« 楽天・岩隈 今シーズン初勝利 | メイン | 「キンサン」ホームページ開設 »

2007年05月05日

IE7自動配布に向けてWeb担当者は事前準備を

 マイクロソフト社のインターネット・エクスプローラのバージョン7IE7Internet Explorer Version 7.0)へのアップグレードがまもなく始まります。既にIE7をダウンロードして使用(手動更新)している方もいらっしゃるかもしれませんが、大多数の方はまだIE6を使用しているものと思われます。
 
 このブログ(IT屋もりたの今時パソコン日記)のアクセス記録を見ても、IE使用者の約4分の3(75%)はIE6を使用しており、IE7ユーザーは約25%に止まっています。(2007年5月3日現在。下記グラフを参照ください。)
 
     ブラウザ別リクエスト件数(IT屋もりたの今時パソコン日記)
ブラウザ別リクエスト件数(IT屋もりたの今時パソコン日記)

 (参考) OS別のアクセス状況については、下記資料を参照ください。
  ・OS別リクエスト件数(2007年5月3日現在 IT屋もりたの今時パソコン日記)

 
 
 ところが5月、遅くとも6月にはIE6からIE7へのバージョンアップが、Windows Updateの自動更新の対象になり、IEユーザーのほとんどのパソコンがIE7に置き換わると予想されます。Windows Updateを意識していないユーザであればあるほど、自動更新によりある日を境にしてブラウザがIE7に変わるということになります。この辺の事情については、@ITの記事が参考になります。
 IE 7自動配布の基礎知識(@IT)
 
 
 この事態に対して、Webサイトを参照・閲覧する側への啓蒙も必要ですが、Webを使って情報やサービスを提供している側への注意喚起がより重要であると考えています。企業や国をはじめ地方政府機関のWeb担当者、Web制作業者、ECサイト運営会社、ネットショップのオーナーなど、広い範囲に影響がおよぶものと思います。

 IE6からIE7へのバージョンアップによって、何が変わり、情報やサービス提供側は何に注意を払うべきかについては、下記の記事を参照ください。
 the Microsoft Conference 2006 1日目(3) ~ IE7導入に伴う業務への悪影響 ~(IT屋もりたの今時パソコン日記)
 
 ここにあらためて列挙すると、
  ・Web標準化への対応 ・・・ IE6ではHTML4.0まで、IE7でHTML4.01に準拠。
  ・CSSの改良 ・・・ IE6はCSSレベル1まで、IE7でCSS2.1に対応。
  ・タブ・ブラウジング対応 ・・・ 別ページへの遷移に関して、別ウィンドウを開くことを前提にページデザインしている場合は注意が必要。IE7がタブ・ブラウジングに対応したことに伴い、閲覧者が自由にタブを開くことも想定される。Webページ制作者の意図と異なる操作が行なわれた場合の振る舞いを検証する必要がある。
  ・フィッシング詐欺検出機能 ・・・ IE7において自動フィッシング詐欺検出機能が装備された。自社(自店)のサイトが誤って詐欺サイトと認識された場合、一時的にユーザへの信用の失墜や売上減少という事態になりかねない。

 
ということになります。
 
 
 以上、Webを通じて情報を発信する側が注意すべき点を列挙しましたが、必要以上に神経質になることはありません。私ども自身のWebサイトやブログ、私どもが制作をお手伝いさせて頂いたWebサイト、その他いくつかのサイトで、ページの閲覧、問合せフォームの表示、物品の購入を試してみました。作法をきちんと踏まえて制作されたページであれば、特に例外的な書き方をしていない限り、今までと同じ動きをするように思われます。
 それよりも、実際に自社のWebサイトをIE7で表示し検証(ページの表示や、フォーム、動的ページの動き等)を早めに行なっておくことが、肝心ではないかと思います。具体的には次のように対処するのがよいと思います。
 
 1. Windows Updateの自動更新によるIE7へのバージョンアップを待たずに、手動でIE7をダウンロード・インストールする。
   ・IE7ダウンロードサイト
 2. 自社のWebサイトをIE7で閲覧し、上記に列挙したような問題が発生していないか確認する。
 3. 2.と同じことであるが、単にページの表示を確認するだけでなく、別ウィンドウのオープン、フォームのボタン(送信、購入など)押下による動的なふるまい等について、従来通りの操作が可能か、また機能の確認として、実際に問合せや買い物が可能であることを確認する。

 
 特にネットショップ、ECサイト運営者の方は、買い物かご、購入・決済等の機能不全は、致命傷になりかねません。今からでも充分間に合いますので、購入者の立場になって事前にテストを済ませておくことを、強くお勧めします。
 
 
--- 関連情報 ---
(1) the Microsoft Conference 2006 1日目(3) ~ IE7導入に伴う業務への悪影響 ~ 2006年11月16日 IT屋もりたの今時パソコン日記

投稿者 もりた : 2007年05月05日 01:28 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.imadokipc.com/mt/mt-tb.cgi/456

コメント

コメントしてください




保存しますか?