぐにだるさが取れましたので、どうやら睡眠不足が原因のようです。(それはそれで問題ですが)
 
 ということで、6月9日(土)NPO法人 越谷市郷土研究会の第369回史跡めぐりに参加しました。郷土研究会の史跡めぐりには、昨年10月「野島・三宮」の時に初めて参加しました。
 
  越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(1)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
  ・江戸時代の地名(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 その後、2月と5月にも参加していたのですが、ブログに投稿していませんでした。後日、投稿したいと思います。
 
  ・第365回 史跡めぐり「春を待つ神明・西新井方面」
  ・第368回 史跡めぐり「水郷の越谷/史跡と緑道-初夏の蒲生から平和橋(市役所)まで-」

 
 
 今回は、越谷を離れ、築地、月島、佃島周辺の史跡をめぐりました。120名を越える過去にないほど大勢の参加者だそうです。常任理事の古澤 孝さんが案内役を務められました。
 
 (左)出発前、越谷駅東口ロータリー集合風景です。今回は、120名を越える参加者の大集団でした。
 (右)日比谷線・中目黒行きの入線を待つ、越谷市郷土研究会のメンバの一団。
出発前、越谷駅東口ロータリー集合風景-第369回史跡めぐり(1)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より日比谷線・中目黒行きの入線を待つ、越谷市郷土研究会のメンバの一団-第369回史跡めぐり(2)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 朝8時33分・中目黒行き電車で、越谷から築地に移動し、次のようなコースで歩きました。
 
 越谷駅東口 → 築地駅 → 波除稲荷神社・海幸橋・中央卸売市場、場外市場 →
 軍艦操練所、築地ホテル館跡 → かちどきの渡し碑・かちどき橋資料館 →
 勝鬨橋 → 月島もんじゃ振興会(自由解散・昼食)

 
ここまでが、午前。
 
午後は
 
 路地の家並 → 佃小橋 → 住吉神社 → 石川島人足寄場跡 → 石川島灯台 →
 佃島渡船の碑 → 佃大橋 → 聖路加タワー(展望) → 築地居留地跡 →
 築地本願寺 → 解散(16時20分頃)

 
という順序で見て回りました。
 
 
 以下、写真を中心に掲載したいと思います。

 
電車で築地に移動後、さあ出発!-第369回史跡めぐり(3)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より
 電車に乗って1時間ほどで日比谷線・築地駅を下車し、築地本願寺でトイレ休憩後、いよいよ出発です!

 
 最初の訪問地は波除稲荷神社。ここでは金獅子頭(ししがしら)一対を見学。
  (左)天井大獅子(雄)。
  (右)お歯黒獅子(雌)。
波除稲荷神社 金獅子頭雌雄一対の雄・天井大獅子-第369回史跡めぐり(4)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より波除稲荷神社 金獅子頭雌雄一対の雌・お歯黒獅子-第369回史跡めぐり(5)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
波除稲荷神社の獅子祭。史跡めぐり当日は、例祭に遭遇した-第369回史跡めぐり(6)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より
 波除稲荷神社の獅子祭。本年は6月8日、9日、10日が例祭で、偶然にもちょうどこの日は例祭にめぐり合った。
 3年に一度の本祭では、神社大神輿、雄・雌獅子の渡御となる。次の本祭は平成20年(来年)。

 
 (左)海幸橋の親柱。平成14年に撤去され、親柱だけが残されている。
 (右)軍艦操練所跡。現在は築地市場の一部。
海幸橋の親柱-第369回史跡めぐり(7)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より軍艦操練所跡-第369回史跡めぐり(8)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 (左)勝鬨橋(かちどきばし)の手前を右に折れる。
 (右)かちどきの渡し碑。
勝鬨橋(かちどきばし)の手前を右に折れる-第369回史跡めぐり(9)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」よりかちどきの渡し碑-第369回史跡めぐり(10)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 (左)かちどき橋の資料館外観。
 (右)かちどき橋の資料館の外壁に残されている“勝鬨橋変電所”(旧字体)の文字。かつての変電所を、改修してそのまま資料館として使用している。
かちどき橋の資料館の外観-第369回史跡めぐり(11)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」よりかちどき橋の資料館の外壁に残されている“変電所”(旧字体)の文字。クリックで拡大表示-第369回史跡めぐり(12)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 (左)変電所内にある直流発電機。
 (右)直流発電機と誘導電動機の結合部。
直流発電機(かちどき橋の資料館)-第369回史跡めぐり(13)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より直流発電機と誘導電動機の結合部(かちどき橋の資料館)-第369回史跡めぐり(14)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 (左)誘導電動機。
 (右)変電所(資料館)2階から、直流発電機・誘導電動機を見る。
誘導電動機(かちどき橋の資料館)-第369回史跡めぐり(15)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」よりかちどき橋の資料館(変電所)の2階から、直流発電機・誘導電動機を見る-第369回史跡めぐり(16)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
建設当時の書類。「建築物竣功届ノ件」とある。-第369回史跡めぐり(17)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より
 当時の図面や工事関係書類も展示されている。
 
