« 2007年5月・6月の展示会・セミナー情報 | メイン | Windows Updateの不具合(続編) »

2007年05月12日

パソコン教習中のトラブル、Windows Updateが原因だった

 パソコンのサポートをやっていらっしゃるpts.さんのブログを読んでいて、ああそうだったのかと合点がいったことがあります。
  高負荷。(pts.さんのブログ“パソコンのサポートやってます。”)
 
 一昨日(5月10日)私どもの教室(IT屋もりた)で教習中にトラブルがありました。Wordのレッスンをしていたのですが、途中でWordのウィンドウが非アクティブになってしまい、文字入力が中断されてしまうのです。初めはお客様(生徒さん)が不用意に何かのキーに触れてしまったのかと思いましたが、繰り返し発生するので、席を移動して他のパソコンを使用していただくことにしました。
 ところが席を移っても、やはり同じ状況になってしまいます。その前日(5月9日)自宅のパソコンは既にWindows Updateされてその状況を見ていましたので、今回(今月)のWindows UpdateにはWordやExcelに関連した項目があったことは知っていました。そのため今回のトラブルも何となくWindows Updateが関係しているという感じがしました。教室内には未だWindows Updateされていないパソコンが残っていましたので、LANケーブルを外し、そのパソコンを使って練習を再開していただきました。

 
 結局、お客様には4回も席を移っていただくことになり、ご迷惑をおかけしてしまいました。たまたまお客様がお1人でしたが、もし他のお客様もいらっしゃったらと考えると、想像するだけで恐ろしくなります。
 問題となったパソコンは、Windows Updateを全部終えると問題なく、元の状態で稼動するようになりました。ちなみに、今回のWindows Updateは、優先度の高い更新プログラムのインストールが終了した後、再び優先度の高い更新プログラムが検出され、都合2回に分けて行なわれました。今日pts.さんの記事を見て、さらにINTERNET Watchの記事、マイクロソフトの技術情報を読んで、まさにこの現象だったのだと納得しました。
 “コンピュータの負荷が高くなり、長時間 Microsoft Update が完了しない。”(Microsoftサポートオンライン 文書番号:937383より引用)
 
 
 なお、pts.さんの記事の元となった記事(INTERNET Watch)と、Microsoftの技術情報は次の通りです。
 
  Windows UpdateでPCが高負荷になる問題、MSが技術情報を公開(INTERNET Watch)
  ・Microsoft Update または Windows Update が終了しない(Microsoftサポートオンライン 文書番号:937383)

投稿者 もりた : 2007年05月12日 01:45 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/466

コメント

pts.です。トラックバックありがとうございました。
セキュリティが高くなるといろいろとよくわからないトラブルが起きますね…。まだまだ時間はかかりそうですが。
今後ともよろしくお願いします。

投稿者 pts. : 2007年05月13日 00:06

 pts.さん、コメントありがとうございます。
 
 大人数で開発した巨大ソフトに、さらに膨大な数のパッチがかかっているわけですから、
通常ではとても手を付けられないのでしょうね。想像もつきません。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿者 もりた : 2007年05月13日 01:50

コメントしてください




保存しますか?