« パソコン教習中のトラブル、Windows Updateが原因だった | メイン | 幸田真音著「バイアウト」 »

2007年05月13日

Windows Updateの不具合(続編)

 Windows Update(またはMicrosoft Update)の不具合によるトラブルの続編です。
  パソコン教習中のトラブル、Windows Updateが原因だった(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 といっても、新たにトラブルが発生したわけではありません。出張サポート用のノートパソコンのWindows Updateを、今月は未だ行なっていなかったため、実施しているところです。(パソコンの電源を入れ、自動的に更新が開始されるのを待っている状態です。)
 
 確かに非常に遅いです。マウスをクリックしても、ctrl+Alt+DELキーを押しても、まったく反応しません。時刻の表示も変わりません。おまけに自動更新中の表示(タスクバー右下に表示される黄色いアイコン)も、表示されません。パソコンが止まってしまったと思って、電源を切る人がいても不思議ではないですね。
 
 かなりの時間(10分位)経ってから、先ほど押したマウスやキーボードの反応がありました。またタスクバー右下に黄色いアイコンも表示されました。
タスクバーに、Windowsの自動更新中を示すアイコンが表示される

 
 ここで、不慣れな方を想定して、順を追って説明したいと思います。
 
 先ず、タスクバーに表示された黄色いアイコンをクリックします。
黄色いアイコンにマウスを合わせると、「更新の準備が出来ました。・・・」と表示される

 さらに下記の画面で“インストール”ボタンをクリックして、更新を開始します。
「インストール」ボタンをクリックして、更新を開始する

 これは今回のトラブルに限った話ではなく、通常のWindows Updateの時も同じです。黄色いアイコンや“更新の準備ができました。これらの更新をインストールするには、ここをクリックしてください。”と表示された時は、クリックしてインストールを実施してください。

 
 インストール終了後、“再起動”が必要なケースとそうでないケースがあります。“今すぐ再起動”ボタンが表示されている場合は、ボタンをクリックして再起動してください。
「今すぐ再起動」ボタンをクリックして、パソコンを再起動する

 
 ここで(パソコン再起動後)、今回(今月)のWindows Updateは何をもって終了と判断したらよいのだろう、という疑問が湧いてきました。先日すでにWindows Updateを終えたパソコンの更新履歴と比べることにしました。
 そのために、Windows Updateを手動で起動し、下記の画面で“更新履歴の表示”をクリックします。
「更新履歴の表示」をクリックする

 更新履歴に下図の項目があれば、今回(今月)のWindows Updateは終了と考えて良いと思います。(もちろん、各項目の結果が成功であること。)
 なお、更新項目はパソコンにインストールされているソフトの有無によって異なりますので、必ずしも下図の通りではありません。(下図はWord、Excel、PowerPointがインストールされているパソコンの例)
赤丸で囲んだ更新番号が成功していれば、Windows Updateは終了と考えてよい

 
 
--- 関連情報 ---
(1) パソコン教習中のトラブル、Windows Updateが原因だった 2007年05月12日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年05月13日 06:34 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/467

コメント

コメントしてください




保存しますか?