« ドリームゲートブログ「起業家100人挑戦日記」復活 | メイン | 「ソフトウェア開発環境展」2日目 »

2007年05月18日

NTT東日本 通信障害の原因

 5月15日に発生した「フレッツ」および「ひかり電話」サービスの障害の原因が、NTT東日本から発表されています。
 
  ・NTT東日本、通信障害の原因は大量のルート情報による処理能力オーバー(CNET Japan)
 
 “ルータのハード故障に伴うパッケージ交換工事を実施しており、この際に同社IPネットワーク内に処理能力を超えるルート情報が発生したことが原因だという。この結果、多くのルータが連鎖的に処理能力オーバーとなり、処理を停止した。”(上記のCNET Japan記事より引用)
 
 障害の直接のきっかけは、パッケージ交換工事のようです。原因、復旧、当面の措置、今後の対策について、上記の記事に詳しく書かれています。
 
 
 なお、「フレッツ」および「ひかり電話」のユーザーは、上記のCNET Japan記事の最後の文章に注意を払っていただきたいと思います。
 
 “なお、今回の通信障害の間に、ひかり電話対応機器の電源を操作したユーザーは、サービス回復後に再度電源の切/入操作を行うよう呼びかけている。”(上記のCNET Japan記事より引用)

投稿者 もりた : 2007年05月18日 09:43 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/474

コメント

コメントしてください




保存しますか?