« 幸田真音著「バイアウト」 | メイン | ブログの障害対策 »

2007年05月13日

楽天・青山浩二投手 プロ入り初完封勝利

 プロ野球 パ・リーグ オリックス・バファローズ楽天イーグルスの試合は、7対0で楽天の勝利のようです。楽天は4連勝、プロ2年目の楽天・青山浩二投手は、プロ入り初完封勝利だそうです。
 
 今日はテレビも、インターネットも中継放送が無かったので、楽天イーグルスのテキスト速報(文字のみ)で結果だけ見ました。
 
 それにしてもオリックス・バファローズには、一日も早くインターネット中継を開始して欲しいと思います。もし仮に、インターネット中継をすると、球場に足を運ぶ人が減る、と考えているとしたら、それは逆であると思います。オリックス・ファンの場合、普段球場に行けるのは、関西在住か中国・四国・北陸・名古屋以西の人でしょう。インターネットを使って日常的にファンとコミュニケーションしていれば、ビジターや交流戦などの際、九州や関東・東北・北海道の人も球場に足を運ぶでしょう。
 しかし、それでは相手チームの興行収入に貢献するだけで、ビジター側の営業努力の動機付けにはならないのかもしれません。(自分で書いて自分で否定し、読んでいる方を混乱させてすみません。)現在の入場料収入の分配方法を、インターネット時代に合わせて変えれば良いのにと、素人としては単純に考えます。
 
 プロ野球の話題を書く時は、いつも時代とのギャップ(テレビ、インターネット、趣味嗜好の多様化とファンの分散、地方分散など)に考えが及んで、愚痴ばかり書いてしまいます。プロ野球は、時代の先頭を走っている訳ではなく、やや後方を時代から遅れてついてきている、普通の日本の姿の象徴なのかもしれません。変えていくことは、口で言うほど単純ではないのかもしれません。

 
 話は変わって、北京オリンピック・野球日本代表チーム(星野Japan)の第1次候補選手60名が、先日発表されました。楽天からは、田中将大投手青山浩二投手礒部公一外野手鉄平外野手の4人が選ばれました。鉄平選手にはオリンピック本番にも出場して、昨年のWBSで活躍した千葉ロッテTSUYOSHI(西岡剛)内野手東京ヤクルト青木宣親外野手のように、飛躍して欲しいと願っています。それだけの逸材であると思います。
 
 青山投手のブログに、オリンピック代表について書かれた記事があります。
  ・北京五輪代表1次候補(青山浩二ブログ)
 
 青山投手の他に、ストッパーの福盛和男投手のブログがあります。
  ・今年も4・12に初セーブ(常に強気!福盛和男ブログ)
 自分のことばかりではなく、他の選手やチームのことを思いやる記述が散見され、人柄が伝わって来ます。
 
 楽天イーグルスは、親会社・楽天がインターネット関連企業ということもあって、コーチ・選手の多くがブログを書いています。
  ・楽天イーグルスブログ
 
 
--- 関連情報 ---
(1) -マイペース-青山浩二ブログ - 楽天ブログ(Blog)
(2) 常に強気!福盛和男ブログ - 楽天ブログ(Blog)
(3) 楽天イーグルスブログ
(4) 楽天・今季初勝利、青山浩二投手が勝ち投手 2007年03月25日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年05月13日 18:44 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/469

コメント

コメントしてください




保存しますか?