 “昭和十四年十一月十九日竣功致”の文字が見える。
 
 “市長”とあるのは、東京市長(現在の東京都知事)宛てに提出された書類の意味かとも思う。(あくまで想像です。IT屋もりた)

 
 (左)さあ、やっと勝鬨橋を渡って、隅田川の向こう岸へ。
 (中)勝鬨橋の中央付近。かつて橋が開閉していた時の、一番てっぺん。
 (右)同じく勝鬨橋の中央。つなぎ目部分を歩いて越える。
勝鬨橋を渡って、隅田川の向こう岸へ-第369回史跡めぐり(18)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より勝鬨橋の中央付近。かつて橋が開閉していた時の、一番てっぺん-第369回史跡めぐり(19)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より同じく勝鬨橋の中央。つなぎ目部分を歩いて越える-第369回史跡めぐり(20)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
勝鬨橋の橋脚下から、隅田川上流方面を望む-第369回史跡めぐり(21)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より
 勝鬨橋の橋脚下から、隅田川上流方面を望む。

 
 築地から勝鬨橋を渡ると、隅田川の向こう岸は“月島”。
 (左)マンションが林立する月島。手前の空き地には、新しいマンションの建設予定地か
 (中)同じく周りはマンションの月島。
 (右)屋形船があったりもする月島。
マンションが林立する月島-第369回史跡めぐり(22)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より同じく周りはマンションの月島-第369回史跡めぐり(23)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より屋形船があったりもする月島-第369回史跡めぐり(24)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 10分ほど歩いて、やっと商店街に入りました。
 (左)月島西仲通り商店街 4番街。
 (右)月島西仲通り商店街 3番街。
月島西仲通り商店街 4番街-第369回史跡めぐり(25)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より月島西仲通り商店街 3番街-第369回史跡めぐり(26)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 (左)商店の表は、三角形の“屋根”(おそらく屋形船の屋根を模したもの?)で統一されている。
 (右)商店だけではなくマンションも、同じく屋形船の“屋根”で統一されている。
商店の表は、三角形の“屋根”(おそらく屋形船の屋根?)で統一されている-第369回史跡めぐり(27)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より商店だけではなくマンションも、同じく屋形船の“屋根”で統一されている-第369回史跡めぐり(28)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
月島温泉-第369回史跡めぐり(29)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より
 温泉(?)。
 
 銭湯でした。(月島温泉ホームページ

 
 (左)やっと午前の部の終点、月島もんじゃ振興会協同組合前に到着。
 (右)同じく月島もんじゃ振興会協同組合。(昼食後、再出発の前)
午前の部の終点、月島もんじゃ振興会協同組合前に到着-第369回史跡めぐり(30)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より昼食後、再出発の前に、月島もんじゃ振興会協同組合の前でくつろぐ-第369回史跡めぐり(31)-NPO法人 越谷市郷土研究会 第369回 史跡めぐり「佃島と築地周辺を訪ねる」より

 
 
 午後の模様は、後半に掲載します。
 
  ・江戸情緒の佃島と文明開化の築地を訪ねる-越谷市郷土研究会・第369回史跡めぐりに参加して(2)(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 
--- 関連情報 ---
(1) 越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(1) 2006年10月28日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(2) 越谷史跡めぐり~野島・三野宮~(2) 2006年10月29日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(3) 江戸時代の地名 2006年10月30日 IT屋もりたの今時パソコン日記
(4) 江戸情緒の佃島と文明開化の築地を訪ねる-越谷市郷土研究会・第369回史跡めぐりに参加して(2)  IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年06月12日 21:45 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/514

コメント

コメントしてください




保存しますか?